UMIN-CTR 臨床試験登録情報の閲覧

BACK TOP
UMIN-CTR ホーム 用語の説明(簡易版) 用語の説明(詳細版)--準備中 FAQ

試験進捗状況 試験終了/Completed
UMIN試験ID UMIN000018383
受付番号 R000021216
科学的試験名 Trastuzumab治療歴のあるHER2陽性の進行・再発乳癌患者を対象としたTrastuzumab emtansine (T-DM1)とS-1又はCapecitabineの併用療法の第Ib相臨床試験
一般公開日(本登録希望日) 2015/07/23
最終更新日 2018/01/23

※ 本ページ収載の情報は、臨床試験に関する情報公開を目的として、UMINが開設しているUMIN臨床試験登録システムに提供された臨床試験情報です。
※ 特定の医薬品や治療法等については、医療関係者や一般の方に向けて広告することは目的としていません。


基本情報/Basic information
一般向け試験名/Public title Trastuzumab治療歴のあるHER2陽性の進行・再発乳癌患者を対象としたTrastuzumab emtansine (T-DM1)とS-1又はCapecitabineの併用療法の第Ib相臨床試験 A Phase Ib study of Trastuzumab emtansine plus S-1 or Capecitabine in patients with previously trastuzumab treated metastatic breast cancer
一般向け試験名略称/Acronym Trastuzumab治療歴のあるHER2陽性の進行・再発乳癌患者を対象としたT-DM1とS-1又はCapecitabineの併用療法の第Ib相臨床試験(MARIA15-01) A Phase Ib study of Trastuzumab emtansine plus S-1 or Capecitabine in patients with previously trastuzumab treated metastatic breast cancer(MARIA15-01)
科学的試験名/Scientific Title Trastuzumab治療歴のあるHER2陽性の進行・再発乳癌患者を対象としたTrastuzumab emtansine (T-DM1)とS-1又はCapecitabineの併用療法の第Ib相臨床試験 A Phase Ib study of Trastuzumab emtansine plus S-1 or Capecitabine in patients with previously trastuzumab treated metastatic breast cancer
科学的試験名略称/Scientific Title:Acronym Trastuzumab治療歴のあるHER2陽性の進行・再発乳癌患者を対象としたT-DM1とS-1又はCapecitabineの併用療法の第Ib相臨床試験(MARIA15-01) A Phase Ib study of Trastuzumab emtansine plus S-1 or Capecitabine in patients with previously trastuzumab treated metastatic breast cancer(MARIA15-01)
試験実施地域/Region
日本/Japan

対象疾患/Condition
対象疾患名/Condition Trastuzumabの治療歴を有する、HER2陽性の進行・再発乳癌 Patients with HER2-positive metastatic breast cancer that has progressed on trastuzumab
疾患区分1/Classification by specialty
乳腺外科学/Breast surgery
疾患区分2/Classification by malignancy 悪性腫瘍/Malignancy
ゲノム情報の取扱い/Genomic information いいえ/NO

目的/Objectives
目的1/Narrative objectives1 Trastuzumab治療歴のあるHER2陽性の進行・再発乳癌患者を対象として、Trastuzumab emtanisine(T-DM1)とS-1又はCapecitabineの併用療法の忍容性と安全性を評価し、S-1又はCapecitabineの最大耐用量を評価する To evaluate tolerability and safety of trastuzumab emtansine plus S-1 or Capecitabine in patients with previously trastuzumab treated metastatic breast cancer
目的2/Basic objectives2 安全性・有効性/Safety,Efficacy
目的2 -その他詳細/Basic objectives -Others

試験の性質1/Trial characteristics_1
試験の性質2/Trial characteristics_2
試験のフェーズ/Developmental phase 第Ⅰ相/Phase I

評価/Assessment
主要アウトカム評価項目/Primary outcomes 各投与レベルでのDLT発現割合(1サイクル時点) Proportion of dose limiting toxicity in each dose level at completion of first cycle
副次アウトカム評価項目/Key secondary outcomes 有害事象発現割合
奏効割合
Incidence of adverse events
Response rate (RR)

