UMIN-CTR 臨床試験登録情報の閲覧

BACK TOP
UMIN-CTR ホーム 用語の説明(簡易版) 用語の説明(詳細版)--準備中 FAQ

利用者名:
UMIN ID:

試験進捗状況 試験終了/Completed
UMIN試験ID UMIN000013218
受付番号 R000015424
科学的試験名 シタグリプチンの血糖改善効果および脂質代謝への影響に関する研究(GLORIA)
一般公開日(本登録希望日) 2014/02/21
最終更新日 2018/08/03

※ 本ページ収載の情報は、臨床試験に関する情報公開を目的として、UMINが開設しているUMIN臨床試験登録システムに提供された臨床試験情報です。
※ 特定の医薬品や治療法等については、医療関係者や一般の方に向けて広告することは目的としていません。


基本情報/Basic information
一般向け試験名/Public title シタグリプチンの血糖改善効果および脂質代謝への影響に関する研究(GLORIA) Effects of Sitagliptin on Glycemic Control and Lipoprotein Metabolism (GLORIA)
一般向け試験名略称/Acronym シタグリプチンの血糖改善効果および脂質代謝への影響に関する研究(GLORIA) Effects of Sitagliptin on Glycemic Control and Lipoprotein Metabolism (GLORIA)
科学的試験名/Scientific Title シタグリプチンの血糖改善効果および脂質代謝への影響に関する研究(GLORIA) Effects of Sitagliptin on Glycemic Control and Lipoprotein Metabolism (GLORIA)
科学的試験名略称/Scientific Title:Acronym シタグリプチンの血糖改善効果および脂質代謝への影響に関する研究(GLORIA) Effects of Sitagliptin on Glycemic Control and Lipoprotein Metabolism (GLORIA)
試験実施地域/Region
日本/Japan

対象疾患/Condition
対象疾患名/Condition 2型糖尿病 Type 2 diabetes
疾患区分1/Classification by specialty
循環器内科学/Cardiology 内分泌・代謝病内科学/Endocrinology and Metabolism
疾患区分2/Classification by malignancy 悪性腫瘍以外/Others
ゲノム情報の取扱い/Genomic information いいえ/NO

目的/Objectives
目的1/Narrative objectives1 2型糖尿病患者へのシタグリプチン投与は血糖改善効果のみならず脂質代謝および脂質酸化マーカー(HETE、HODE等)の改善に有用かどうかを薬剤投与前後で検討する。 To examine the efficacy of Sitagliptin for improving hyperglycemia, lipoprotein metabolism and lipid oxidation markers (HETE, HODE, etc.) in patients with type 2 diabetes
目的2/Basic objectives2 有効性/Efficacy
目的2 -その他詳細/Basic objectives -Others

試験の性質1/Trial characteristics_1 検証的/Confirmatory
試験の性質2/Trial characteristics_2 実務的/Pragmatic
試験のフェーズ/Developmental phase 該当せず/Not applicable

評価/Assessment
主要アウトカム評価項目/Primary outcomes 投与開始時、投与後12週の以下の項目についてその変動を評価する。
・脂質酸化マーカー(HODE,HETE)
Changes in the following items will be evaluated at the beginning of administration and after the 12th week of administration.
- Lipid oxidation markers (HODE, HETE)
副次アウトカム評価項目/Key secondary outcomes 以下の項目のシタグリプチン投与前後の変動の評価
>空腹時血糖コントロール状態
>HbA1c(国際標準値またはJDS値)
>血漿トリグリセリド(TG)、総コレステロール(TC)、HDL-コレステロール、LDL-コレステロール
>アディポネクチン、インスリン、グルカゴン
>遊離脂肪酸(FFA)
>アポリポ蛋白(AI, AII, B, CII, CIII, E), apoB-48,
>オメンチン, RemL-C、シスタチンC、エンドトキシン
副作用(低血糖症)発症頻度  
-Evaluation of following levels before and after the administration of Sitagliptin
>Fasting Glucose
>HbA1c(NGSP or JDS)
>Triglyceride, total cholesterol, HDL-cholesterol, LDL-cholesterol
>adiponectin, insulin, glucagon
>free fatty acids(FFA)
>apolipoproteinAI, AII, B, CII, CIII, E, apoB-48
>omentin, RemL-C, CystatinC, endotoxin
- Incidence of side effects (hypoglycemia)

