UMIN-CTR 臨床試験登録情報の閲覧

BACK TOP
UMIN-CTR ホーム 用語の説明(簡易版) 用語の説明(詳細版)--準備中 FAQ

試験進捗状況 参加者募集終了‐試験継続中/No longer recruiting
UMIN試験ID UMIN000017939
受付番号 R000020747
科学的試験名 レーベル遺伝性視神経症に対するイデベノン投与による視機能に及ぼす影響の多施設検討
一般公開日(本登録希望日) 2015/06/20
最終更新日 2017/09/21

※ 本ページ収載の情報は、臨床試験に関する情報公開を目的として、UMINが開設しているUMIN臨床試験登録システムに提供された臨床試験情報です。
※ 特定の医薬品や治療法等については、医療関係者や一般の方に向けて広告することは目的としていません。


基本情報/Basic information
一般向け試験名/Public title レーベル遺伝性視神経症に対するイデベノン投与による視機能に及ぼす影響の多施設検討 Multicenter study of therapeutic effects of Idebenone in patients with Leber hereditary optic neuropathy
一般向け試験名略称/Acronym レーベル病に対するイデベノン治験 Clinical trial of Idebenone in patients with LHON
科学的試験名/Scientific Title レーベル遺伝性視神経症に対するイデベノン投与による視機能に及ぼす影響の多施設検討 Multicenter study of therapeutic effects of Idebenone in patients with Leber hereditary optic neuropathy
科学的試験名略称/Scientific Title:Acronym レーベル病に対するイデベノン治験 Clinical trial of Idebenone in patients with LHON
試験実施地域/Region
日本/Japan

対象疾患/Condition
対象疾患名/Condition レーベル遺伝性視神経症 Leber hereditary optic neuropathy
疾患区分1/Classification by specialty
眼科学/Ophthalmology
疾患区分2/Classification by malignancy 悪性腫瘍以外/Others
ゲノム情報の取扱い/Genomic information はい/YES

目的/Objectives
目的1/Narrative objectives1 レーベル病(LHON)は遺伝性視神経症の一つであり、現在までにミトコンドリア遺伝子の3460G>A、11778G>A、14484T>C塩基対変異がLHON家系の約90%における母系遺伝子形式の基盤と考えらており、確定的な治療法は現時点ではない。このミトコンドリア遺伝子変異によりミトコンドリア内ATP合成が阻害され、これが網膜神経節細胞死につながり視神経症を呈すると考えられている。
元来イデベノンは認知症、脳梗塞後遺症やアルツハイマー病治療を目的に武田製薬が開発し、1986年に日本で薬剤として承認をうけた。この薬剤はミトコンドリア内エネルギー代謝改善・ミトコンドリア内膜保護効果があり、ミトコンドリア遺伝子変異・ミトコンドリア異常に伴うLHONの治療薬として理論上適正である。実際にイデベノンがLHON患者から採取した線維芽細胞においてmitochondrial complex I活性を増加させたという報告もなされている。
近年ではFriedreich失調症に対する有効性が示され、米国FDAにおいても、当初サプリメントと同等との認識が処方薬に分類することに至っている。動物モデルを用いたLHONにおけるイデベノンの検討では、網膜神経節保護効果を認めており、人間への応用を報告したcase reportも近年散見されるようになってきた。LHONに関しても、過去最大の103症例に関するコホート研究により、また85症例の前向き試験により、発症早期への投与による有効性が認められた。
本研究は、従来の治療では全く効果が認められなかったLHONに対して、イデベノンによる治療効果を検討するものである。特に疾患の初期段階において効果が期待される可能性が十二分にあり、網膜神経節細胞死の予防すなわち病期進行の遅延化を図ることが可能となり、しいては患者のQuality of Vision,Quality of Lifeを大きく改善することが期待される。
Leber hereditary optic neuropathy (LHON) is caused by mitochondrial DNA point mutations, presenting clinically an acute onset of visual loss. There is no effective therapies in patients with LHON that the 3 mitochondrial mutations (3460G>A, 11778G>A, 14484T>C) account for over 90% of cases. The mitochondrial mutations may lead to inhibit ATP synthesis in the mitochondria, resulting retinal ganglion cells death and the optic nerve atrophy or neuropathy.
Idebenone was investigated by Takeda Pharmaceutical Company Limited in Japan for dementia, cerebral infarction sequelae and Alzheimer's disease in 1986. Idebenone may be suitable logically as a medicine for mitochondrial disease, because Idebenone have effects of the metabolic improvement in the mitochondria and the protection of mitochondrial inner membrane. Actually, Angebault C and colleagues reported in vitro study that Idebenone affected the fibroblasts derived from patients with LHON, to increase the activity of mitochondrial complex I.
Recently, in vivo study showed that Idebenone had neuroprotective effects in animal models of LHON, and some pilot studies suggested Idebenone had the therapeutic effects in patients with LHON. Furthermore, the big cohort study (103 cases) and the randomized prospective study (RHODOS: 85 cases) showed that Idebenone improved the visual acuity in patients with LHON, especially in cases at the initial stage of onset.
In the present study, we investigate the therapeutic effects of Idebenone in patients with LHON, contributing both the quality of life and vision to patients with LHON.
目的2/Basic objectives2 安全性・有効性/Safety,Efficacy
目的2 -その他詳細/Basic objectives -Others