アウトカム評価項目には、可能な限り評価の時期の情報(例:投与開始から12週後など)も含めてください。また、評価項目としては、単に「安全性」「有効性」などとするのではなく、実際に測定する検査項目の名称を具体的にご記入ください。また、主要アウトカム評価項目は最も主要な1項目のみとし、2項目以降は副次アウトカム評価項目としてください。

基本事項/Base
試験の種類/Study type 介入/Interventional

試験デザイン/Study design
基本デザイン/Basic design 単群/Single arm
ランダム化/Randomization 非ランダム化/Non-randomized
ランダム化の単位/Randomization unit
ブラインド化/Blinding オープン/Open -no one is blinded
コントロール/Control 無対照/Uncontrolled
層別化/Stratification
動的割付/Dynamic allocation
試験実施施設の考慮/Institution consideration
ブロック化/Blocking
割付コードを知る方法/Concealment

介入/Intervention
群数/No. of arms 1
介入の目的/Purpose of intervention 治療・ケア/Treatment
介入の種類/Type of intervention
医薬品/Medicine
介入1/Interventions/Control_1 [コホートA]
T-DM1:Day1に点滴静脈投与
S-1:Day1夕からDay15朝まで1日2回連日経口投与,その後Day21まで休薬
Cohort AにおけるS-1の開始用量レベルは以下の通りとし,開始用量はレベル0から開始する
・レベル0
T-DM1:3.6 mg/kg
S-1:65 mg/m2/day
・レベル1
T-DM1:3.6 mg/kg
S-1:80 mg/m2/day
[コホートB]
T-DM1:Day1に点滴静脈投与
Capecitabine:Day1夕からDay15朝まで1日2回連日経口投与,その後Day21まで休薬
Cohort BにおけるCapecitabineの開始用量レベルは以下の通りとし,開始用量はレベル0から開始する
・レベル0
T-DM1:3.6 mg/kg
Capecitabine:1300 mg/m2/day
・レベル1
T-DM1:3.6 mg/kg
Capesitabine:1400 mg/m2/day

Cohort A
T-DM1:day1(d.i.v)
S-1:day1-day15(p.o.)
Administrated every 3weeks
Starting dose is level 0
Level 0
T-DM1:3.6mg/kg
S-1:65mg/m2/day
Level 1
T-DM1:3.6mg/kg
S-1:80mg/m2/day

CohortB
T-DM1:day1(d.i.v)
Capesitabine:day1-day15(p.o.)
Administrated every 3weeks
Starting dose is level 0
Level 0
T-DM1:3.6mg/kg
Capesitabine:1300mg/m2/day
Level 1
T-DM1:3.6mg/kg
Capesitabine:1400mg/m2/day
介入2/Interventions/Control_2

介入3/Interventions/Control_3

介入4/Interventions/Control_4

介入5/Interventions/Control_5

介入6/Interventions/Control_6

介入7/Interventions/Control_7

介入8/Interventions/Control_8

介入9/Interventions/Control_9

介入10/Interventions/Control_10


介入1~10には、介入の期間(何日間投与、介入するか)、介入の量(投与量や線量など)、介入の回数、頻度など、内容を可能な限り詳しく記載してください。とくに、投薬や機器使用の介入の場合、期間は必ず含めてください。

適格性/Eligibility
年齢(下限)/Age-lower limit
20 歳/years-old 以上/<=
年齢(上限)/Age-upper limit

