UMIN-CTR 臨床試験登録情報の閲覧

BACK TOP
UMIN-CTR ホーム 用語の説明(簡易版) 用語の説明(詳細版)--準備中 FAQ

利用者名:
UMIN ID:

試験進捗状況 試験終了/Completed
UMIN試験ID UMIN000005125
受付番号 R000006092
科学的試験名 塩酸ニムスチンを用いたconvection enhanced delivery 法とテモゾロミド内服による脳幹部再発神経膠腫の治療 ―Phase I臨床試験―
一般公開日(本登録希望日) 2011/02/22
最終更新日 2018/03/31

※ 本ページ収載の情報は、臨床試験に関する情報公開を目的として、UMINが開設しているUMIN臨床試験登録システムに提供された臨床試験情報です。
※ 特定の医薬品や治療法等については、医療関係者や一般の方に向けて広告することは目的としていません。


基本情報/Basic information
一般向け試験名/Public title 塩酸ニムスチンを用いたconvection enhanced delivery 法とテモゾロミド内服による脳幹部再発神経膠腫の治療 ―Phase I臨床試験― Phase I study of Convection-enhanced delivery of Nimustine Hydrochloride combined with oral Temozolomide against recurrent gliomas at brainstem
一般向け試験名略称/Acronym 脳幹部再発神経膠腫に対するACNU/CEDとTMZ内服の併用治療 CED of ACNU plus oral TMZ against recurrent gliomas at brainstem: Phase I study
科学的試験名/Scientific Title 塩酸ニムスチンを用いたconvection enhanced delivery 法とテモゾロミド内服による脳幹部再発神経膠腫の治療 ―Phase I臨床試験― Phase I study of Convection-enhanced delivery of Nimustine Hydrochloride combined with oral Temozolomide against recurrent gliomas at brainstem
科学的試験名略称/Scientific Title:Acronym 脳幹部再発神経膠腫に対するACNU/CEDとTMZ内服の併用治療 CED of ACNU plus oral TMZ against recurrent gliomas at brainstem: Phase I study
試験実施地域/Region
日本/Japan

対象疾患/Condition
対象疾患名/Condition 脳幹部再発神経膠腫 recurrent glioma at brainstem
疾患区分1/Classification by specialty
脳神経外科学/Neurosurgery
疾患区分2/Classification by malignancy 悪性腫瘍/Malignancy
ゲノム情報の取扱い/Genomic information いいえ/NO

目的/Objectives
目的1/Narrative objectives1 脳幹部再発神経膠腫に対するnimustine hydrochloride (ACNU)のConvection-enhanced Delivery法による投与とTemozolomide化学療法を併用した治療法の安全性を第I相試験にて検証する(投与するACNUの至適投与量を決定することを目的とする)。 Phase I study to evaluate the safety of combination of convection-enhanced delivery of nimustine hydrochloride and oral temozolomide against recurrent glioma at brainstem. This study is designed to find the appropriate dose of nimustine hydrochloride.
目的2/Basic objectives2 安全性/Safety
目的2 -その他詳細/Basic objectives -Others

試験の性質1/Trial characteristics_1 検証的/Confirmatory
試験の性質2/Trial characteristics_2 実務的/Pragmatic
試験のフェーズ/Developmental phase 第Ⅰ相/Phase I

評価/Assessment
主要アウトカム評価項目/Primary outcomes ACNUのMaximum tolerable concentration (MTC)の決定 Determination of maximum tolerable concentration of ACNU
副次アウトカム評価項目/Key secondary outcomes 奏効割合、6ヶ月生存率、全生存期間 Response rate, 6 months survival, Overall survival

基本事項/Base
試験の種類/Study type 介入/Interventional

試験デザイン/Study design
基本デザイン/Basic design 単群/Single arm
ランダム化/Randomization 非ランダム化/Non-randomized
ランダム化の単位/Randomization unit
ブラインド化/Blinding オープン/Open -no one is blinded
コントロール/Control 無対照/Uncontrolled
層別化/Stratification
動的割付/Dynamic allocation
試験実施施設の考慮/Institution consideration
ブロック化/Blocking
割付コードを知る方法/Concealment

