UMIN-CTR 臨床試験登録情報の閲覧

BACK TOP
UMIN-CTR ホーム 用語の説明(簡易版) 用語の説明(詳細版)--準備中 FAQ

試験進捗状況 試験終了/Completed
UMIN試験ID UMIN000025367
受付番号 R000029146
科学的試験名 進行再発胃癌二次化学療法biweekly irinotecan plus cisplatinと irinotecan alone療法のランダム化比較試験IPDメタ解析 : GI-0801BIRIP とECRIN TRICS RCTs
一般公開日(本登録希望日) 2017/01/05
最終更新日 2018/12/26

※ 本ページ収載の情報は、臨床試験に関する情報公開を目的として、UMINが開設しているUMIN臨床試験登録システムに提供された臨床試験情報です。
※ 特定の医薬品や治療法等については、医療関係者や一般の方に向けて広告することは目的としていません。


基本情報/Basic information
一般向け試験名/Public title 進行再発胃癌二次化学療法biweekly irinotecan plus cisplatinと irinotecan alone療法のランダム化比較試験IPDメタ解析 : GI-0801BIRIP とECRIN TRICS RCTs IPD meta-analysis of biweekly irinotecan plus cisplatin and irinotecan alone as second-line treatment for advanced gastric cancer: TCOG GI-0801BIRIP and ECRIN TRICS RCTs
一般向け試験名略称/Acronym 胃癌二次化学療法TCOG GI-0801BIRIP とECRIN TRICS RCTsメタ解析 Meta-analysis of TCOG GI-0801BIRIP and ECRIN TRICS RCTs as second-line treatment for advanced gastric cancer
科学的試験名/Scientific Title 進行再発胃癌二次化学療法biweekly irinotecan plus cisplatinと irinotecan alone療法のランダム化比較試験IPDメタ解析 : GI-0801BIRIP とECRIN TRICS RCTs IPD meta-analysis of biweekly irinotecan plus cisplatin and irinotecan alone as second-line treatment for advanced gastric cancer: TCOG GI-0801BIRIP and ECRIN TRICS RCTs
科学的試験名略称/Scientific Title:Acronym 胃癌二次化学療法TCOG GI-0801BIRIP とECRIN TRICS RCTsメタ解析 Meta-analysis of TCOG GI-0801BIRIP and ECRIN TRICS RCTs as second-line treatment for advanced gastric cancer
試験実施地域/Region
日本/Japan

対象疾患/Condition
対象疾患名/Condition 進行再発胃癌 Advanced gastric cancer
疾患区分1/Classification by specialty
消化器内科学(消化管)/Gastroenterology 血液・腫瘍内科学/Hematology and clinical oncology
消化器外科(消化管)/Gastrointestinal surgery
疾患区分2/Classification by malignancy 悪性腫瘍/Malignancy
ゲノム情報の取扱い/Genomic information いいえ/NO

目的/Objectives
目的1/Narrative objectives1 進行再発胃癌でS-1ベース治療に抵抗となった症例において、二次化学療法としてのbiweekly irinotecan plus cisplatin療法とirinotecan alone療法を比較する.
1.Biweekly irinotecan plus cisplatin療法はirinotecan alone療法との治療効果の比較
2.各治療の効果が期待できるサブグループを探索する:前治療におけるプラチナ製剤の治療歴の有無により治療効果に違いがあるか、病理組織型により治療効果に違いがあるか等     
3.補助化学療法中あるいは完了後6か月以内の再発例と一次化学療法増悪例とは、いずれも同様の治療効果が得られるか。
The purpose of the study is to evaluate the efficacy and safety of biweekly CPT-11 plus CDDP comparing to CPT-11 monotherapy in patients with advanced gastric cancer who had received S-1 based first line chemotherapy.
1. Comparison of effectiveness between biweekly irinotecan plus cisplatin vs. irinotecan alone
2. To identify subgroups, biomarkers, most likely benefit from each treatment: previous treatment with cisplatin, histological cancer types etc.
3. Comparison of effectiveness between patients who relapsed during or within 6 months after adjuvant chemotherapy and patients after first line chemotherapy.
目的2/Basic objectives2 安全性・有効性/Safety,Efficacy
目的2 -その他詳細/Basic objectives -Others

試験の性質1/Trial characteristics_1 探索的/Exploratory
試験の性質2/Trial characteristics_2 説明的/Explanatory
試験のフェーズ/Developmental phase 該当せず/Not applicable