適用なし/Not applicable
性別/Gender 女/Female
選択基準/Key inclusion criteria 1)組織学的あるいは細胞学的に乳癌であることが確認されている。
2) 手術不能,再発,もしくは転移性病変を有する乳癌である。
3) 同意日の年齢が20歳以上である。
4) ECOG Performance status(PS)が0-2である。
5) RECIST ガイドラインver 1.1基準に基づく,測定可能病変の有無は問わないを1つ以上有する。
6) 原発巣又は転移・再発病変の乳癌組織において,HER2強陽性(IHC法3+,又はIHC法2+かつFISH法陽性)が確認されている。
7) Trastuzumabを含む全身化学療法(術前後補助療法を含む)の治療歴がある患者(投与歴とは1回以上の投与とする,T-DM1単剤の治療歴があっても適格とする)
8) 登録前14日以内の最新の検査値が,以下のすべてを満たす。(登録日の14日前の同じ曜日の検査は許容する。
① 好中球数≧1.500/mm3
② ヘモグロビン≧8.0g/dL
③ 血小板数≧10×104 /mm3
④ 総ビリルビン≦1.5mg/dL(体質性を除く)
⑤ AST(GOT)≦100 IU/L(肝転移がある場合には:≦150IU/L)
⑥ ALT(GPT)≦100 IU/L(肝転移がある場合には:150 IU/L)
⑦血清アルブミン≧2.5g/dL
⑧血清クレアチニン≦1.5mg/dL
⑨クレアチニンクリアランス ≧50mL/分 (24時間蓄尿による実測値またはCockcroft-Gaultの計算式による)
9) 登録前14日以内に輸血を行っていない。(登録日の2週間前の同じ曜日の輸血は不適格とする)
10) 妊娠の可能性がある女性(登録前1年以内に月経があった女性)は,登録前14日以内に実施した妊娠検査の結果が陰性である。
11) 前治療としての化学療法,放射線療法もしくは外科的手術に伴う有害事象がCTCAE v4.0 でGrade 1以下に回復している。ただし,Grade2以上でも症状が安定した有害事象,脱毛,末梢性感覚ニューロパチー,皮膚色素過剰,味覚異常は除く。
12) 経口投与が可能である。
13) 研究参加について患者本人から文書で同意が得られている。
1. Histopathologically proven diagnosis of breast cancer.
2. Unresectable or metastatic breast cancer
3. Age at consent is >= 20
4. ECOG PS 0-2
5. One or more measurable lesion
6. HER2 positive tumor, defined as either IHC3+ alone or IHC 2+ in combination with FISH+.
7. Patients who received at least single administration of trastuzumab for neo-adjuvant, adjuvant or chemotherapy for metastatic breast cancer (History of administration of T-DM1 is also eligible).
8. Vital organ functions (listed below) are preserved within 14 days prior to entry.
Neu. >= 1,500/cubicmillimeter
Hb. >= 9.0 g/dL
Plt. >= 100,000/cubicmillimeter
T-bil. <= 1.5 mg/dL
AST(GOT) <= 100 IU/L (<= 150 IU/L in case of liver metastasis)
ALT(GPT) <= 100 IU/L (<= 150 IU/L in case of liver metastasis)
Serum albumin >=2.5g/dL
Serum creatinine <=1.5mg/dL
Creatinine clearance >=50mL/minutes
9. Patients who is not received RBC transfusion before 14 days prior to entry
10. Women of childbearing potential (underwent menstruation within 1 year prior entry) should take a pregnancy test and give proof negative 14 days prior entry.
11. Residual <= Grade 1 per CTCAE v4.0 toxicity resulting previous therapy (e.g. chemotherapy, radiation, surgery). Alopecia, peripheral neuropathy, skin hyperpigmentation, dysgeusia is permitted.
12. Ability of oral administration.
13. Signed informed consent document
除外基準/Key exclusion criteria 1.登録時点で,14日以内に乳癌に対する化学療法(Trastuzumab,T-DM1を含む),ホルモン療法,放射線療法,免疫療法又は生物学的療法を受けている。(登録日14日の同じ曜日の投与は適格とする。)2. 登録時点で,28日以内に侵襲的な外科的処置を受けている。3.NYHA分類クラスII~IV,又はCTCAE v4.0に規定されたGrade 3以上に該当する心機能障害を有している。
4.登録前6ヵ月以内に不安定狭心症,うっ血性心不全,心筋梗塞,又は薬物療法を要する心室性不整脈と診断されている。
5. 登録時にコントロール不良の高血圧症(降圧剤使用下で収縮期150 mmHg以下及び拡張期100 mmHg以下にコントロールができない)を有している。
6.心エコーの測定で左室駆出率(LVEF)50%未満
7.過去の累積ドキソルビシン用量が500 mg/m2相当を超える又は他のアントラサイクリン系薬剤で同等の累積投与量を超えている。8.TrastuzumabまたはT-DM1に対するGrade3以上のInfusion related reactionの既往歴を有している。9.TrastuzumabまたはT-DM1の副作用により,TrastuzumabまたはT-DM1の投与中止に至っている。10.前治療でS-1又はCapecitabineを使用している場合に,その忍容性が認められなかったと判断されている。
11.Trastuzumab,試験薬の成分又は添加物(コハク酸ナトリウム,ショ糖,ポリソルベート20等)に対し過敏症の既往歴を有する。
12.フルシトシン,フェニトイン,ワルファリンカリウムの継続使用が必要。
13.臨床症状を有する,または定期的な投薬が必要な脳転移を有する。
14.Grade 2以上の末梢神経障害を有する。
15.フルオロピリミジン系薬剤に対し重篤な過敏症を有する(ジヒドロピリミジン・デヒドロゲナーゼ[DPD]欠損であるか否かは問わない),もしくはDPD欠損症であることが認められている。
16.活動性のウイルス性肝炎を有する。
17.予後に影響すると判断される活動性の重複癌を有する。18.先天性出血素因や凝固系異常を有する。19.活動性の全身性感染症を有する,又は明らかなHIVの感染を有する。20.妊婦(妊娠の可能性も含む),授乳婦または,同意日から試験薬最終投与後7か月後まで有効な避妊法を使用する意思のない生殖能を有する。有効な避妊法とはバリアー避妊法*または子宮内避妊具を指す。経口避妊薬,注射,ホルモン避妊薬での避妊法は試験薬との薬物相互作用により不可。21.研究代表医師,研究責任(分担)医師が本研究の対象として不適当と判断。
1. Prior treatment with chemotherapy (including trastuzumab, T-DM1), hormone therapy, immune therapy or biologics with in 14 days prior to entry.
2. Invasive surgery within 28 days prior to enrollment.
3. Documented history of congestive heart failure of any New York Herat Association (NYHA) class II-IV, or >= grade 3 heart failure per CTCAE v4.0
4. Diagnosis as angina pectoris requiring treatment within 6 months prior entry.
5. Uncontrollable hypertension (not controlled by medication systolic blood pressure <150 mmHg and diastolic blood pressure <100 mmHg)
6. Baseline LVEF <50%
7. History of exposure to cumulative doses of anthracyclines (e.g. Doxorubicin>500mg/m2, Epirubicin>720 mg/m2).
8. History of >=Grade3 infusion reaction caused by Trastuzmab or T-DM1.
9. History of discontinue trastuzumab or T-DM1 reason for adverse event.
10. Not tolerable to S-1 or Capecitabine in prior therapy
11. History of intolerance to Trastuzumab added substance (e.g. sodium succinate, sucrose, polusorbate).
12. Patients who needs continuous administration of flucytosine, phenytoin, or warfarin potassium.

