UMIN-CTR 臨床試験登録情報の閲覧

BACK TOP
UMIN-CTR ホーム 用語の説明(簡易版) 用語の説明(詳細版)--準備中 FAQ

試験進捗状況 試験終了/Completed
UMIN試験ID UMIN000013169
受付番号 R000015356
試験名 再発・再燃・治療抵抗性多発性骨髄腫に対するボルテゾミブ+レナリドミド+デキサメサゾン併用(Once weekly VRd-21)療法における安全性・有効性の第Ⅰ/Ⅱ相試験
一般公開日(本登録希望日) 2014/02/15
最終更新日 2016/02/22

※ 本ページ収載の情報は、臨床試験に関する情報公開を目的として、UMINが開設しているUMIN臨床試験登録システムに提供された臨床試験情報です。
※ 特定の医薬品や治療法等については、医療関係者や一般の方に向けて広告することは目的としていません。


基本情報/Basic information
試験名/Official scientific title of the study 再発・再燃・治療抵抗性多発性骨髄腫に対するボルテゾミブ+レナリドミド+デキサメサゾン併用(Once weekly VRd-21)療法における安全性・有効性の第Ⅰ/Ⅱ相試験 Phase I/II study of bortezomib plus Lenalidomide and dexamethasone (Once weekly VRd-21) for relapsed and/or refractory multiple myeloma
(Once weekly VRd-21, I/II VRD for MM)

試験簡略名/Title of the study (Brief title) 再発・再燃・治療抵抗性多発性骨髄腫に対するOnce weekly VRd-21療法の第Ⅰ/Ⅱ相試験 Phase I/II study of once weekly VRd-21 for relapsed and/or refractory multiple myeloma
(Once weekly VRd-21, I/II VRD for MM)

試験実施地域/Region
日本/Japan

対象疾患/Condition
対象疾患名/Condition プロテアソーム阻害剤及び免疫調整薬既治療で、前治療歴が2レジメン以上あり、直近の治療終了後に再発・再燃・治療抵抗性となった多発性骨髄腫 Proteasome inhibitor and immunomodulatory drug pre-treated relapsed and/or refractory multiple myeloma after two or more prior lines of chemotherapy
疾患区分1/Classification by specialty
血液・腫瘍内科学/Hematology and clinical oncology
疾患区分2/Classification by malignancy 悪性腫瘍以外/Others
ゲノム情報の取扱い/Genomic information いいえ/NO

目的/Objectives
目的1/Narrative objectives1 第Ⅰ相試験:プロテアソーム阻害薬および免疫調節薬既治療の再発又は難治性多発性骨髄腫症例に対するボルテゾミブ+レナリドミド+デキサメサゾン併用(Once weekly VRd-21)療法の安全性と有効性を確認し、推奨投与量を決定する。
第Ⅱ相試験:第Ⅰ相試験で決定した推奨投与量における、有効性及び安全性を検討する。
The objective of this trial is to evaluate the safety and efficacy of bortezomib plus Lenalidomide and dexamethasone (Once weekly VRd-21) for relapsed or refractory multiple myeloma
目的2/Basic objectives2 安全性・有効性/Safety,Efficacy
目的2 -その他詳細/Basic objectives -Others

試験の性質1/Trial characteristics_1 探索的/Exploratory
試験の性質2/Trial characteristics_2
試験のフェーズ/Developmental phase 第Ⅰ・Ⅱ相/Phase I,II

評価/Assessment
主要アウトカム評価項目/Primary outcomes (第Ⅰ相)最大耐容量
(第Ⅱ相)奏効割合 
maximum tolerated dose
objective response rate, PR above
副次アウトカム評価項目/Key secondary outcomes 全生存期間
無増悪生存期間
無増悪期間
有害事象発生割合
染色体転座別の治療効果
overall survival
progression-free survival
time to progression
adverse event
treatment efficacy according to the translocation of chromosome myeloma related

アウトカム評価項目には、可能な限り評価の時期の情報(例:投与開始から12週後など)も含めてください。また、評価項目としては、単に「安全性」「有効性」などとするのではなく、実際に測定する検査項目の名称を具体的にご記入ください。また、主要アウトカム評価項目は最も主要な1項目のみとし、2項目以降は副次アウトカム評価項目としてください。

基本事項/Base
試験の種類/Study type 介入/Interventional

試験デザイン/Study design
基本デザイン/Basic design 単群/Single arm
ランダム化/Randomization 非ランダム化/Non-randomized
ランダム化の単位/Randomization unit
ブラインド化/Blinding オープン/Open -no one is blinded
コントロール/Control 無対照/Uncontrolled
層別化/Stratification
動的割付/Dynamic allocation
試験実施施設の考慮/Institution consideration
ブロック化/Blocking
割付コードを知る方法/Concealment