基本事項/Base
試験の種類/Study type 介入/Interventional

試験デザイン/Study design
基本デザイン/Basic design 単群/Single arm
ランダム化/Randomization 非ランダム化/Non-randomized
ランダム化の単位/Randomization unit
ブラインド化/Blinding オープン/Open -no one is blinded
コントロール/Control 無対照/Uncontrolled
層別化/Stratification
動的割付/Dynamic allocation
試験実施施設の考慮/Institution consideration
ブロック化/Blocking
割付コードを知る方法/Concealment

介入/Intervention
群数/No. of arms 1
介入の目的/Purpose of intervention 治療・ケア/Treatment
介入の種類/Type of intervention
医薬品/Medicine
介入1/Interventions/Control_1 シタグリプチン50mg 1錠を1日1回,12週間経口投与する.
ただし,治療目標を基準に100mgまで増量も可能とする。
One 50-mg tablet of Sitagliptin will be orally administered once daily for 12 weeks. Based on the therapeutic target, the dose can be increased to 100 mg.
介入2/Interventions/Control_2

介入3/Interventions/Control_3

介入4/Interventions/Control_4

介入5/Interventions/Control_5

介入6/Interventions/Control_6

介入7/Interventions/Control_7

介入8/Interventions/Control_8

介入9/Interventions/Control_9

介入10/Interventions/Control_10


適格性/Eligibility
年齢(下限)/Age-lower limit
20 歳/years-old 以上/<=
年齢(上限)/Age-upper limit

適用なし/Not applicable
性別/Gender 男女両方/Male and Female
選択基準/Key inclusion criteria 1.20歳以上の2型糖尿病患者で、以下の基準を満たし、空腹時血糖値( FPG)≧126mg/dL、HbA1cが 8.4%以下(NGSP値)【8.0%以下(JDS値)】の患者。

添付文書記載の下記のいずれかの治療で十分な効果を得られない症例
1)食事療法、運動療法のみ
2)食事療法、運動療法に加えてスルホニルウレア剤を使用
*スルホニルウレア剤(アマリール、オイグルコン、グリミクロン、ダオニール)
※ただし下記除外基準を満たす場合は不可とする。
3)食事療法、運動療法に加えてチアゾリジン系薬剤を使用
*チアゾリジン系薬剤(アクトス)
4)食事療法、運動療法に加えてビグアナイド系薬剤を使用
*ビグアナイド系薬剤(メルビン、グリコラン、ジベトス B、メトグルコ)
5)食事療法、運動療法に加えてα -グルコシダゼ阻害剤を使用
*α-グルコシダーゼ阻害剤(ベイスン、セイブル、グルコバイ)
6)食事療法、運動療法に加えてインスリン製剤を使用