評価/Assessment
主要アウトカム評価項目/Primary outcomes 全生存期間(OS:Overall survival) Overall survival: OS
副次アウトカム評価項目/Key secondary outcomes 無増悪生存期間(PFS:Progression-free survival)
治療成功期間(TTF:time to treatment failure)
奏効率(RR:Response rate)
病勢コントロール率(DCR:Disease control rate)
有害事象(Adverse event)
PFS: Progression-free survival
TTF: time to treatment failure
RR: Response rate
DCR: Disease control rate
Adverse events

アウトカム評価項目には、可能な限り評価の時期の情報(例:投与開始から12週後など)も含めてください。また、評価項目としては、単に「安全性」「有効性」などとするのではなく、実際に測定する検査項目の名称を具体的にご記入ください。また、主要アウトカム評価項目は最も主要な1項目のみとし、2項目以降は副次アウトカム評価項目としてください。

基本事項/Base
試験の種類/Study type その他・メタアナリシス等/Others,meta-analysis etc

試験デザイン/Study design
基本デザイン/Basic design
ランダム化/Randomization
ランダム化の単位/Randomization unit
ブラインド化/Blinding
コントロール/Control
層別化/Stratification
動的割付/Dynamic allocation
試験実施施設の考慮/Institution consideration
ブロック化/Blocking
割付コードを知る方法/Concealment

介入/Intervention
群数/No. of arms
介入の目的/Purpose of intervention
介入の種類/Type of intervention
介入1/Interventions/Control_1

介入2/Interventions/Control_2

介入3/Interventions/Control_3

介入4/Interventions/Control_4

介入5/Interventions/Control_5

介入6/Interventions/Control_6

介入7/Interventions/Control_7

介入8/Interventions/Control_8

介入9/Interventions/Control_9

介入10/Interventions/Control_10


介入1~10には、介入の期間(何日間投与、介入するか)、介入の量(投与量や線量など)、介入の回数、頻度など、内容を可能な限り詳しく記載してください。とくに、投薬や機器使用の介入の場合、期間は必ず含めてください。

適格性/Eligibility
年齢(下限)/Age-lower limit
20 歳/years-old 以上/<=
年齢(上限)/Age-upper limit

適用なし/Not applicable
性別/Gender 男女両方/Male and Female
選択基準/Key inclusion criteria 1) 病理組織学的に胃腺癌が確認
2) 初回化学療法としてS-1単剤またはS-1を含む併用療法(S-1+CPT-11併用療法既治療例は除く)に治療抵抗性を示した根治切除不能な進行胃癌または再発胃癌。なお、S-1単剤の術後補助化学療法施行中または終了後6ヶ月以内の再発症例は本基準を満たす
3) Performance status(ECOG分類): 0-2
4) 登録時の満年齢が20歳以上の症例
5) 投与開始日より12週以上の生存が期待される
6) 重度の臓器不全がない
1.With pathologically proven gastric cancer
2. S-1 failure for Patients with Advanced and Recurrent Gastric Cancer
3. ECOG performance status<=2
4. Age 20 years old or more
5. Life expectancy estimated>=12 weeks
6. Sufficient organ functions
除外基準/Key exclusion criteria 1)本試験の登録前14日以内に、輸血、血液製剤およびG-CSF等の造血因子製剤の投与を受けている症例
2)重篤な薬物過敏症、あるいは重篤な薬物アレルギーの既往を有する症例
3)活動性の重複癌を有する症例
4)コントロール不能な胸水あるい腹水を有する症例
5)心膜水を有する症例
6)臨床上問題となる感染症を有する症例あるいは発熱により感染を疑われる症例
7)症状を有する脳転移を有する症例
8)著しい心電図異常が認められる症例
9)臨床上問題となる心疾患(うっ血性心不全、症候性冠動脈疾患、コントロール不良な不整脈、過去12ヶ月以内に発症した心筋梗塞の既往等)を合併する症例を有する症例
10)重度の肺疾患(間質性肺炎、肺線維症、高度の肺気腫等)を有する症例
11)消化管の新鮮出血を有する症例
12)下痢を有する症例
13)腸管麻痺、腸閉塞を有する症例
14)中枢神経障害の既往のある症例
15)老人性痴呆症を有する症例
16)臨床上問題となる精神・神経疾患等により、本試験の登録が困難と判断された症例
17)コントロール困難な糖尿病を有する症例
18)硫酸アタザナビルの投与を受けている症例
19)妊婦、授乳婦及び妊娠の可能性(意思)のある症例
20)その他、試験責任(担当)医師などが本試験を安全に実施するのに不適当と判断した症例
(1) Blood transfusion, blood products, or hematopoietic factor products, such as G-CSF, within 14 days before enrollment of this study.
(2) Present and/or drug hypersensitivity or severe drug allergy.
(3) Active double cancer.
(4) With uncontrolled pleural effusion or ascites.
(5) With pericardial effusion.
(6) With infectious disease which needs treatment.
(7) With symptomatic brain metastasis.
(8) With marked ECG abnormalities.
(9) With serve heart diseases, such as congestive heart failure, symptomatic coronary artery disease, inadequately controlled arrhythmia, myocardial infarction during the previous 12 months, etc.
(10) With severe pulmonary disease (interstitial pneumonia, pulmonary fibrosis, severe pulmonary emphysema, etc.).
(11) With fresh gastrointestinal hemorrhage.
(12) Watery stool (diarrhea).
(13) Intestinal paralysis or ileus.
(14) With a history of central nervous system disorder.
(15) With senile dementia.
(16) With psycologic disorder which disturbs recruiting to the study
(17)Uncontrolled diabetes mellitus.
(18) Receiving atazanavir sulfate.
(19) Pregnant and/or nursing women.
(20) Inappropriate recruit to the study judged by an investigator in charge.
目標参加者数/Target sample size 298