試験の性質1/Trial characteristics_1 検証的/Confirmatory
試験の性質2/Trial characteristics_2 実務的/Pragmatic
試験のフェーズ/Developmental phase 第Ⅰ・Ⅱ相/Phase I,II

評価/Assessment
主要アウトカム評価項目/Primary outcomes 視力 (投与開始から12か月後) Visual acuity (at 12 months after the start of the study drug)
副次アウトカム評価項目/Key secondary outcomes 視力(投与開始から6か月後)視野(投与開始から6・12か月後)、中心フリッカ値(投与開始から6・12か月後)、網膜厚(投与開始から6・12か月後) Visual acuity (at 6 months after the start of the study drug), Visual field (at 6 and 12 months after the start of the study drug), Critical flicker frequency (at 6 and 12 months after the start of the study drug), central retinal thickness (at 6 and 12 months after the start of the study drug)

アウトカム評価項目には、可能な限り評価の時期の情報(例:投与開始から12週後など)も含めてください。また、評価項目としては、単に「安全性」「有効性」などとするのではなく、実際に測定する検査項目の名称を具体的にご記入ください。また、主要アウトカム評価項目は最も主要な1項目のみとし、2項目以降は副次アウトカム評価項目としてください。

基本事項/Base
試験の種類/Study type 介入/Interventional

試験デザイン/Study design
基本デザイン/Basic design 単群/Single arm
ランダム化/Randomization 非ランダム化/Non-randomized
ランダム化の単位/Randomization unit
ブラインド化/Blinding オープン/Open -no one is blinded
コントロール/Control 無対照/Uncontrolled
層別化/Stratification
動的割付/Dynamic allocation
試験実施施設の考慮/Institution consideration
ブロック化/Blocking
割付コードを知る方法/Concealment

