UMIN-CTR 臨床試験登録情報の閲覧

BACK TOP
UMIN-CTR ホーム 用語の説明(簡易版) 用語の説明(詳細版)--準備中 FAQ

利用者名:
UMIN ID:

試験進捗状況 試験終了/Completed
UMIN試験ID UMIN000003870
受付番号 R000004657
科学的試験名 腎内RA系亢進のnon-dipper型血圧日内リズムへ及ぼす影響
一般公開日(本登録希望日) 2010/07/08
最終更新日 2012/09/30

※ 本ページ収載の情報は、臨床試験に関する情報公開を目的として、UMINが開設しているUMIN臨床試験登録システムに提供された臨床試験情報です。
※ 特定の医薬品や治療法等については、医療関係者や一般の方に向けて広告することは目的としていません。


基本情報/Basic information
一般向け試験名/Public title 腎内RA系亢進のnon-dipper型血圧日内リズムへ及ぼす影響 Intrarenal RAAS Activity can Modify Circadian
Blood Pressure Rhythm in CKD
一般向け試験名略称/Acronym 腎内RA系亢進とnon-dipper Intrarenal RAAS & Non-dipper
科学的試験名/Scientific Title 腎内RA系亢進のnon-dipper型血圧日内リズムへ及ぼす影響 Intrarenal RAAS Activity can Modify Circadian
Blood Pressure Rhythm in CKD
科学的試験名略称/Scientific Title:Acronym 腎内RA系亢進とnon-dipper Intrarenal RAAS & Non-dipper
試験実施地域/Region
日本/Japan

対象疾患/Condition
対象疾患名/Condition 慢性腎臓病 Chronic Kidney Disease (CKD)
疾患区分1/Classification by specialty
循環器内科学/Cardiology 腎臓内科学/Nephrology
疾患区分2/Classification by malignancy 悪性腫瘍以外/Others
ゲノム情報の取扱い/Genomic information いいえ/NO

目的/Objectives
目的1/Narrative objectives1 私たちは、腎機能の低下につれて日中に排泄しきれなかったナトリウムを排泄するための代償機転として、夜間降圧が阻害されることが、慢性腎臓病 (CKD) におけるnon-dipper型血圧日内リズムの本態であることを明らかとしました (Kidney Int 2004, Hypertension 2008)。私たちは腎機能が低下していなくともインシュリン抵抗性の亢進や耐糖能の低下によって尿細管ナトリウム再吸収が亢進し夜間高血圧を引き起こすことも報告しています。さらにアンジオテンシン受容体拮抗薬が尿細管ナトリウム再吸収を抑制しnon-dipperをdipperに改善することを報告しています(J Hypertens 2008)。理論的にアンジオテンシン受容体拮抗薬単独による尿細管ナトリウム再吸収抑制は利尿薬による尿細管ナトリウム再吸収抑制ほどは強くありません。アンジオテンシン受容体拮抗薬が尿細管ナトリウム再吸収を抑制しnon-dipperをdipperに改善させる程度は治療前にnon-dipperの程度が強いほど期待できたことから、腎内でレニン‐アンジオテンシン系が亢進しアンジオテンシンIIが尿細管でのナトリウム再吸収を亢進させており、この程度が強いほどアンジオテンシン受容体拮抗薬に反応したのだと考えられました。この仮説を直接証明することは困難であるものの、もしも腎内でレニン‐アンジオテンシン系が亢進しているほど、血圧や尿中ナトリウム排泄がnon-dipper型の日内リズムを呈するならば仮説がより支持されると考えました。今回共同研究を担う米国チュレーン大学生理学教室の研究グループは腎内でレニン‐アンジオテンシン系が亢進すると腎組織におけるアンジオテンシノーゲン発現が増強することを発見しました。そこで腎生検組織におけるアンジオテンシノーゲン発現が増強しているほど、血圧や尿中ナトリウム排泄がnon-dipper型の日内リズムを呈するかどうか検討することを目的としました。 To address renal mechanism for non-dipper circadian rhythm of blood pressure (BP), we have postulated that both reduced glomerular ultrafiltration coefficient and enhanced tubular sodium reabsorption cause high sodium-sensitivity resulting in the defect in sodium excretory capacity. This in turn makes BP elevated during the night (non-dipper) in order to compensate for diminished natriuresis during daytime, thereby causing enhanced pressure natriuresis during the night. In fact, for patients with insulin resistance, diabetes mellitus, metabolic syndrome, and primary aldosteronism, non-dipper BP rhythm was noted despite preserved renal function. We also reported in patients with biopsy-proved glomerular diseases, as renal function deteriorated, nighttime BP was elevated. However, among these patients, some showed non-dipper BP rhythm even with preserved renal function. Consistent with this theory, we found that angiotensin receptor blocker could restore non-dipper circadian BP rhythm accompanied by increase in daytime natriuresis. We previously showed that the intrarenal activation of renin-angiotensin-aldosterone system (RAAS), which may stimulate tubular sodium reabsorption, could be caused by the augmentation of proximal tubular angiotensinogen (AGT) expression. Therefore, this study was performed to examine whether subjects with non-dipper BP rhythm showed increased AGT expression in renal proximal tubules in patients with CKD.
目的2/Basic objectives2 その他/Others
目的2 -その他詳細/Basic objectives -Others 非介入状態での病態の評価 Test the physiologic condition with no treatment.
試験の性質1/Trial characteristics_1 検証的/Confirmatory
試験の性質2/Trial characteristics_2 実務的/Pragmatic
試験のフェーズ/Developmental phase 該当せず/Not applicable