責任研究者/Research contact person
責任研究者/Name of lead principal investigator

ミドルネーム
小泉和三郎

ミドルネーム
Wasaburo Koizum
所属組織/Organization 北里大学医学部 Kitasato University
所属部署/Division name 消化器内科 Department of Gastroenterology
郵便番号/Zip code
住所/Address 252-0374 神奈川県相模原市南区北里1-15-1 1-15-1 Kitasato, Minami, Sagamihara, Kanagawa, 252-0374, Japan
電話/TEL 042-778-8111
Email/Email koizumi@med.kitasato-u.ac.jp

試験問い合わせ窓口/Public contact
試験問い合わせ窓口担当者/Name of contact person

ミドルネーム
西川和宏

ミドルネーム
Kazuhiro Nishikawa
組織名/Organization 国立病院機構大阪医療センター  Osaka National Hospital
部署名/Division name 外科 Department of Surgery
郵便番号/Zip code
住所/Address 540-0006 大阪府大阪市中央区法円坂2-1-14 2-1-14, Houenzaka, Chuo-ku, Osaka, 540-0006
電話/TEL 06-6942-1331
試験のホームページURL/Homepage URL
Email/Email kazuno13@hotmail.co.jp

実施責任組織/Sponsor
機関名/Institute その他 Epidemiological and Clinical research Information Network (ECRIN)
機関名/Institute
(機関選択不可の場合)
特定非営利活動法人 疫学臨床試験研究支援機構(ECRIN)
部署名/Department

実施責任組織に設定する適切な機関が存在しない場合は、「その他」を選択し、「機関名(機関選択不可の場合)」に実施責任組織の機関名、及び組織名を直接入力して下さい。

研究費提供組織/Funding Source
機関名/Organization 無し None
機関名/Organization
(機関選択不可の場合)
特定非営利活動法人 疫学臨床試験研究支援機構(ECRIN)
組織名/Division
組織の区分/Category of Funding Organization 財団/Non profit foundation
研究費拠出国/Nationality of Funding Organization


研究費提供組織に設定する適切な機関が存在しない場合は、「その他」を選択し、「機関名(機関選択不可の場合)」に研究費提供組織の機関名、及び組織名を直接入力して下さい。

その他の関連組織/Other related organizations
共同実施組織/Co-sponsor

その他の研究費提供組織/Name of secondary funder(s)


IRB等連絡先(公開)/IRB Contact (For public release)
組織名/Organization

住所/Address

電話/Tel
Email/Email

他機関から発行された試験ID/Secondary IDs
他機関から発行された試験ID/Secondary IDs いいえ/NO
試験ID1/Study ID_1
ID発行機関1/Org. issuing International ID_1

試験ID2/Study ID_2
ID発行機関2/Org. issuing International ID_2

治験届/IND to MHLW

試験実施施設/Institutions
試験実施施設名称/Institutions

その他の管理情報/Other administrative information
一般公開日(本登録希望日)/Date of disclosure of the study information
2017 01 05

関連情報/Related information
プロトコル掲載URL/URL releasing protocol
試験結果の公開状況/Publication of results 最終結果が公表されている/Published