13. Patients have symptomatic or periodical medication for brain metastasis
14. >=grade 2 peripheral neuropathy.
15. Hyper sensitivity to fuluoropyrimidine or known dihydropyrimidine dehydrogenase (DPD) deficiency.
16. Current known viral hepatitis.
17. Active carcinoma affect to prognosis.
18. Congenial hemorrhage or clotting abnormality
19. Current serious, uncontrolled infection or current known HIV infection.
20. Any patient unwilling or unable to use adequate contraceptive measures during study treatment and for 7 months after the last dose of study treatment.
21. Any other condition, which in the opinion of the investigator or sub-investigator would preclude participation in the study
目標参加者数/Target sample size 20

責任研究者/Research contact person
責任研究者/Name of lead principal investigator

ミドルネーム
津川 浩一郎

ミドルネーム
Koichiro Tsugawa
所属組織/Organization 聖マリアンナ医科大学 St Marianna University School of Medicine
所属部署/Division name 乳腺・内分泌外科 Division of Breast and Endocrine Surgery, Department of Surgery
郵便番号/Zip code
住所/Address 〒216-8511 神奈川県川崎市宮前区管生2-16- 2-16-1 Sugao, Miyamae-ku, Kawasaki, Kanagawa, Japan
電話/TEL 044-977-8111
Email/Email koitsuga@marianna-u.ac.jp