2.本試験の参加にあたり、十分な説明を受けた後、理解の上、患者本人の自由意思による同意が書面により取得できた患者
1. Patients with type 2 diabetes aged >20 years old who meet the following criteria and have fasting blood glucose (FPG) >126 mg/dL and HbA1c <8.4% (NGSP) or <8.0% (JDS)
Patients who have not shown a sufficient response to any of the following treatments described in the package insert
1) Diet therapy and exercise therapy only
2) Use of a sulfonylurea drug in addition to diet therapy and exercise therapy
Sulfonylurea drug (Amaryl, Euglucon, Glimicron and Daonil)
Patients who meet the following exclusion criteria will be excluded.
3) Use of a thiazolidine drug in addition to diet therapy and exercise therapy
Thiazolidine drug (Actos)
4) Use of a biguanide drug in addition to diet therapy and exercise therapy
Biguanide drug (Melbin, Glycoran, Dibetos B and Metgluco)
5) Use of an alpha-glucosidase inhibitor in addition to diet therapy and exercise therapy
alpha-glucosidase inhibitor (Basen, Seibule and Glucobay)
6) Use of an insulin product in addition to diet therapy and exercise therapy
2. Patients who give written informed consent to participate in the study on a voluntary basis after receiving and understanding a sufficient explanation of the study
除外基準/Key exclusion criteria 1.1型糖尿病の患者
2.血清クレアチニン値( mg/dL):男性 Cr>2.5 女性 Cr>2.0を満たす重症腎障害患者(血液透析を含む)
3.下記用量を越えたスルホニルウレア剤をすでに使用している患者でシタグリプチン追加投与の際のスルホニルウレア剤の減量が出来ないと臨床上判断した患者(アマリール: 2mg、オイグルコン 1.25mg、グリミクロン:40mg)シタグリプチン追加の際に SU薬の減量基準として下記事項が定められている。「グリメピリド(アマリール) 2mg/日を超えて使用している患者は 2mg/日以下に減じる。グリベンクラミド(オイグルコン、ダオニール)1.25mg/日を超えて使用している患者は 1.25㎎/日以下に減じる。グリクラジド(グリミクロン)40㎎/日を超えて使用している患者は 40mg/日以下に減じる。」
4.シタグリプチン、アログリプチン、ビルダグリプチンをすでに内服している患者
5. 1カ月以内にスタチン系、フィブラート系、エゼチミブ、プロブコール薬の新規投薬を開始した患者
6.妊娠中あるいは妊娠している可能性のある患者
7.治療中の甲状腺機能障害を有する患者
8. AST及び ALTが 100IU/L以上の重症肝機能障害を有する患者
9.既に他の臨床試験に参加している患者
10.その他、担当医が本研究に不適当と判断した患者
1. Patients with type 1 diabetes
2. Patients with severe renal disorder (including hemodialysis) with a serum creatinine (Cr) level (mg/dL) >2.5 for males and >2.0 for females
3. Patients who have already received a sulfonylurea drug at a higher dose than the following dose: (Amaryl: 2 mg, Euglucon: 1.25 mg, and Glimicron: 40 mg), when it is clinically judged that the dose of the sulfonylurea cannot be decreased when sitagliptin is added. The criteria for a decrease in the dose of the sulfonylurea when sitagliptin is added are as follows:
For patients who receive glimepiride (Amaryl) at a dose of >2 mg/day, the dose should be decreased to <2 mg/day.
For patients who receive glibenclamide (Euglucon and Daonil) at a dose of >1.25 mg/day, the dose should be decreased to <1.25 mg/day.
For patients who receive gliclazide (Glimicron) at a dose of >40 mg/day, the dose should be decreased to <40 mg/day.
4. Patients who have already taken Sitagliptin, Alogliptin, or Vildagliptin.
5. Patients who newly started taking a statin, fibrate, ezetimibe, or probucol within 1 month of the start of the study
6. Patients who are pregnant or may become pregnant
7. Patients receiving treatment for thyroid failure
8. Patients with severe hepatic dysfunction with AST and ALT >100 IU/L
9. Patients who have participated in another clinical study
10. Other patients who judged not to be eligible to participate in the study by their primary physician
目標参加者数/Target sample size 100

責任研究者/Research contact person
責任研究者/Name of lead principal investigator

ミドルネーム
山下静也

ミドルネーム
Shizuya Yamashita
所属組織/Organization 大阪大学大学院医学系研究科 Osaka University Graduate School of Medicine
所属部署/Division name 循環器内科学 Department of Cardiovascular Medicine
郵便番号/Zip code
住所/Address 大阪府吹田市山田丘2-2 2-2 Yamadaoka, Suita, Osaka
電話/TEL 06-6879-3633
Email/Email shizu@cardiology.med.osaka-u.ac.jp

試験問い合わせ窓口/Public contact
試験問い合わせ窓口担当者/Name of contact person

ミドルネーム
増田大作

ミドルネーム
Daisaku Masuda
組織名/Organization 大阪大学大学院医学系研究科 Osaka University Graduate School of Medicine
部署名/Division name 循環器内科学 Department of Cardiovascular Medicine
郵便番号/Zip code
住所/Address 大阪府吹田市山田丘2-2 2-2 Yamadaoka, Suita, Osaka
電話/TEL 06-6879-3633
試験のホームページURL/Homepage URL
Email/Email masuda@cardiology.med.osaka-u.ac.jp