介入/Intervention
群数/No. of arms 1
介入の目的/Purpose of intervention 治療・ケア/Treatment
介入の種類/Type of intervention
医薬品/Medicine 手技/Maneuver
介入1/Interventions/Control_1 最初3症例に対してACNU濃度0.25 mg/ml(含Gd-DOTA 1mM:これはどの薬剤濃度でも一定とする)の薬液を7ml CED法にて注入(注入量は一定にする)する。開始投与濃度で重篤な有害事象を認めなければ、その2倍濃度→さらにその1.5倍濃度→さらにその1.2倍濃度と抗癌剤投与量を増量し、各投与群3例のうち重篤な有害事象が出現しなければ次の量へ増量を繰り返し、1例でも重篤な有害事象が認められた場合、さらに3例被験者を追加して、6例中3例以上重篤な有害事象が認められた場合はDLTとする(2例以下なら、さらに増量)。この方法でDLTを決定し、その一つ下の濃度をMTC(最大耐用濃度:maximum tolerable concentration)とする。最初の投与濃度で6例中3例以上重篤な有害事象が出現する場合、濃度を1/2に減量する。減量は1/2で同様に行っていく。投与濃度決定のための有害事象の確認は本研究の投与開始日より14日以上経過したMRIにて決定する。 First 3 cases receive convection- enhanced delivery of 7ml solution (volume is fixed to 7 ml throughout the study) of 0.25 mg/ml nimustine hydrochloride (mixed with 1mM Gd-DOTA: this concentration will be constant independent of concentration of ACNU). If no adverse event observed with this starting concentration, another 3 cases receive twice higher concentration, then 3 cases with 1.5 times higher concentration, then 3 cases with 1.2 times higher concentration. Concentration will be elevated by 1.2 times in this manner until severe adverse events will be recorded. If any severe adverse events observed within each 3 cases, another 3 cases receive the same concentration. If more than 3 in 6 cases suffer severe adverse events, this will be defined as dose-limiting toxicity. If dose-limiting toxicity was found in this method, the one step lower concentration will be defined as maximum tolerable concentration. If more than 3 cases out of 6 cases suffer severe adverse events at starting concentration, concentration will be cut to half. MRI obtained at least 14 days after initiation of CED need to be evaluated to determine the existence of adverse events.
介入2/Interventions/Control_2

