UMIN-CTR 臨床試験登録情報の閲覧

BACK TOP
UMIN-CTR ホーム 用語の説明(簡易版) 用語の説明(詳細版)--準備中 FAQ

利用者名:
UMIN ID:

試験進捗状況 試験終了/Completed
UMIN試験ID UMIN000003627
受付番号 R000004400
科学的試験名 急性肺水腫の定量的評価による病態解析に関する多施設共同前向き試験
一般公開日(本登録希望日) 2010/05/17
最終更新日 2013/11/17

※ 本ページ収載の情報は、臨床試験に関する情報公開を目的として、UMINが開設しているUMIN臨床試験登録システムに提供された臨床試験情報です。
※ 特定の医薬品や治療法等については、医療関係者や一般の方に向けて広告することは目的としていません。


基本情報/Basic information
一般向け試験名/Public title 急性肺水腫の定量的評価による病態解析に関する多施設共同前向き試験 Prospective multicenter study on the quantitative pathophysiological assessment of acute pulmonary edema
一般向け試験名略称/Acronym 急性肺水腫の定量的評価に関する多施設共同前向き試験 Prospective multicenter study on the quantitative assessment of acute pulmonary edema
科学的試験名/Scientific Title 急性肺水腫の定量的評価による病態解析に関する多施設共同前向き試験 Prospective multicenter study on the quantitative pathophysiological assessment of acute pulmonary edema
科学的試験名略称/Scientific Title:Acronym 急性肺水腫の定量的評価に関する多施設共同前向き試験 Prospective multicenter study on the quantitative assessment of acute pulmonary edema
試験実施地域/Region
日本/Japan

対象疾患/Condition
対象疾患名/Condition 急性肺水腫 acute pulmonary edema
疾患区分1/Classification by specialty
救急医学/Emergency medicine 集中治療医学/Intensive care medicine
疾患区分2/Classification by malignancy 悪性腫瘍以外/Others
ゲノム情報の取扱い/Genomic information いいえ/NO

目的/Objectives
目的1/Narrative objectives1 動脈圧波形解析による連続心拍出量測定装置を用いた肺内水分動態の解析により、急性肺水腫症例を心原性および非心原性(肺血管透過性亢進による急性肺損傷/急性呼吸促迫症候群)肺水腫に定量的に鑑別診断すること
肺内水分動態の解析には、肺血管外水分量(extravascular lung water index, ELWI)および肺血管透過性係数(pulmonary vascular permeability index, PVPI)を使用する。
本研究においては肺血管外水分量 > 10 mL/kgを肺水腫と定義した。
The purpose of this study is to establish the quantitative differential criteria of cardiogenic edema and ALI/ARDS (permeability edema) using transpulmonary thermodilution technique monitoring. To assessed the pathophysioly of pulmonary edema, pulmonary vascular permeability index (PVPI) by extravascular lung water index (ELWI)/pulmonary blood volume index was used. Pulmonary edema was defined as ELWI >10mL/kg.
目的2/Basic objectives2 その他/Others
目的2 -その他詳細/Basic objectives -Others ELWIおよびPVPIにより肺水腫とその病態を評価し、心原性/非心原性肺水腫の定量的に鑑別すること To establish the quantitative criteria of cardiogenic edema and ALI/ARDS using ELWI and PVPI
試験の性質1/Trial characteristics_1 検証的/Confirmatory
試験の性質2/Trial characteristics_2 実務的/Pragmatic
試験のフェーズ/Developmental phase 該当せず/Not applicable

評価/Assessment
主要アウトカム評価項目/Primary outcomes 急性肺水腫症例を心原性および非心原性(肺血管透過性亢進による急性肺損傷/急性呼吸促迫症候群)肺水腫に定量的に鑑別診断するための肺血管外水分量(extravascular lung water index, ELWI)および肺血管透過性係数(pulmonary vascular permeability index, PVPI)のカットオフ値を求めること。 To establish the quantitative differential criteria of cardiogenic edema and ALI/ARDS (permeability edema), using pulmonary vascular permeability index (PVPI) and extravascular lung water index (ELWI).
副次アウトカム評価項目/Key secondary outcomes 1)ELWIに対する血清アルブミン値,血清浸透圧値の影響
2)PVPIとcapillary leak indexの比較検討
3)急性肺水腫症例におけるシベレスタットナトリウムの有用性の検討
4)肺血管水分量,肺血管透過性係数およびアンチトロンビンIII活性による重症度判定と予後予測
5)予測体重に基づく肺血管外水分量指数による予後予測
6)直接損傷と間接損傷からみた肺血管外水分量と肺血管透過性係数
7)BNP、proBNP、creatinineと肺血管外水分量および肺血管透過性指数の関係
8)急性期DICscoreと肺血管外水分量、肺血管透過性指数の関係
9)肺血管外水分量と肺血管透過性指数と28日生存率と人工呼吸器管理期間の評価
10)急性肺水腫発症時における肺血管外水分量と肺血管透過性指数と肺コンプライアンスとPEEPの関係
11)Procalcitoninおよび急性相炎症反応と肺血管外水分量、肺血管透過性指数の関係
1) Effects of serum albumin level and osmolarity on ELWI
2) Assessment of the relationship between PVPI and capillary leak index
3) Effect of selective neutrophil elastase inhibitor on patients with acute pulmonary edema
4) Assessment of severity and prognosis using ELWI, PVPI, and plasma antithrombin activity
5) Prognostic value of ELWI calculated from predicted body weight
6) Differences of EVLW and PVPI between direct and indirect injury
7) Relationship between serum BNP, NT-proBNP, creatinine and ELWI, PVPI.
8) Relationship between DIC and ELWI, PVPI
9) Relationship between ELWI, PVPI and 28-day mortarityl, period of time on mechanical ventilation.
10) Relationship between ELWI, PVPI measured at the onset of acute pulmonary edema and quasi-static lung compliance, PEEP level.
11)Relationship between procalcitonin, acutephase reactants and ELWI, PVPI

