UMIN-CTR 臨床試験登録情報の閲覧

BACK TOP
UMIN-CTR ホーム 用語の説明(簡易版) 用語の説明(詳細版)--準備中 FAQ

試験進捗状況 試験終了/Completed
UMIN試験ID UMIN000001668
受付番号 R000001978
試験名 T-CORE 0801 EGFR陽性の治癒切除不能な進行・再発の結腸・直腸癌に対するCetuximabおよび塩酸イリノテカン併用療法のKRAS変異有無による有効性・安全性の検討
一般公開日(本登録希望日) 2009/01/31
最終更新日 2015/07/29

※ 本ページ収載の情報は、臨床試験に関する情報公開を目的として、UMINが開設しているUMIN臨床試験登録システムに提供された臨床試験情報です。
※ 特定の医薬品や治療法等については、医療関係者や一般の方に向けて広告することは目的としていません。


基本情報/Basic information
試験名/Official scientific title of the study T-CORE 0801 EGFR陽性の治癒切除不能な進行・再発の結腸・直腸癌に対するCetuximabおよび塩酸イリノテカン併用療法のKRAS変異有無による有効性・安全性の検討 Phase II trial of cetuximab plus irinotecan for FOLFOX and FOLFIRI-refractory patients with EGFR-positive advanced and/or metastatic colorectal cancer, evaluation of the safety and efficacy based on KRAS mutation status (T-CORE0801)
試験簡略名/Title of the study (Brief title) T-CORE 0801 KRAS変異解析を伴うEGFR陽性の治癒切除不能な進行・再発の結腸・直腸癌に対するCetuximabおよび塩酸イリノテカン併用療法の臨床第II相試験 Phase II trial of cetuximab plus irinotecan for FOLFOX and FOLFIRI-resisitant advanced and/or metastatic colorectal cancer with KRAS mutation analysis (T-CORE0801)
試験実施地域/Region
日本/Japan

対象疾患/Condition
対象疾患名/Condition 切除不能結腸・直腸癌の3次以降化学療法症例を対象 3rd line or later therapy for unresectable advanced and/or recurrent colorectal cancer
疾患区分1/Classification by specialty
消化器内科学(消化管)/Gastroenterology 消化器外科(消化管)/Gastrointestinal surgery
疾患区分2/Classification by malignancy 悪性腫瘍/Malignancy
ゲノム情報の取扱い/Genomic information はい/YES

目的/Objectives
目的1/Narrative objectives1 切除不能結腸・直腸癌症例の3次以降化学療法におけるCetuximabと塩酸イリノテカン併用療法の有効性、安全性について検討する。さらに、有効性の期待できる症例を選択するための分子マーカーとしてKRAS Statusの妥当性を検討するため、KRAS遺伝子検査を前向き研究として検索し、KRAS野生型及び変異型症例群におけるCetuximabと塩酸イリノテカン併用療法の有効性、安全性について比較検討する。随伴研究としてKRAS遺伝子解析に加え、BRAF、PIK3CA、PTENの遺伝子解析およびMSI解析、さらにFcgammaRIIa-H131R、FcgammmaRIIIa-V158Fの2つのSNPsを解析し、塩酸イリノテカンとcetuximab併用療法の有効性、安全性との相関関係を検討する。 We confirm safety and efficacy of cetuximab plus irinotecan as a 3rd line or later therapy in patients with EGFR positive unresectable advanced and/or recurrenct colorectal cancer. We also examine KRAS mutation as a prospective analysis and compare the safety and efficacy of cetuximab plus irinotecan between KRAS wild-type and mutant group. As an accompanied study, we further examine mutations in BRAF, PIK3CA and PTEN, microsatellite instability, and two SNPs in Fcgamma receptor genes (FcgammaRIIa-H131R and FcgammmaRIIIa-V158F) and compare the safety and efficacy of cetuximab plus irinotecan.
目的2/Basic objectives2 安全性・有効性/Safety,Efficacy
目的2 -その他詳細/Basic objectives -Others

試験の性質1/Trial characteristics_1 検証的/Confirmatory
試験の性質2/Trial characteristics_2 実務的/Pragmatic
試験のフェーズ/Developmental phase 第Ⅱ相/Phase II

評価/Assessment
主要アウトカム評価項目/Primary outcomes 奏効率 response rate
副次アウトカム評価項目/Key secondary outcomes 無増悪生存期間PFS、生存期間および安全性 progression free survival (PFS), overall survival(OS) and safety

アウトカム評価項目には、可能な限り評価の時期の情報(例:投与開始から12週後など)も含めてください。また、評価項目としては、単に「安全性」「有効性」などとするのではなく、実際に測定する検査項目の名称を具体的にご記入ください。また、主要アウトカム評価項目は最も主要な1項目のみとし、2項目以降は副次アウトカム評価項目としてください。