介入/Intervention
群数/No. of arms 1
介入の目的/Purpose of intervention 治療・ケア/Treatment
介入の種類/Type of intervention
医薬品/Medicine
介入1/Interventions/Control_1 Once weekly VRd-21療法投与スケジュールは、21日間を1コースとし、ボルテゾミブをday 1、8に皮下注射(または静脈内注射)、レナリドミドをday 1~14まで連日経口投与、デキサメサゾンをday 1、2、8、9に経口投与(または点滴静注)する。投与は最大8コースまで繰り返す。

(第Ⅰ相)
・レベル-1
ボルテゾミブ 1.0 mg/m2 レナリドミド 10 mg/body デキサメサゾン 20 mg/body
レベル1
ボルテゾミブ 1.3 mg/m2 レナリドミド 10 mg/body デキサメサゾン 20 mg/body
レベル2
ボルテゾミブ 1.3 mg/m2 レナリドミド 15 mg/body デキサメサゾン 20 mg/body

(第Ⅱ相)
第Ⅰ相試験で決定した用量とする。

bortezomib (subcutaneous injection, days 1,8) plus lenalidomode (days 1-14) dexamethasone (20mg/day, days
1,2,8,9) were administered for eight 21-cycles.

Phase1
level -1
bortzomib 1.0 mg/m2, lenalidomide 10 mg/body, dexamethasone 20 mg/body
level 1
bortzomib 1.3 mg/m2, lenalidomide 10 mg/body, dexamethasone 20 mg/body
level 2
bortzomib 1.3 mg/m2, lenalidomide 15mg/body, dexamethasone 20 mg/body

Phase2
At the Phase 2 study, adminstration was decided based on the result of Phase 1 study
介入2/Interventions/Control_2

介入3/Interventions/Control_3

介入4/Interventions/Control_4

介入5/Interventions/Control_5

介入6/Interventions/Control_6

介入7/Interventions/Control_7

介入8/Interventions/Control_8

介入9/Interventions/Control_9

介入10/Interventions/Control_10


介入1~10には、介入の期間(何日間投与、介入するか)、介入の量(投与量や線量など)、介入の回数、頻度など、内容を可能な限り詳しく記載してください。とくに、投薬や機器使用の介入の場合、期間は必ず含めてください。

適格性/Eligibility
年齢(下限)/Age-lower limit
20 歳/years-old 以上/<=
年齢(上限)/Age-upper limit

適用なし/Not applicable
性別/Gender 男女両方/Male and Female
選択基準/Key inclusion criteria 1)症候性多発性骨髄腫であること。
2)少なくとも2レジメン以上の治療歴を有し、①再発、②再燃、③治療抵抗性、のいずれかが判断されていること。
※前治療にはプロテオソーム阻害薬、および免疫調節薬を含んだ治療がそれぞれ1レジメン以上あること。
3)年齢の上限については定めない。。
4)女性の場合は、①子宮を摘出した女性、②両側卵巣を摘出した女性、③50歳以上で閉経後2年以上経過している女性(2年以上月経がない)、④妊娠可能な女性はRevMateを遵守すること。
5)男性の場合は、RevMateを遵守することに関して患者本人から同意が得られていること。
6)登録時にECOG PSが0~2であること。ただし溶骨病変に伴う症状のみによるPS 3は適格とする。
7)測定可能M蛋白病変を有すること。
  ①IgG型の場合、血清M蛋白濃度≧1,000 mg/dL
  ②IgA型またはIgD型の場合、血清M蛋白濃度≧500 mg/dL
  ③免疫グロブリンの型によらず、尿中M蛋白量≧200 mg/24時間
  ④血清遊離軽鎖(SFLC)κ/λ比が正常範囲外かつSFLC濃度10 mg/dL以上
⑤CTにて長径2cm以上の軟部組織の形質細胞腫
8)本試験の治療開始時まで、化学療法、放射線療法、手術のうち最も遅い前治療の最終治療日より少なくとも14日を超えていること。ただし、多発性骨髄腫治療を目的としない、緩和目的でのステロイドの使用は許容する。
9)登録前14日以内の最新の検査値が以下の①~⑧のすべて満たすこと。
  ①好中球数(ANC)≧750 /mm3
  ②血小板数≧5.0×104 /mm3
  ③AST≦施設基準値上限の3倍
  ④ALT≦施設基準値上限の3倍
  ⑤総ビリルビン≦2.0 mg/dL
  ⑥クレアチニンクリアランス(CrCl)は、第Ⅰ相ではCrCl≧50 mL/minとし、第Ⅱ相ではCrCl<50 mL/minであっても透析を必要としなければ可とする
  ⑦安静時12誘導心電図で、虚血性変化および治療を有する不整脈のいずれも認めない
  ⑧パルスオキシメーター測定にてSpO2≧94%(Room air)
⑨心エコーで左室駆出率≧50%
10)これまでにボルテゾミブまたはレナリドミド、デキサメサゾンへの過敏症を有していないこと。
11)神経障害(末梢性感覚ニューロパチー、末梢性運動性ニューロパチー)が支持療法によってコントロールされた結果Grade 2以内であり、末梢神経障害性疼痛は合併していないこと。
12)試験参加について患者本人から文書による同意が得られていること。