基本事項/Base
試験の種類/Study type 観察/Observational

試験デザイン/Study design
基本デザイン/Basic design
ランダム化/Randomization
ランダム化の単位/Randomization unit
ブラインド化/Blinding
コントロール/Control
層別化/Stratification
動的割付/Dynamic allocation
試験実施施設の考慮/Institution consideration
ブロック化/Blocking
割付コードを知る方法/Concealment

介入/Intervention
群数/No. of arms
介入の目的/Purpose of intervention
介入の種類/Type of intervention
介入1/Interventions/Control_1

介入2/Interventions/Control_2

介入3/Interventions/Control_3

介入4/Interventions/Control_4

介入5/Interventions/Control_5

介入6/Interventions/Control_6

介入7/Interventions/Control_7

介入8/Interventions/Control_8

介入9/Interventions/Control_9

介入10/Interventions/Control_10


適格性/Eligibility
年齢(下限)/Age-lower limit
15 歳/years-old 以上/<=
年齢(上限)/Age-upper limit

適用なし/Not applicable
性別/Gender 男女両方/Male and Female
選択基準/Key inclusion criteria 48時間以上の人工呼吸管理を要すると判断される急性呼吸不全症例で、呼吸循環動態の評価のために動脈圧波形解析による連続心拍出量測定装置によるモニタリングを要し、①PaO2 /FIO2(P/F) ratio < 300、②胸部X線写真にて両側性浸潤影を呈するもの Patients ventilated (expected over 48 hours) for acute respiratory failure with P/F ratio <300 and bilateral infiltration on chest radiograph requiring transpulmonary thermodilution technique monitoring
除外基準/Key exclusion criteria 1) PaO2 /FIO2 ratio < 300の呼吸不全発症後5日以上経過したもの
2) COPDなどの慢性呼吸不全を有するもの
3) 肺切除術後症例
4) 肺血栓塞栓を有するもの
5) 閉塞性動脈硬化症などの重篤な血管閉塞性疾患を有するもの
6) 心係数 < 1.5 L/min/m2の心原性ショックを呈するもの
7) 動脈圧波形解析を用いた連続心拍出量測定装置による体液循環動態評価が不適切なもの
8) その他、主治医の判断で不適切と考えられるもの
1) Over 5 days from the onset of acute respiratory failure with PaO2 /FIO2 ratio < 300
2) Chronic respiratory insufficiency (COPD, et al)
3) After pulmonary resection / pneumonectomy
4) Pulmonary thromboembolism
5) Severe peripheral arterial disease (ASO, et al)
6) Cardiogenic shock with cardiac index < 1.5 L/min/m2
7) Inappropriate for evaluation with transpulmonary thermodilution technique
8) Attending physician's decision for inappropriateness for inclusion
目標参加者数/Target sample size 200

責任研究者/Research contact person
責任研究者/Name of lead principal investigator

ミドルネーム
久志本成樹

ミドルネーム
Shigeki Kushimoto, M.D.
所属組織/Organization 東北大学大学院医学系研究科 Tohoku University Graduate School of Medicine
所属部署/Division name 救急医学分野 Division of Emergency Medicine
郵便番号/Zip code
住所/Address 〒980-8574 仙台市青葉区星陵町2-1 2-1 Seiryo-machi, Aoba-ku, Sendai 980-8574, Japan
電話/TEL 022-717-7487
Email/Email

試験問い合わせ窓口/Public contact
試験問い合わせ窓口担当者/Name of contact person

ミドルネーム
久志本成樹

ミドルネーム
Shigeki Kushimoto, M.D.
組織名/Organization 東北大学大学院医学系研究科 Tohoku University Graduate School of Medicine
部署名/Division name 救急医学分野 Division of Emergency Medicine
郵便番号/Zip code
住所/Address 〒980-8574 仙台市青葉区星陵町2-1 2-1 Seiryo-machi, Aoba-ku, Sendai 980-8574, Japan
電話/TEL 022-717-7487
試験のホームページURL/Homepage URL
Email/Email kussie@emergency-medicine.med.tohoku.ac.jp