介入/Intervention
群数/No. of arms 1
介入の目的/Purpose of intervention 治療・ケア/Treatment
介入の種類/Type of intervention
医薬品/Medicine
介入1/Interventions/Control_1 1. 試験薬
Idebenone:900mg/dayを投与する。
2. 対象
レーベル遺伝性視神経症と診断された症例(予定数として50症例前後)
3. 対象除外
① 喫煙者
② 肝機能異常
③ 痙攣発作・せん妄・幻覚が出現したもの
④ 妊婦・産婦・授乳婦
⑤ 無顆粒球症が出現したもの
⑥ 慢性腎不全
⑦ 本剤に対してアナフィラキシーショックの既往があるもの
4. 投与期間
6か月間内服する。
5. 試験スケジュール:
下記のスケジュールで自覚的,他覚的検査を実施する.
① 開始時:視力・限界フリッカ値・ハンフリー視野(30-2)・網膜神経線維層厚・f-MRIの測定、ミトコンドリア遺伝子変異の探索
② 8週間後:視力・限界フリッカ値・ハンフリー視野(30-2)・網膜神経線維層厚・f-MRIの測定
③ 16週間後:視力・限界フリッカ値・ハンフリー視野(30-2)・網膜神経線維層厚・f-MRIの測定
④ 24週間後:視力・限界フリッカ値・ハンフリー視野(30-2)・網膜神経線維層厚・f-MRIの測定
⑤ 32週間後:視力・限界フリッカ値・ハンフリー視野(30-2)・網膜神経線維層厚・f-MRIの測定
⑥ 40週間後:視力・限界フリッカ値・ハンフリー視野(30-2)・網膜神経線維層厚・f-MRIの測定
⑦ 48週間後:視力・限界フリッカ値・ハンフリー視野(30-2)・網膜神経線維層厚・f-MRIの測定
1. Clinical trial medicine: Idebenone 900mg/day
2. Objectives: 50 patients with LHON
3. Exclusion criteria:
a) A smoker
b) A patient with abnormality of hepatic function
c) A patient who present seizures, delirium and hallucination
d) Pregnancy or Lactation
e) A patient who is associated with agranulocytosis
f) A patient with chronic renal failure
g) A patient with anaphylactic shock against Idebenone
4. Duration of drug administration: 6 months
5. Examinations schedules: Both subjective and objective examinations are performed as following schedules;
a) At the base line: Visual acuity (VA), Critical flicker frequency (CFF), Visual field (VF: Humphry 30-2), central retinal thickness (CRT), functional MRI (f-MRI), searching the mitochondrial mutation
b) 8 weeks: VA, CFF, VF, CRT, f-MRI
c) 16 weeks: VA, CFF, VF, CRT, f-MRI
d) 24 weeks: VA, CFF, VF, CRT, f-MRI
e) 32 weeks: VA, CFF, VF, CRT, f-MRI
f) 40 weeks: VA, CFF, VF, CRT, f-MRI
g) 48 weeks: VA, CFF, VF, CRT, f-MRI
介入2/Interventions/Control_2

介入3/Interventions/Control_3

介入4/Interventions/Control_4

介入5/Interventions/Control_5

介入6/Interventions/Control_6

介入7/Interventions/Control_7

介入8/Interventions/Control_8

介入9/Interventions/Control_9

介入10/Interventions/Control_10


介入1~10には、介入の期間(何日間投与、介入するか)、介入の量(投与量や線量など)、介入の回数、頻度など、内容を可能な限り詳しく記載してください。とくに、投薬や機器使用の介入の場合、期間は必ず含めてください。

適格性/Eligibility
年齢(下限)/Age-lower limit
10 歳/years-old 以上/<=
年齢(上限)/Age-upper limit
80 歳/years-old 以下/>=
性別/Gender 男女両方/Male and Female
選択基準/Key inclusion criteria レーベル遺伝性視神経症と遺伝学的に診断された症例 50 patients with LHON
除外基準/Key exclusion criteria 対象除外
① 喫煙者
② 肝機能異常
③ 痙攣発作・せん妄・幻覚が出現したもの
④ 妊婦・産婦・授乳婦
⑤ 無顆粒球症が出現したもの
⑥ 慢性腎不全
⑦ 本剤に対してアナフィラキシーショックの既往があるもの
a) A smoker
b) A patient with abnormality of hepatic function
c) A patient who present seizures, delirium and hallucination
d) Pregnancy or Lactation
e) A patient who is associated with agranulocytosis
f) A patient with chronic renal failure
g) A patient with anaphylactic shock against Idebenone
目標参加者数/Target sample size 50

責任研究者/Research contact person
責任研究者/Last name of lead principal investigator

ミドルネーム
石川裕人

ミドルネーム
Hiroto Ishikawa
所属組織/Organization 兵庫医科大学 Hyogo College of Medicine
所属部署/Division name 眼科学 Ophthalmology
郵便番号/Zip code
住所/Address 兵庫県西宮市武庫川町1-1 1-1, Mukogawa-cho, Nishinomiya, Hyogo, Japan 663-8501
電話/TEL 0798-45-6462
Email/Email ohmyeye@hyo-med.ac.jp

試験問い合わせ窓口/Public contact
試験問い合わせ窓口担当者/1st name of contact person

ミドルネーム
石川 裕人

ミドルネーム
Hiroto Ishikawa
組織名/Organization 兵庫医科大学 Hyogo College of Medicine
部署名/Division name 眼科学 Ophthalmology
郵便番号/Zip code
住所/Address 兵庫県西宮市武庫川町1-1 1-1, Mukogawa-cho, Nishinomiya, Hyogo, Japan 663-8501
電話/TEL 0798-45-6462
試験のホームページURL/Homepage URL
Email/Email ohmyeye@hyo-med.ac.jp