実施責任組織/Sponsor
機関名/Institute その他 Osaka University Graduate School of Medicine, Department of Cardiovascular Medicine
機関名/Institute
(機関選択不可の場合)
大阪大学大学院医学系研究科循環器内科学
部署名/Department

研究費提供組織/Funding Source
機関名/Organization その他 The Supporting Center for Clinical Research and Education
機関名/Organization
(機関選択不可の場合)
特定非営利活動法人臨床研究・教育支援センター
組織名/Division
組織の区分/Category of Funding Organization 財団/Non profit foundation
研究費拠出国/Nationality of Funding Organization 日本 Japan

その他の関連組織/Other related organizations
共同実施組織/Co-sponsor

その他の研究費提供組織/Name of secondary funder(s)


IRB等連絡先(公開)/IRB Contact (For public release)
組織名/Organization

住所/Address

電話/Tel
Email/Email

他機関から発行された試験ID/Secondary IDs
他機関から発行された試験ID/Secondary IDs いいえ/NO
試験ID1/Study ID_1
ID発行機関1/Org. issuing International ID_1

試験ID2/Study ID_2
ID発行機関2/Org. issuing International ID_2

治験届/IND to MHLW

試験実施施設/Institutions
試験実施施設名称/Institutions 大阪中央病院(大阪府)、蒼生病院(大阪府)、リョーヤコマツクリニック(大阪府)

その他の管理情報/Other administrative information
一般公開日(本登録希望日)/Date of disclosure of the study information
2014 02 21

関連情報/Related information
プロトコル掲載URL/URL releasing protocol
試験結果の公開状況/Publication of results 最終結果が公表されている/Published