介入3/Interventions/Control_3

介入4/Interventions/Control_4

介入5/Interventions/Control_5

介入6/Interventions/Control_6

介入7/Interventions/Control_7

介入8/Interventions/Control_8

介入9/Interventions/Control_9

介入10/Interventions/Control_10


適格性/Eligibility
年齢(下限)/Age-lower limit

適用なし/Not applicable
年齢(上限)/Age-upper limit

適用なし/Not applicable
性別/Gender 男女両方/Male and Female
選択基準/Key inclusion criteria 1) 臨床的、放射線画像診断的に脳幹部再発神経膠腫と考えられる症例を対象とする。放射線画像診断的には、脳幹部に病変を有するもので、延髄、橋、中脳のいずれかの50%以上の領域を侵す、もしくはこれらのうち2つ以上の部位に及ぶ病変(Diffuse intrinsic pontine glioma)、あるいは視床、小脳等の原発悪性神経膠腫の脳幹部再発病変(これらの症例は原発巣の組織診断が得られている必要あり)を対象とする。病理組織診断は望ましいが必須としない(脳幹部という部位的特徴により採取困難な例も多いため)。
2) 標準的治療(放射線療法、TMZを用いた化学療法)の施行後にもかかわらず腫瘍増大を示す症例。
3) 本研究以前の4週間以内に他の治療が施行されていない症例。
4) 適切な臓器機能を有する。
   白血球(>3,000/mm3)&#8226;ヘモグロビン(>8.0 g/dl)&#8226;血小板(>10x104/mm3)&#8226;GOT (<100 IU/l)&#8226;GPT (<100 IU/l)&#8226;クレアチニン(<1.5 mg/dl) を満たす(登録前14日以内の検査)
5) 試験参加について被験者本人から同意文書(コンセント)が得られている。(但し、説明内容の理解、同意が可能であっても、神経症状によって患者本人の署名が困難である場合、患者本人の同意の確認の署名を代筆者が行っても良い。)20歳未満の未成年患者に関しては、代諾者(保護者)の説明同意文書への署名とともに被験者本人からも法的規制を受けない意志確認書を取得する。意思確認書への署名は中学生以上を対象とするが、中学生未満の場合も、小児用説明文書を使用し、できるだけ、意思確認書への署名を取得するようにする。しかしながら年齢、理解力、神経症状のため署名が困難である場合は、代諾者(保護者)に署名された同意文書に本人から口頭同意がとられたことを記載する。
1) Cases diagnosed clinically as well as radiologically as recurrent glioma at brainstem will be recruited. Recurrent cases of diffuse brainstem glioma as well as recurrent cases of gliomas originating from surrounding structure, i.e. thalamus, cerebellum, etc, and infiltrating brainstem will be included. In the recurrent cases of glioma originating from surrounding structure, histological diagnosis of the initial tumor is necessary. Since the disease occupy brainstem region, histological diagnosis of brainstem lesion is not necessary.
2) Recurrent cases after treatment with standard regimen; radiation plus oral temozolomide.
3) At least 4 weeks interval from prior radiation and/or chemotherapy.
4) Appropriate systemic condition: WBC (>3,000/mm3), Hb (>8.0 g/dl), Plt (>10x104/mm3), GOT (<100 IU/l), GPT (<100 IU/l), Cre (<1.5 mg/dl) should be cleared (within 14days of study initiation)
5) Informed consent taken from the patient. If it is difficult to get the signature of patient due to neurological deficits, representative person may sign as long as patient is able to understand and give his approval.
除外基準/Key exclusion criteria 1) 活動性の重複がんを有する
2) 治療が必要な髄膜炎または肺炎を合併
3) 妊娠中、妊娠の可能性がある、あるいは授乳中の女性
4) 活動性の炎症所見が存在する (CRP≧2.0)
5) 重篤な肝機能障害が存在する (GOT>100 IU/l もしくは GPT>100 IU/l)
6) 骨髄機能不全が存在する白血球(<3,000/mm3)&#8226;ヘモグロビン(<8.0 g/dl)&#8226;血小板(<10x104/mm3)
7) 腎不全が存在するクレアチニン(>1.5 mg/dl)
8) 出血素因を有する
9) 抗凝固薬あるいは抗血小板薬を内服している
10) 精神病あるいは精神症状を合併しており試験への参加が困難と判断される
11) コントロール不良の糖尿病を合併
12) 3ヶ月以内の心筋梗塞の既往もしくは不安定狭心症を有する
13) 肺繊維症または間質性肺炎の既往を有する
1) Co-existence of uncured cancer.
2) Co-existence of meningitis or pneumonia that require treatment.
3) Pregnant women or possibly pregnant women or breast feeding women
4) Existence of active inflammation (CRP>2.0)
5) Severe liver dysfunction (GOT>100 IU/l or GPT>100 IU/l)
6) Existence of bone marrow insufficiency: WBC(<3,000/mm3), Hb (<8.0 g/dl), Plt(<10x104/mm3)
7) Renal dysfunction: Cre (>1.5 mg/dl)
8) Existence of hemorrhagic diathesis
9) Patients taking anti-coagulants or anti-platelet agents.
10) Existence of mental disorder that makes participation to this study difficult.
11) Poor control of diabetes mellitus
12) Past history of acute myocardial infarction within 3 months or unstable angina.
13) Past history of pulmonary fibrosis or interstitial pneumoniae.
目標参加者数/Target sample size 15

責任研究者/Research contact person
責任研究者/Name of lead principal investigator

ミドルネーム
冨永 悌二

ミドルネーム
Teiji Tominaga
所属組織/Organization 東北大学大学院医学系研究科 Tohoku University Graduate School of Medicine
所属部署/Division name 神経外科学 Department of Neurosurgery
郵便番号/Zip code
住所/Address 仙台市青葉区星陵町1-1 1-1 Seiryo-cho, Aoba-ku, Sendai
電話/TEL 022-717-7230
Email/Email