評価/Assessment
主要アウトカム評価項目/Primary outcomes 腎生組織内のAGT発現が強いほど、尿細管Na再吸収が亢進して血圧や尿Na排泄がnon-dipperとなるか? Examine whether subjects with non-dipper rhythms of BP and natriuresis showed increased AGT expression in renal biopsy specimens (especially in proximal tubules) accompanied by enhanced tubular sodium reabsorption in patients with CKD.
副次アウトカム評価項目/Key secondary outcomes 終日血圧値、糸球体濾過量 24h BPs, glomerular filtration rate (GFR)

基本事項/Base
試験の種類/Study type 観察/Observational

試験デザイン/Study design
基本デザイン/Basic design
ランダム化/Randomization
ランダム化の単位/Randomization unit
ブラインド化/Blinding
コントロール/Control
層別化/Stratification
動的割付/Dynamic allocation
試験実施施設の考慮/Institution consideration
ブロック化/Blocking
割付コードを知る方法/Concealment

介入/Intervention
群数/No. of arms
介入の目的/Purpose of intervention
介入の種類/Type of intervention
介入1/Interventions/Control_1

介入2/Interventions/Control_2

介入3/Interventions/Control_3

介入4/Interventions/Control_4

介入5/Interventions/Control_5

介入6/Interventions/Control_6

介入7/Interventions/Control_7

介入8/Interventions/Control_8

介入9/Interventions/Control_9

介入10/Interventions/Control_10


適格性/Eligibility
年齢(下限)/Age-lower limit
15 歳/years-old 以上/<=
年齢(上限)/Age-upper limit

適用なし/Not applicable
性別/Gender 男女両方/Male and Female
選択基準/Key inclusion criteria 調査対象期間内に当院において腎生検を受けた患者さんのうち、生検当時に24時間血圧測定・日中夜間別の蓄尿を受けている方。 The subjects were patients with CKD, who underwent renal biopsy, 24h-ABPM, and urinary sampling for daytime and night-time under hospitalization at Nagoya City University Hospital.
除外基準/Key exclusion criteria 腎生検時に利尿薬や降圧薬・アンジオテンシン系抑制薬を服用している方、腎生検前2ケ月以内にステロイドや免疫抑制薬の増量を要した方。著明な浮腫のある方。 1) Usage of antihypertensive agents, imcluding diuretics and RAAS inhibitors.
2) Increase in the dosages of steroids or immunosuppressor for 2 months before renal biopsy
3) Nephrotic syndrome with severe edema
目標参加者数/Target sample size 40

責任研究者/Research contact person
責任研究者/Name of lead principal investigator

ミドルネーム
福田 道雄

ミドルネーム
Michio Fukuda
所属組織/Organization 名古屋市立大学  Nagoya City University
所属部署/Division name 心臓・腎高血圧内科学 Cardio-Renal Medicine and Hypertension
郵便番号/Zip code
住所/Address 467-8601 名古屋市瑞穂区瑞穂町字川澄1 1 Kawasumi, Mizuho-ku, Nagoya 467-8601, Japan
電話/TEL +81-52-853-8221
Email/Email