結果/Result
結果掲載URL/URL related to results and publications https://www.jstage.jst.go.jp/browse/jat
組み入れ参加者数/Number of participants that the trial has enrolled
主な結果/Results 糖尿病患者では脂質代謝異常のうち高中性脂肪(TG)血症の合併が高率である。空腹時高TG血症は食後のTG-richリポ蛋白代謝異常により形成される。この病態では小腸由来のカイロミクロンレムナント(CM-R)が増加しているが、これはLDLよりも強い動脈硬化惹起性を有している。一部の報告にDPP4阻害薬がII型糖尿病患者の空腹時および食後高脂血症を改善したとする報告があるが、具体的なリポ蛋白代謝の変化の検討はない。今回我々はシタグリプチン投与が糖尿病患者における脂質プロファイルにどのような影響を与えるかについて検討を行った。II型糖尿病(HbA1c<8.4%)と診断されている患者38例から研究の承諾を書面で得た。現在の糖尿病治療に加えてシタグリプチンを50mg/日で投与開始しHbA1c7.4%以下を目標に100mg/日まで増量可能とした。投与前、投与開始4、12週間後に空腹時採血を実施し、糖代謝マーカー(血糖、HbA1c、インスリン、グルカゴン)、脂質マーカー(LDL-C、HDL-C、TG、nonHDL-C)、リポ蛋白代謝マーカー(アポ蛋白AI、AII、B、CII、CIII、EおよびB-48、RemL-C、HPLCによるリポ蛋白分画ごとのTC・TG値)、さらにアディポネクチン・オメンチンを測定し、その変化をpaired t-testにて検討した。12週間の内服により空腹時血糖(投与前vs投与12週間後、150±47 vs 129±27 mg/dl, p<0.01)およびHbA1c(7.1±0.6 vs 6.6±0.7 mg/dl, p<0.001)は有意に低下したが、インスリン・グルカゴン値は変化を認めなかった。また脂質はLDL-C , HDL-Cに変化を認めなかったがTG(161±90 vs 130±66 mg/dl, p<0.01)およびnon HDL-C(129±29 vs 116±20 mg/dl, p<0.01)は有意に低下しすべてのアポ蛋白で有意に低下した。さらにapoB-48(7.8±6.7 vs 5.6±4.0 μg/ml, p<0.01)およびRemL-C(15.3±9.5 vs 12.0±7.9 mg/dl, p<0.05)は有意に低下し、リポ蛋白分画もVLDLおよびLDL分画で有意な低下を示していた。これらの変化はシタグリプチンの投与が糖代謝のみならず、リポ蛋白代謝(小腸および肝臓由来レムナント)の代謝のいずれも改善させていることを示唆した。シタグリプチンの投与は糖代謝のみならず動脈硬化惹起的なレムナント代謝も改善し得ることが判明した。 In patients with type II diabetes mellitus, fasting and postprandial hypertriglyceridemia (PHTG) is complicated. PHTG is supposed to be caused by the postprandial accumulation of remnant lipoproteins (VLDL remnants and chylomicron remnants), which are highly atherogenic. In the current study, we investigated whether the sitagliptin might ameliorate the impaired lipoprotein metabolism in patients with type II diabetes mellitus. We enrolled 38 patients with type II diabetes mellitus whose HbA1c levels were less than 8.4% and all patients gave written informed consents. The oral administration of sitagliptin(50mg/day) were started in addition to the current anti-diabetic treatments. The daily dose of sitagliptin was allowed to increase up to 100 mg/day in order to achieve low HbA1c level less than 7.4%. We compared biomarkers concerning glucose and lipoprotein metabolism before and after the administration of sitagliptin for twelve weeks. There were significant decreases in fasting glucose levels and HbA1c levels as well as fasting TG levels and non HDL-C levels. Biomarkers of remnant lipoproteins, fasting apolipoprotein(apo) B-48 and RemL-C levels were significantly decreased by sitagliptin. Moreover, there were significant decreases in other apolipoproteins such as apoB, apoC2, C3 and apoE. Cholesterol and TG concentrations of lipoprotein fractions in the size of VLDL and LDL were significantly decreased by sitagliptin assessed by the high performance liquid chromatography(HPLC) analysis. These findings indicated that the administration of sitagliptin improved the lipid and lipoprotein profile in patients with type II diabetes mellitus, which might be due to the decrease in atherogenic remnant lipoproteins.
主な結果入力日/Results date posted
結果掲載遅延/Results Delayed
結果遅延理由/Results Delay Reason

最初の試験結果の出版日/Date of the first journal publication of results
参加者背景/Baseline Characteristics

参加者の流れ/Participant flow

有害事象/Adverse events

評価項目/Outcome measures

個別症例データ共有計画/Plan to share IPD

個別症例データ共有計画の詳細/IPD sharing Plan description


試験進捗状況/Progress
試験進捗状況/Recruitment status 試験終了/Completed
プロトコル確定日/Date of protocol fixation
2012 06 14
倫理委員会による承認日/Date of IRB
登録・組入れ開始(予定)日/Anticipated trial start date
2012 07 01
フォロー終了(予定)日/Last follow-up date
2013 12 31
入力終了(予定)日/Date of closure to data entry
2014 12 31
データ固定(予定)日/Date trial data considered complete
2014 12 31
解析終了(予定)日/Date analysis concluded
2015 03 31

その他/Other
その他関連情報/Other related information https://www.jstage.jst.go.jp/browse/jat

管理情報/Management information
登録日時/Registered date
2014 02 21
最終更新日/Last modified on
2018 08 03


閲覧ページへのリンク/Link to view the page
URL(日本語) https://upload.umin.ac.jp/cgi-open-bin/ctr/ctr_view.cgi?recptno=R000015424
URL(英語) https://upload.umin.ac.jp/cgi-open-bin/ctr_e/ctr_view.cgi?recptno=R000015424

研究計画書
登録日時 ファイル名

研究症例データ仕様書
登録日時 ファイル名

研究症例データ
登録日時 ファイル名


UMIN臨床試験登録システムのご使用に関するお問い合わせは、こちらのお問い合わせフォーム からお願いいたします。それ以外のお問い合わせは、 こちら よりお願い致します。