基本事項/Base
試験の種類/Study type 介入/Interventional

試験デザイン/Study design
基本デザイン/Basic design 単群/Single arm
ランダム化/Randomization 非ランダム化/Non-randomized
ランダム化の単位/Randomization unit
ブラインド化/Blinding オープン/Open -no one is blinded
コントロール/Control 無対照/Uncontrolled
層別化/Stratification
動的割付/Dynamic allocation
試験実施施設の考慮/Institution consideration
ブロック化/Blocking
割付コードを知る方法/Concealment

介入/Intervention
群数/No. of arms 1
介入の目的/Purpose of intervention 診断/Diagnosis
介入の種類/Type of intervention
医薬品/Medicine
介入1/Interventions/Control_1 cetuximab
Infusion reaction予防のため、すべての被験者に対し、cetuximab 投与30~60 分前にH1 拮抗薬(例:経口の塩酸ジフェンヒドラミン50 mg)を投与する。前投薬は2 回目以降の投与の際にも行うこととするが、医師の判断により増減可能とする。cetuximab は週1 回投与とし、初回投与は400 mg/m2 を2 時間かけて静脈内投与する。以降の週1 回反復投与は250 mg/m2 を1 時間かけて静脈内投与する。cetuximab の投与速度は10mg/min以下とする。cetuximab の投与中はアナフィラキシーの兆候に注意して観察を行う。
塩酸イリノテカン
塩酸イリノテカンは、投与法(a) 毎週投与法(1 週間間隔で100 mg/ m2を3回点滴静注し、その後1週間休薬する。)これを1 クールとして投与を繰り返すもしくは投与法(b) 2 週間間隔投与法(2 週間間隔で150 mg/ m2を繰り返す)で投与する。塩酸イリノテカンは、cetuximab に引き続き投与する。
cetuximab 400 mg/m2 given as 2 hours infusion for the first time, 250mg/m2 as 1 hour infusion for the second time or later. Irinotecan 100mg/m2 repeated every week followed by one week rest or Irinotecan 150mg/m2 repeated every two weeks.
介入2/Interventions/Control_2

介入3/Interventions/Control_3

介入4/Interventions/Control_4

介入5/Interventions/Control_5

介入6/Interventions/Control_6

介入7/Interventions/Control_7

介入8/Interventions/Control_8

介入9/Interventions/Control_9

介入10/Interventions/Control_10


介入1~10には、介入の期間(何日間投与、介入するか)、介入の量(投与量や線量など)、介入の回数、頻度など、内容を可能な限り詳しく記載してください。とくに、投薬や機器使用の介入の場合、期間は必ず含めてください。

適格性/Eligibility
年齢(下限)/Age-lower limit
20 歳/years-old 以上/<=
年齢(上限)/Age-upper limit