試験問い合わせ窓口/Public contact
試験問い合わせ窓口担当者/Name of contact person

ミドルネーム
福田 道雄

ミドルネーム
Michio Fukuda
組織名/Organization 名古屋市立大学  Nagoya City University
部署名/Division name 心臓・腎高血圧内科学 Cardio-Renal Medicine and Hypertension
郵便番号/Zip code
住所/Address 467-8601 名古屋市瑞穂区瑞穂町字川澄1 1 Kawasumi, Mizuho-ku, Nagoya 467-8601, Japan
電話/TEL +81-52-853-8221
試験のホームページURL/Homepage URL
Email/Email m-fukuda@med.nagoya-cu.ac.jp

実施責任組織/Sponsor
機関名/Institute その他 Nagoya City University Cardio-Renal Medicine and Hypertension
機関名/Institute
(機関選択不可の場合)
名古屋市立大学 心臓・腎高血圧内科学
部署名/Department

研究費提供組織/Funding Source
機関名/Organization その他 none
機関名/Organization
(機関選択不可の場合)
なし
組織名/Division
組織の区分/Category of Funding Organization 自己調達/Self funding
研究費拠出国/Nationality of Funding Organization


その他の関連組織/Other related organizations
共同実施組織/Co-sponsor チュレーン大学 ヘルスサイエンスセンター生理学教室 Department of Physiology and Hypertension and Renal Center of Excellence, Tulane University Health Sciences Center
その他の研究費提供組織/Name of secondary funder(s)


IRB等連絡先(公開)/IRB Contact (For public release)
組織名/Organization

住所/Address

電話/Tel
Email/Email

他機関から発行された試験ID/Secondary IDs
他機関から発行された試験ID/Secondary IDs いいえ/NO
試験ID1/Study ID_1
ID発行機関1/Org. issuing International ID_1

試験ID2/Study ID_2
ID発行機関2/Org. issuing International ID_2

治験届/IND to MHLW

試験実施施設/Institutions
試験実施施設名称/Institutions 名古屋市立大学病院(愛知県)

その他の管理情報/Other administrative information
一般公開日(本登録希望日)/Date of disclosure of the study information
2010 07 08

関連情報/Related information
プロトコル掲載URL/URL releasing protocol
試験結果の公開状況/Publication of results 最終結果が公表されている/Published

結果/Result
結果掲載URL/URL related to results and publications
組み入れ参加者数/Number of participants that the trial has enrolled
主な結果/Results
尿細管AGTが強く発現しているほど、尿細管Na再吸収が亢進し、血圧の日内リズムはよりnon-dipper となった (J Hypertens 30:1453-1459, 2012)。
Tubular sodium reabsorption is stimulated by intrarenal angiotensin II, as indicated by proximal tubular AGT, and contributes to the genesis of the non-dipper BP rhythm  (J Hypertens 30:1453-1459, 2012).
主な結果入力日/Results date posted
結果掲載遅延/Results Delayed
結果遅延理由/Results Delay Reason

最初の試験結果の出版日/Date of the first journal publication of results
参加者背景/Baseline Characteristics

参加者の流れ/Participant flow

有害事象/Adverse events

評価項目/Outcome measures

個別症例データ共有計画/Plan to share IPD

個別症例データ共有計画の詳細/IPD sharing Plan description


試験進捗状況/Progress
試験進捗状況/Recruitment status 試験終了/Completed
プロトコル確定日/Date of protocol fixation
2010 01 27
倫理委員会による承認日/Date of IRB
登録・組入れ開始(予定)日/Anticipated trial start date
2010 02 01
フォロー終了(予定)日/Last follow-up date
2010 07 01
入力終了(予定)日/Date of closure to data entry
2011 06 01
データ固定(予定)日/Date trial data considered complete
2011 07 01
解析終了(予定)日/Date analysis concluded
2011 07 01

その他/Other
その他関連情報/Other related information 後ろ向き観察研究 Retrospective Cohort Study

管理情報/Management information
登録日時/Registered date
2010 07 05
最終更新日/Last modified on
2012 09 30


閲覧ページへのリンク/Link to view the page
URL(日本語) https://upload.umin.ac.jp/cgi-open-bin/ctr/ctr_view.cgi?recptno=R000004657
URL(英語) https://upload.umin.ac.jp/cgi-open-bin/ctr_e/ctr_view.cgi?recptno=R000004657

研究計画書
登録日時 ファイル名

研究症例データ仕様書
登録日時 ファイル名

研究症例データ
登録日時 ファイル名


UMIN臨床試験登録システムのご使用に関するお問い合わせは、こちらのお問い合わせフォーム からお願いいたします。それ以外のお問い合わせは、 こちら よりお願い致します。