試験問い合わせ窓口/Public contact
試験問い合わせ窓口担当者/Name of contact person

ミドルネーム
小島 康幸

ミドルネーム
Yasuyuki Kojima
組織名/Organization 聖マリアンナ医科大学 St Marianna University School of Medicine
部署名/Division name 乳腺・内分泌外科 Division of Breast and Endocrine Surgery, Department of Surgery
郵便番号/Zip code
住所/Address 〒216-8511 神奈川県川崎市宮前区管生2-16-1 2-16-1 Sugao, Miyamae-ku, Kawasaki, Kanagawa, Japan
電話/TEL 044-977-8111
試験のホームページURL/Homepage URL
Email/Email kojiyasu@marianna-u.ac.jp

実施責任組織/Sponsor
機関名/Institute その他 St Marianna University School of Medicine
機関名/Institute
(機関選択不可の場合)
聖マリアンナ医科大学
部署名/Department

実施責任組織に設定する適切な機関が存在しない場合は、「その他」を選択し、「機関名(機関選択不可の場合)」に実施責任組織の機関名、及び組織名を直接入力して下さい。

研究費提供組織/Funding Source
機関名/Organization その他 CHUGAI PHARMACEUTICAL CO., LTD
機関名/Organization
(機関選択不可の場合)
中外製薬株式会社
組織名/Division
組織の区分/Category of Funding Organization 営利企業/Profit organization
研究費拠出国/Nationality of Funding Organization


研究費提供組織に設定する適切な機関が存在しない場合は、「その他」を選択し、「機関名(機関選択不可の場合)」に研究費提供組織の機関名、及び組織名を直接入力して下さい。

その他の関連組織/Other related organizations
共同実施組織/Co-sponsor

その他の研究費提供組織/Name of secondary funder(s)


IRB等連絡先(公開)/IRB Contact (For public release)
組織名/Organization

住所/Address

電話/Tel
Email/Email

他機関から発行された試験ID/Secondary IDs
他機関から発行された試験ID/Secondary IDs いいえ/NO
試験ID1/Study ID_1
ID発行機関1/Org. issuing International ID_1

試験ID2/Study ID_2
ID発行機関2/Org. issuing International ID_2

治験届/IND to MHLW

試験実施施設/Institutions
試験実施施設名称/Institutions

その他の管理情報/Other administrative information
一般公開日(本登録希望日)/Date of disclosure of the study information
2015 07 23

関連情報/Related information
プロトコル掲載URL/URL releasing protocol
試験結果の公開状況/Publication of results 未公表/Unpublished

結果/Result
結果掲載URL/URL related to results and publications
組み入れ参加者数/Number of participants that the trial has enrolled
主な結果/Results

主な結果入力日/Results date posted
結果掲載遅延/Results Delayed
結果遅延理由/Results Delay Reason

最初の試験結果の出版日/Date of the first journal publication of results
参加者背景/Baseline Characteristics

参加者の流れ/Participant flow

有害事象/Adverse events

評価項目/Outcome measures

個別症例データ共有計画/Plan to share IPD

個別症例データ共有計画の詳細/IPD sharing Plan description


試験進捗状況/Progress
試験進捗状況/Recruitment status 試験終了/Completed
プロトコル確定日/Date of protocol fixation
2015 09 01
倫理委員会による承認日/Date of IRB
登録・組入れ開始(予定)日/Anticipated trial start date
2015 10 29
フォロー終了(予定)日/Last follow-up date
2017 09 30
入力終了(予定)日/Date of closure to data entry
2017 10 31
データ固定(予定)日/Date trial data considered complete
2017 11 30
解析終了(予定)日/Date analysis concluded
2018 01 12

その他/Other
その他関連情報/Other related information


管理情報/Management information
登録日時/Registered date
2015 07 22
最終更新日/Last modified on
2018 01 23


閲覧ページへのリンク/Link to view the page
URL(日本語) https://upload.umin.ac.jp/cgi-open-bin/ctr/ctr_view.cgi?recptno=R000021216
URL(英語) https://upload.umin.ac.jp/cgi-open-bin/ctr_e/ctr_view.cgi?recptno=R000021216


UMIN臨床試験登録システムのご使用に関するお問い合わせは、こちらのお問い合わせフォーム からお願いいたします。それ以外のお問い合わせは、 こちら よりお願い致します。