試験問い合わせ窓口/Public contact
試験問い合わせ窓口担当者/Name of contact person

ミドルネーム
齋藤 竜太

ミドルネーム
Ryuta Saito
組織名/Organization 東北大学大学院医学系研究科 Tohoku University Graduate School of Medicine
部署名/Division name 神経外科学 Department of Neurosurgery
郵便番号/Zip code
住所/Address 仙台市青葉区星陵町1-1 1-1 Seiryo-cho, Aoba-ku, Sendai
電話/TEL 022-717-7230
試験のホームページURL/Homepage URL
Email/Email ryuta@nsg.med.tohoku.ac.jp

実施責任組織/Sponsor
機関名/Institute その他 Department of Neurosurgery, Tohoku University Graduate School of Medicine
機関名/Institute
(機関選択不可の場合)
東北大学大学院医学系研究科神経外科学
部署名/Department

研究費提供組織/Funding Source
機関名/Organization その他 Tohoku University
機関名/Organization
(機関選択不可の場合)
東北大学
組織名/Division
組織の区分/Category of Funding Organization 自己調達/Self funding
研究費拠出国/Nationality of Funding Organization


その他の関連組織/Other related organizations
共同実施組織/Co-sponsor

その他の研究費提供組織/Name of secondary funder(s)


IRB等連絡先(公開)/IRB Contact (For public release)
組織名/Organization

住所/Address

電話/Tel
Email/Email

他機関から発行された試験ID/Secondary IDs
他機関から発行された試験ID/Secondary IDs いいえ/NO
試験ID1/Study ID_1
ID発行機関1/Org. issuing International ID_1

試験ID2/Study ID_2
ID発行機関2/Org. issuing International ID_2

治験届/IND to MHLW

試験実施施設/Institutions
試験実施施設名称/Institutions 東北大学病院 Tohoku University Hospital

その他の管理情報/Other administrative information
一般公開日(本登録希望日)/Date of disclosure of the study information
2011 02 22

関連情報/Related information
プロトコル掲載URL/URL releasing protocol
試験結果の公開状況/Publication of results 未公表/Unpublished

結果/Result
結果掲載URL/URL related to results and publications
組み入れ参加者数/Number of participants that the trial has enrolled
主な結果/Results

主な結果入力日/Results date posted
結果掲載遅延/Results Delayed
結果遅延理由/Results Delay Reason

最初の試験結果の出版日/Date of the first journal publication of results
参加者背景/Baseline Characteristics

参加者の流れ/Participant flow

有害事象/Adverse events

評価項目/Outcome measures

個別症例データ共有計画/Plan to share IPD

個別症例データ共有計画の詳細/IPD sharing Plan description


試験進捗状況/Progress
試験進捗状況/Recruitment status 試験終了/Completed
プロトコル確定日/Date of protocol fixation
2010 11 30
倫理委員会による承認日/Date of IRB
登録・組入れ開始(予定)日/Anticipated trial start date
2011 02 01
フォロー終了(予定)日/Last follow-up date
2016 08 01
入力終了(予定)日/Date of closure to data entry
データ固定(予定)日/Date trial data considered complete
解析終了(予定)日/Date analysis concluded

その他/Other
その他関連情報/Other related information


管理情報/Management information
登録日時/Registered date
2011 02 22
最終更新日/Last modified on
2018 03 31


閲覧ページへのリンク/Link to view the page
URL(日本語) https://upload.umin.ac.jp/cgi-open-bin/ctr/ctr_view.cgi?recptno=R000006092
URL(英語) https://upload.umin.ac.jp/cgi-open-bin/ctr_e/ctr_view.cgi?recptno=R000006092

研究計画書
登録日時 ファイル名

研究症例データ仕様書
登録日時 ファイル名

研究症例データ
登録日時 ファイル名


UMIN臨床試験登録システムのご使用に関するお問い合わせは、こちらのお問い合わせフォーム からお願いいたします。それ以外のお問い合わせは、 こちら よりお願い致します。