1) diagnosed as having symptomatic multiple myeloma before initial treatment
2) relapsed and or refractory cases after at least two prior chemotherapy including both proteasome inhibitor and one immunomodulatory drug
3) no limit of age
4) either menopausal women aged at 50 or older, women after hysterectomy, or women after bilateral ovariectomy. Females of childbearing potential must adhere to the guideline of the Revmate program.
5) men who agreed to use contraception according to the guideline of the Revmate program.
6) performance status 0-2,or 3 due to osteolytic lesions alone
7) having measurable paraprotein defined as serum monoclonal immunoglobulin concentration of at least 1.0gdL of IgG, or at least 0.5g/dL of absolute serum concentration of IgA IgD, or urinary excretion of at least 0.2g of paraprotein per 24 hours in spite of the type of myeloma
8) at least 14 days have passed after the prior therapy of multiple myloma, including chemotherapy, radiotherapy, and surgery. Transient administration of steroid is permitted
9) absolute neutrophil count no less than 750/mm3, platelet count no less than 50,000/mm3,
, AST/ALT no more than 100IU/L, total bilirubin 1.8 mg/dL or below, creatinine clearrance 50 mL/min or above at phase 1 study (no limitation at the phase 2 study except for need of dialysis),
SpO2 (room air) at least 94%, ECG neither ischemic change nor arrhythmia reqiuring medical intervention, cardiac ejection fraction at least 50%
10) no history of hypersensitivity to bortezomib, lenalidomide, and dexamethasone
11) peripheral neuropathy(PN) within grade 2 without pain. Management of PN is permitted.
12) written informed consent by the patient
除外基準/Key exclusion criteria 1)重篤なアレルギーの既往を有する症例
2)活動性の感染症を合併している症例
3)重度の便秘、腸管麻痺、腸閉塞を有する症例
4)明らかな間質性肺炎または肺線維症、高度の肺気腫のいずれかを有する症例
5)コントロール不良の重篤な糖尿病の症例
6)抗血栓療法または抗凝固療法を受けられない症例
7)妊婦または妊娠している可能性がある、または授乳中の症例
8)コントロール不良の高血圧症を合併している症例
9)精神神経疾患または精神状態によりプロトコール治療が困難な症例
10)活動性の重複がんの症例
※活動性の重複がんは同時性重複がんおよび無病期間が5年以内の異時性重複がんをさす。Carcinoma in situ(上皮内がん)や粘膜内がんなどの局所治療により治癒と判断される病変や異時性、同時性の乳がんは含まない。
11)HBs抗原陽性、HCV抗体陽性、HIV抗体陽性の症例
 ※HBs抗原陰性でHBc抗体陽性and/or HBs抗体陽性例に対しては適格とするが、試験治療中は8.6.12.に準じて適切な治療を行うこと。
*1 抗ウイルス薬(エンテカビルなど)投与の有無については問わない
12)Grade 3以上の末梢神経障害(感覚性、運動性)、もしくは末梢神経障害性疼痛を合併している症例
13)コントロール困難な緑内障を有する症例
14)原発性形質細胞性白血病に該当する症例
15)本試験の登録前7日以内に輸血、血液製剤およびG-CSF等の造血因子製剤の投与を受けている症例
16)明らかな心アミロイドーシスあるいは腸管アミロイドーシスを合併している症例
17)ボロン(写真現像や金属加工関係で化学アレルギーが知られている)またはマンニトールによる薬物アレルギーがある症例
18)その他、担当医師がプロトコール治療への参加が不適切と判断した症例
1) synchronous or metachronous malignancy
2) active infection
3) severe constipation or illeus
4) interstitial pneoumonia, pulmonary fibrosis
5) uncontrolled diabetes
6) inability to intake antithrombotic medication
7) pregnant or nursing women mellitus
8) uncontrollable hypertension
9) psychological disturbance
10) active double cancer
11) HBs-Ag positive or HCV-Ab positive or HIV-Ab positive
12) grade 3 or higher peripheral neuropathy, or grade 1 or higher neuralgia
13) glaucoma
14) primary plasma cell leukemia
15) no adminstration of blood transfusion or G-CSF within 7days befor the treatment
16) no evidence of cardiac or intestinal amyloidosis
17) allergic history to borate or mannitol
目標参加者数/Target sample size 30