結果/Result
結果掲載URL/URL related to results and publications
組み入れ参加者数/Number of participants that the trial has enrolled
主な結果/Results
進行再発胃癌二次化学療法症例を対象としたbiweekly irinotecan plus cisplatin療法 (BIRIP)とirinotecan alone療法 (CPT-11) のランダム化比較試験のメタ解析を行った。総症例は290例であった。OSは 12.3月 (BIRIP)と11.3月 (CPT-11)で差を認めなかった (HR 0.87; P = 0.272)。一方PFSは 4.3月 (BIRIP)と3.3月 (CPT-11)とBIRIPで有意に長かった(HR 0.77, P = 0.035)。奏効率は 20.5%(BIRIP)と 16.0% (CPT-11)で差を認めなかった(P = 0.361)。病勢制御割合は72.1% (BIRIP) と59.2%(CPT-11) とBIRIPで有意に良好であった (P = 0.032)。グレード3以上の有害事象に差は認めなかった。
Cumulative data from eligible 290 patients from these two trials were evaluated. OS were 12.3 in BIRIP group and 11.3 months in CPT-11 group (HR 0.87; P = 0.272). PFS was significantly longer in BIRIP group (4.3months) than in CPT-11 group (3.3months; HR 0.77, P = 0.035). The response rate was 20.5% in BIRIP group and 16.0% in CPT-11 group (P = 0.361). However, the disease control rate was significantly better in BIRIP group (72.1%) than in CPT-11 group (59.2%) (P = 0.032). The incidences of grade 3 or worse adverse events did not differ between the two groups.
主な結果入力日/Results date posted
結果掲載遅延/Results Delayed
結果遅延理由/Results Delay Reason

最初の試験結果の出版日/Date of the first journal publication of results
参加者背景/Baseline Characteristics

参加者の流れ/Participant flow

有害事象/Adverse events

評価項目/Outcome measures

個別症例データ共有計画/Plan to share IPD

個別症例データ共有計画の詳細/IPD sharing Plan description


試験進捗状況/Progress
試験進捗状況/Recruitment status 試験終了/Completed
プロトコル確定日/Date of protocol fixation
2016 12 22
倫理委員会による承認日/Date of IRB
登録・組入れ開始(予定)日/Anticipated trial start date
2017 01 10
フォロー終了(予定)日/Last follow-up date
入力終了(予定)日/Date of closure to data entry
データ固定(予定)日/Date trial data considered complete
解析終了(予定)日/Date analysis concluded
2018 02 17

その他/Other
その他関連情報/Other related information 二次化学療法の治療レジメンとしては、
biweekly irinotecan plus cisplatin療法とirinotecan alone療法との比較試験であるTCOG GI-0801BIRIP trialとECRIN TRICS trialとが行われ近年報告されている。両試験とも有意差は示せなかったが、ECRIN TRICS trialでは、想定したOSの見込みよりも両治療法とも良好な結果であったために検出率の低い試験となっていた。両試験の統合解析では約300症例での検討となり、biweekly irinotecan plus cisplatin療法とirinotecan alone療法の比較において検出力が増すことが想定、irinotecan plus cisplatin療法の有用性が証明される可能性があることがあげられる。また、各治療の効果が期待できるサブグループが明らかにできる可能性があると考えられる。
Two randomized trials of biweekly CPT-11 plus CDDP versus CPT-11 alone in second line, TCOG GI-0801BIRIP trial and ECRIN TRICS trial were done without overall survival benefit; although there were trends for better survival for CPT-11 plus CDDP.
Based on these findings, we conducted meta-analysis to compare the efficacy and safety of biweekly CPT-11 plus CDDP and CPT-11 monotherapy in 300 patients who enrolled these two recent randomized trials. Also we identify subgroups who would benefit from each treatment.

管理情報/Management information
登録日時/Registered date
2016 12 22
最終更新日/Last modified on
2018 12 26


閲覧ページへのリンク/Link to view the page
URL(日本語) https://upload.umin.ac.jp/cgi-open-bin/ctr/ctr_view.cgi?recptno=R000029146
URL(英語) https://upload.umin.ac.jp/cgi-open-bin/ctr_e/ctr_view.cgi?recptno=R000029146


UMIN臨床試験登録システムのご使用に関するお問い合わせは、こちらのお問い合わせフォーム からお願いいたします。それ以外のお問い合わせは、 こちら よりお願い致します。