実施責任組織/Sponsor
機関名/Institute その他 Tohoku University Graduate School of Medicine
機関名/Institute
(機関選択不可の場合)
東北大学大学院医学系研究科
部署名/Department

研究費提供組織/Funding Source
機関名/Organization その他 none
機関名/Organization
(機関選択不可の場合)
なし
組織名/Division
組織の区分/Category of Funding Organization 自己調達/Self funding
研究費拠出国/Nationality of Funding Organization


その他の関連組織/Other related organizations
共同実施組織/Co-sponsor

その他の研究費提供組織/Name of secondary funder(s)


IRB等連絡先(公開)/IRB Contact (For public release)
組織名/Organization

住所/Address

電話/Tel
Email/Email

他機関から発行された試験ID/Secondary IDs
他機関から発行された試験ID/Secondary IDs いいえ/NO
試験ID1/Study ID_1
ID発行機関1/Org. issuing International ID_1

試験ID2/Study ID_2
ID発行機関2/Org. issuing International ID_2

治験届/IND to MHLW

試験実施施設/Institutions
試験実施施設名称/Institutions 東京医科歯科大学医学部附属病院
独立行政法人国立病院機構災害医療センター
東京女子医科大学東医療センター
日本大学医学部附属板橋病院
聖マリアンナ医科大学病院
日本医科大学多摩永山病院
日本医科大学千葉北総病院
川口市立医療センター
自治医科大学附属病院
関西医科大学附属枚方病院
大阪市立総合医療センター
奈良県立医科大学附属病院
兵庫医科大学病院
神戸大学医学部附属病院
高知大学医学部附属病院
北海道大学病院
東北大学病院
福岡大学病院
健和会 大手町病院
長崎大学医学部・歯学部附属病院
久留米大学病院
名古屋大学医学部附属病院
社会保険中京病院
会津中央病院
日本医科大学付属病院

その他の管理情報/Other administrative information
一般公開日(本登録希望日)/Date of disclosure of the study information
2010 05 17

関連情報/Related information
プロトコル掲載URL/URL releasing protocol
試験結果の公開状況/Publication of results 最終結果が公表されている/Published

結果/Result
結果掲載URL/URL related to results and publications
組み入れ参加者数/Number of participants that the trial has enrolled
主な結果/Results 以下に示す論文として発表した。
Critical Care 2012, 16:R232
Critical Care 2013; 17:R132
Critical Care 2013; 17:418
Main results were published in the following manuscripts;
Critical Care 2012, 16:R232
Critical Care 2013; 17:R132
Critical Care 2013; 17:418
主な結果入力日/Results date posted
結果掲載遅延/Results Delayed
結果遅延理由/Results Delay Reason

最初の試験結果の出版日/Date of the first journal publication of results
参加者背景/Baseline Characteristics

参加者の流れ/Participant flow

有害事象/Adverse events

評価項目/Outcome measures

個別症例データ共有計画/Plan to share IPD

個別症例データ共有計画の詳細/IPD sharing Plan description


試験進捗状況/Progress
試験進捗状況/Recruitment status 試験終了/Completed
プロトコル確定日/Date of protocol fixation
2008 10 13
倫理委員会による承認日/Date of IRB
登録・組入れ開始(予定)日/Anticipated trial start date
2009 01 01
フォロー終了(予定)日/Last follow-up date
2012 03 01
入力終了(予定)日/Date of closure to data entry
2012 03 01
データ固定(予定)日/Date trial data considered complete
2012 08 01
解析終了(予定)日/Date analysis concluded
2014 03 31

その他/Other
その他関連情報/Other related information 心原性および非心原性肺水腫の鑑別は、臨床症状(画像診断、心臓超音波検査を含む)、PVPIを除く血行動態および肺内外水分動態とその推移、治療経過、検査結果など総合的に評価し、集中治療、呼吸器、救急専門医よりなる評価判定委員会により判断する。判定医にはPVPIを明らかにしない。 The cause of pulmonary edema was determined by three or more experts, taking into account medical history, clinical features, respiratory and hemodynamic variables, clinical course with therapy. Experts were blind for PVPI.

管理情報/Management information
登録日時/Registered date
2010 05 17
最終更新日/Last modified on
2013 11 17


閲覧ページへのリンク/Link to view the page
URL(日本語) https://upload.umin.ac.jp/cgi-open-bin/ctr/ctr_view.cgi?recptno=R000004400
URL(英語) https://upload.umin.ac.jp/cgi-open-bin/ctr_e/ctr_view.cgi?recptno=R000004400

研究計画書
登録日時 ファイル名

研究症例データ仕様書
登録日時 ファイル名

研究症例データ
登録日時 ファイル名


UMIN臨床試験登録システムのご使用に関するお問い合わせは、こちらのお問い合わせフォーム からお願いいたします。それ以外のお問い合わせは、 こちら よりお願い致します。