実施責任組織/Sponsor
機関名/Institute その他 Hyogo College of Medicine
機関名/Institute
(機関選択不可の場合)
兵庫医科大学
部署名/Department

実施責任組織に設定する適切な機関が存在しない場合は、「その他」を選択し、「機関名(機関選択不可の場合)」に実施責任組織の機関名、及び組織名を直接入力して下さい。

研究費提供組織/Funding Source
機関名/Organization 自己調達 Hyogo College of Medicine
機関名/Organization
(機関選択不可の場合)
兵庫医科大学
組織名/Division
組織の区分/Category of Funding Organization 自己調達/Self funding
研究費拠出国/Nationality of Funding Organization


研究費提供組織に設定する適切な機関が存在しない場合は、「その他」を選択し、「機関名(機関選択不可の場合)」に研究費提供組織の機関名、及び組織名を直接入力して下さい。

その他の関連組織/Other related organizations
共同実施組織/Co-sponsor 北里大学
東京慈恵医科大学
東京医科大学
Kitasato University
Jikei University School of Medicine
Tokyo Medical University
その他の研究費提供組織/Name of secondary funder(s)


IRB等連絡先(公開)/IRB Contact (For public release)
組織名/Organization

住所/Address

電話/Tel
Email/Email

他機関から発行された試験ID/Secondary IDs
他機関から発行された試験ID/Secondary IDs いいえ/NO
試験ID1/Study ID_1
ID発行機関1/Org. issuing International ID_1

試験ID2/Study ID_2
ID発行機関2/Org. issuing International ID_2

治験届/IND to MHLW

試験実施施設/Institutions
試験実施施設名称/Institutions 兵庫医科大学病院(兵庫県)

その他の管理情報/Other administrative information
一般公開日(本登録希望日)/Date of disclosure of the study information
2015 06 20

関連情報/Related information
プロトコル掲載URL/URL releasing protocol
試験結果の公開状況/Publication of results 中間解析等の途中公開/Partially published

結果/Result
結果掲載URL/URL related to results and publications
組み入れ参加者数/Number of participants that the trial has enrolled
主な結果/Results
イデベノン加療後、約半数の患者で視野の改善を認めた
Almost 50% of patients with LHON who received LHON for 6 months improved their visual field.
主な結果入力日/Results date posted
結果掲載遅延/Results Delayed
結果遅延理由/Results Delay Reason

最初の試験結果の出版日/Date of the first journal publication of results
参加者背景/Baseline Characteristics

参加者の流れ/Participant flow

有害事象/Adverse events

評価項目/Outcome measures

個別症例データ共有計画/Plan to share IPD

個別症例データ共有計画の詳細/IPD sharing Plan description


試験進捗状況/Progress
試験進捗状況/Recruitment status 参加者募集終了‐試験継続中/No longer recruiting
プロトコル確定日/Date of protocol fixation
2013 10 01
倫理委員会による承認日/Date of IRB
登録・組入れ開始(予定)日/Anticipated trial start date
2013 10 01
フォロー終了(予定)日/Last follow-up date
2017 09 30
入力終了(予定)日/Date of closure to data entry
2017 09 30
データ固定(予定)日/Date trial data considered complete
2017 09 30
解析終了(予定)日/Date analysis concluded
2017 09 30

その他/Other
その他関連情報/Other related information


管理情報/Management information
登録日時/Registered date
2015 06 17
最終更新日/Last modified on
2017 09 21


閲覧ページへのリンク/Link to view the page
URL(日本語) https://upload.umin.ac.jp/cgi-open-bin/ctr/ctr_view.cgi?recptno=R000020747
URL(英語) https://upload.umin.ac.jp/cgi-open-bin/ctr_e/ctr_view.cgi?recptno=R000020747


UMIN臨床試験登録システムのご使用に関するお問い合わせは、こちらのお問い合わせフォーム からお願いいたします。それ以外のお問い合わせは、 こちら よりお願い致します。