適用なし/Not applicable
性別/Gender 男女両方/Male and Female
選択基準/Key inclusion criteria ・組織学的にEGFR陽性大腸癌と診断された症例
・原発巣が切除不能か,遠隔転移がありその1つ以上が切除不能である症例
・登録日の年齢が20歳以上の症例
・Performance Status(ECOG)が0または2の症例
・進行・再発結腸・直腸癌の3次以降化学療法症例 (ただしオキサリプラチン、塩酸イリノテカンを含む2レジメン以上を施行されている症例)で、前治療終了時から治療開始予定日までに以下に示す無治療期間を有すること
a) 放射線療法 4週間
b) 臓器切除を伴う手術療法 2週間
c) 化学療法 2週間
d) 他の治験薬 4週間
・測定可能な標的病変(RECIST)を有する症例
・主要臓器機能について以下の基準を満たし、本併用療法の安全性評価が可能な症例
好中球数  ≧ 1,500 /μL
血小板数  ≧ 100,000 /μL
ヘモグロビン ≧ 8.0g/dL
GOT(AST)  ≦ 100 IU/L
GPT(ALT)  ≦ 100 IU/L
総ビリルビン  ≦ 2.0 mg/dL
血清クレアチニン ≦ 1.5 mg/dL    
・本併用療法投与開始日より2 ヵ月以上の生存が期待される症例
・試験参加について,患者本人から文書による同意が得られた症例
The criteria for eligibility were histologically proven EGFR positive colorectal cancer of; an age of 20 or older; with an unresectable primary tumor or with one or more unresectable metatatic tumor(s); more than two privious treatment by FOLFOX or FOLFIRI regimen; with performance status (ECOG) 0, 1 or 2; the following interval from previous treatments (4 weeks from radiations, 2weeks from a operation with some organ resection, 2 weeks from chemotherapy, 4 weeks from other clinical trial), measurable lesions based on the RECIST; and adequate organ function (a neutrophil count of 1500 or more per cubic millimeter ; a platelet count of at least 100,000 per cubic millimeter; hemoglobin levels of more than 8.0 g per deciliter ;aspartate
aminotransferase and alanine aminotransferase levels of 100 or less international unit per litter; a total bilirubin level of no more than 2.0 mg per deciliter; and a serum creatinine
level of no more than 1.5 mg per deciliter; expected more than 2 months prognosis; with a written informed consent for this study
除外基準/Key exclusion criteria ・臨床症状を有する脳転移のある症例
・コントロール困難な多量の胸水・腹水を有する症例
・以下の既往歴および合併症を有する症例
癌性髄膜炎、コントロール困難な痙攣発作(てんかん重積状態、難治性てんかん)、臨床上問題となる精神障害あるいは中枢神経障害の既往のある症例、認知症もしくは精神状態が不安定なため本治験内容の理解あるいは同意取得が困難であると思われる精神状態の症例および以下の併存疾患を有する症例。
a) 薬物療法等を用いても臨床症状をコントロールできない糖尿病
b) 薬物療法等を用いても臨床症状をコントロールできない高血圧
c) 全身性の抗生物質、抗ウイルス薬または抗真菌薬の投与を必要とする活動性の感染症
d) 症状を有する血液凝固障害
・急性肺障害、間質性肺炎、肺線維症の疑われる症例またはこれらの疾患の既往歴を有する症例
・慢性的な全身性ステロイド剤またはその他の免疫抑制剤の投与を必要とする症例
・下痢(水様便)のある症例
・腸管麻痺、腸管閉塞の症例
・硫酸アタザナビルを投与中の症例
・過去5 年以内に活動性の重複癌の既往を有する症例(但し、以下の重複癌については5 年以内に病変が認められていても除外しない:悪性黒色腫以外の皮膚癌、子宮頸部上皮内癌、および消化器粘膜内癌)
・Grade 3 以上の神経障害の症状を有する症例
・・NYHA 分類(New York Heart Association Functional Classification)がⅢ/Ⅳ度の症例、もしくは治験開始前6 ヵ月以内に重篤な循環器系疾患(心筋梗塞など)の既往のある症例
・過去にモノクローナル抗体の投与によりGrade 3 以上の過敏症がみられた症例
・過去に塩酸イリノテカンの投与により過敏症がみられた症例
・過去にEGF のシグナル伝達阻害剤もしくはEGFR を標的とした薬剤による治療を受けた症例
The exclusion criteria were symptomatic metastatic brain tumor, uncontrolled massive pleural or abdominal effusion, previous meningitis carcinomatosis, uncontrolled epilepsy, critical mental disturbance, central nervous system disorder, uncontrolled diabtes mellitus, uncontrolled hypertension, active infection treated with antibiotics, antifungal or antiviral drugs, bleeding tendency, symptomatic coagulation abnormality, acute pneumonia, interstitial pneumonitis or pulmonary fibrosis, chronic disease required the treatment with steroid or immune-suppressing drug, diarrhea; with complication of paralytic intestine, bowel obstraction (ileus), previous history of herpersensitivity (Grade 3 or severe) against monoclonal antibody drug, previous history of herpersensitivity against irinotecan, pevious therapy with inhibitor of EGF signal transduction or inhibitor of EGFR, treated with Atazanavir Sulfate, active double cancer within 5 years, Grade 3 or severe neural disturbance, Grade III or IV by NYHA classification or sever cardiac disease within 6 months.
目標参加者数/Target sample size 40

責任研究者/Research contact person
責任研究者名/Name of lead principal investigator 下平 秀樹 Hideki Shimodaira
所属組織/Organization 東北大学加齢医学研究所 Institute of Development, Aging and Cancer, Tohoku University
所属部署/Division name 癌化学療法研究分野 Department of Clinical Oncology
住所/Address 〒980-8575仙台市青葉区星陵町4-1 4-1 Seiryo-machi, Aoba-ku, Sendai 980-8575, Japan
電話/TEL 022-7171-8547
Email/Email hshimoda@idac.tohoku.ac.jp

試験問い合わせ窓口/Public contact
試験問い合わせ窓口担当者名/Name of contact person 加藤俊介 Shunsuke Kato
組織名/Organization NPO東北臨床腫瘍研究会T-CORE NPO T-CORE (Tohoku Clinical Oncology Research and Education Society)
部署名/Division name 事務局 Office
住所/Address 〒980-8575仙台市青葉区星陵町4-1 4-1 Seiryo-machi, Aoba-ku, Sendai 980-8575, Japan
電話/TEL 022-717-8599
試験のホームページURL/Homepage URL http://www.T-CORE.JP
Email/Email t-core-admin@umin.ac.jp