責任研究者/Research contact person
責任研究者名/Name of lead principal investigator 李 政樹 Masaki Ri
所属組織/Organization 名古屋市立大学病院 Nagoya City University Hospital
所属部署/Division name 血液・膠原病内科 Division of Hematology & Collagen Diseases
住所/Address 〒467-8601 名古屋市瑞穂区瑞穂町字川澄1 1, Aza-Kawasumi, Mizuho-cho, Mizuho-ku, Nagoya, Aichi, 467-8601, Japan
電話/TEL 052-853-8217
Email/Email rrmasaki@ybb.ne.jp

試験問い合わせ窓口/Public contact
試験問い合わせ窓口担当者名/Name of contact person 戸谷 治仁 Haruhito Totani
組織名/Organization 名古屋市立大学病院 Nagoya City University Hospital
部署名/Division name 血液・膠原病内科 Division of Hematology & Collagen Diseases
住所/Address 〒467-8601 名古屋市瑞穂区瑞穂町字川澄 1, Aza-Kawasumi, Mizuho-cho, Mizuho-ku, Nagoya, Aichi, 467-8601, Japan
電話/TEL 052-853-8217
試験のホームページURL/Homepage URL
Email/Email shimuroini0421@yahoo.co.jp

実施責任組織/Sponsor
機関名/Institute その他 Nagoya City University Hospital
機関名/Institute
(機関選択不可の場合)
名古屋市立大学病院
部署名/Department

実施責任組織に設定する適切な機関が存在しない場合は、「その他」を選択し、「機関名(機関選択不可の場合)」に実施責任組織の機関名、及び組織名を直接入力して下さい。

研究費提供組織/Funding Source
機関名/Organization その他 Nagoya City University Hospital
機関名/Organization
(機関選択不可の場合)
名古屋市立大学病院
組織名/Division
組織の区分/Category of Funding Organization 自己調達/Self funding
研究費拠出国/Nationality of Funding Organization


研究費提供組織に設定する適切な機関が存在しない場合は、「その他」を選択し、「機関名(機関選択不可の場合)」に研究費提供組織の機関名、及び組織名を直接入力して下さい。

その他の関連組織/Other related organizations
共同実施組織/Co-sponsor

その他の研究費提供組織/Name of secondary funder(s)


他機関から発行された試験ID/Secondary IDs
他機関から発行された試験ID/Secondary IDs いいえ/NO
試験ID1/Study ID_1
ID発行機関1/Org. issuing International ID_1

試験ID2/Study ID_2
ID発行機関2/Org. issuing International ID_2

治験届/IND to MHLW

試験実施施設/Institutions
試験実施施設名称/Institutions 名古屋市立大学病院
名古屋記念病院
豊川市民病院
厚生連 海南病院

その他の管理情報/Other administrative information
一般公開日(本登録希望日)/Date of disclosure of the study information
2014 02 15

試験進捗状況/Progress
試験進捗状況/Recruitment status 試験終了/Completed
プロトコル確定日/Date of protocol fixation
2014 02 02
登録・組入れ開始(予定)日/Anticipated trial start date
2014 02 14
フォロー終了(予定)日/Last follow-up date
2015 08 31
入力終了(予定)日/Date of closure to data entry
2015 08 31
データ固定(予定)日/Date trial data considered complete
2015 09 30
解析終了(予定)日/Date analysis concluded
2015 09 30

関連情報/Related information
プロトコル掲載URL/URL releasing protocol
試験結果の公開状況/Publication of results 最終結果が公表されている/Published
結果掲載URL/URL releasing results
主な結果/Results

その他関連情報/Other related information


管理情報/Management information
登録日時/Registered date
2014 02 15
最終更新日/Last modified on
2016 02 22


閲覧ページへのリンク/Link to view the page
URL(日本語) https://upload.umin.ac.jp/cgi-open-bin/ctr/ctr_view.cgi?recptno=R000015356
URL(英語) https://upload.umin.ac.jp/cgi-open-bin/ctr_e/ctr_view.cgi?recptno=R000015356


UMIN臨床試験登録システムのご使用に関するお問い合わせは、こちらのお問い合わせフォーム からお願いいたします。それ以外のお問い合わせは、 こちら よりお願い致します。