実施責任組織/Sponsor
機関名/Institute その他 NPO T-CORE (Tohoku Clinical Oncology Research and Education Society)
機関名/Institute
(機関選択不可の場合)
NPO東北臨床腫瘍研究会T-CORE
部署名/Department

実施責任組織に設定する適切な機関が存在しない場合は、「その他」を選択し、「機関名(機関選択不可の場合)」に実施責任組織の機関名、及び組織名を直接入力して下さい。

研究費提供組織/Funding Source
機関名/Organization その他 NPO T-CORE (Tohoku Clinical Oncology Research and Education Society)
機関名/Organization
(機関選択不可の場合)
NPO東北臨床腫瘍研究会T-CORE
組織名/Division
組織の区分/Category of Funding Organization 財団/Non profit foundation
研究費拠出国/Nationality of Funding Organization 日本 Japan

研究費提供組織に設定する適切な機関が存在しない場合は、「その他」を選択し、「機関名(機関選択不可の場合)」に研究費提供組織の機関名、及び組織名を直接入力して下さい。

その他の関連組織/Other related organizations
共同実施組織/Co-sponsor

その他の研究費提供組織/Name of secondary funder(s)


他機関から発行された試験ID/Secondary IDs
他機関から発行された試験ID/Secondary IDs いいえ/NO
試験ID1/Study ID_1
ID発行機関1/Org. issuing International ID_1

試験ID2/Study ID_2
ID発行機関2/Org. issuing International ID_2

治験届/IND to MHLW

試験実施施設/Institutions
試験実施施設名称/Institutions

その他の管理情報/Other administrative information
一般公開日(本登録希望日)/Date of disclosure of the study information
2009 01 31

試験進捗状況/Progress
試験進捗状況/Recruitment status 試験終了/Completed
プロトコル確定日/Date of protocol fixation
2008 12 10
登録・組入れ開始(予定)日/Anticipated trial start date
2009 02 01
フォロー終了(予定)日/Last follow-up date
2012 02 01
入力終了(予定)日/Date of closure to data entry
2014 06 01
データ固定(予定)日/Date trial data considered complete
2014 06 01
解析終了(予定)日/Date analysis concluded
2014 06 01

関連情報/Related information
プロトコル掲載URL/URL releasing protocol http://www.t-core.jp
試験結果の公開状況/Publication of results 最終結果が公表されている/Published
結果掲載URL/URL releasing results http://www.karger.com/Article/FullText/360989
主な結果/Results KRAS変異は41名の解析対象症例中、31.7%において認められた。奏効率はセツキシマブ+イリノテカン併用療法の奏効率はKRAS野生型において17.9%, 変異型において0%であった。奏効率は既報告からの予測よりも低かったが、日本人の進行大腸癌患者においてもKRAS遺伝子変異はセツキシマブ+イリノテカン併用療法の効果予測因子であることが明らかとなった。 Results:KRAS mutations were detected in 31.7% of 41 eligible patients. The RR to cetuximab plus irinotecan therapy was found to be 17.9 and 0% in the KRAS wild-type and mutant subgroups, respectively. Conclusion: Despite the identification of a lower-than-expected RR to treatment by the KRAS wild-type subgroup, KRAS mutation status appears to be a useful predictive marker of response to cetuximab plus irinotecan therapy in Japanese mCRC patients.
その他関連情報/Other related information 前向き研究として、全登録症例に関して、手術または生検腫瘍組織からDNAを抽出し、KRAS, BRAF, PIK3CA, PTEN遺伝子変異、マイクロサテライト不安定性(MSI)、Fcガンマ受容体の2つのSNPを調べる。 As a prospective study, mutation analysis of KRAS, BRAF, PIK3CA, and PTEN genes, microsatellite instability (MSI) and two common SNPs of Fc gamma receptor genes will be examined for all enrolled patients

管理情報/Management information
登録日時/Registered date
2009 01 29
最終更新日/Last modified on
2015 07 29


閲覧ページへのリンク/Link to view the page
URL(日本語) https://upload.umin.ac.jp/cgi-open-bin/ctr/ctr_view.cgi?recptno=R000001978
URL(英語) https://upload.umin.ac.jp/cgi-open-bin/ctr_e/ctr_view.cgi?recptno=R000001978


UMIN臨床試験登録システムのご使用に関するお問い合わせは、こちらのお問い合わせフォーム からお願いいたします。それ以外のお問い合わせは、 こちら よりお願い致します。