UMIN-CTR 臨床試験登録情報の閲覧

BACK TOP
UMIN-CTR ホーム 用語の説明(簡易版) 用語の説明(詳細版)--準備中 FAQ

利用者名:
UMIN ID:

試験進捗状況 参加者募集終了‐試験継続中/No longer recruiting
UMIN試験ID UMIN000016534
受付番号 R000019194
科学的試験名 長期間のワーキングメモリ訓練による機能、形態、オミックスへの影響(「高次認知機能とその可塑性の神経基盤と遺伝的基盤・エピジェネティクス・遺伝子発現・血中タンパク・バイオマーカー連関」のプロジェクトの一部)
一般公開日(本登録希望日) 2015/02/15
最終更新日 2018/04/02

※ 本ページ収載の情報は、臨床試験に関する情報公開を目的として、UMINが開設しているUMIN臨床試験登録システムに提供された臨床試験情報です。
※ 特定の医薬品や治療法等については、医療関係者や一般の方に向けて広告することは目的としていません。


基本情報/Basic information
一般向け試験名/Public title 長期間のワーキングメモリ訓練による機能、形態、オミックスへの影響(「高次認知機能とその可塑性の神経基盤と遺伝的基盤・エピジェネティクス・遺伝子発現・血中タンパク・バイオマーカー連関」のプロジェクトの一部) Effects of prolonged working memory training on functions, structures and omics
一般向け試験名略称/Acronym 長期間のワーキングメモリ訓練による機能、形態、オミックスへの影響 Effects of prolonged working memory training on functions, structures and omics
科学的試験名/Scientific Title 長期間のワーキングメモリ訓練による機能、形態、オミックスへの影響(「高次認知機能とその可塑性の神経基盤と遺伝的基盤・エピジェネティクス・遺伝子発現・血中タンパク・バイオマーカー連関」のプロジェクトの一部) Effects of prolonged working memory training on functions, structures and omics
科学的試験名略称/Scientific Title:Acronym 長期間のワーキングメモリ訓練による機能、形態、オミックスへの影響 Effects of prolonged working memory training on functions, structures and omics
試験実施地域/Region
日本/Japan

対象疾患/Condition
対象疾患名/Condition 健常若年者 the healthy young
疾患区分1/Classification by specialty
成人/Adult 小児/Child
疾患区分2/Classification by malignancy 悪性腫瘍以外/Others
ゲノム情報の取扱い/Genomic information はい/YES

目的/Objectives
目的1/Narrative objectives1 長期間のワーキングメモリ訓練の下記の対象への検討
(a) 認知機能
(b) 個人の特性
(c) エピジェネティクス、プロテオミクス
(d) 神経メカニズム
To investigate the effects of prolonged WMT on
(a) cognitive functions
(b) individual traits
(c) epigenetics and proteomics
(d) neural change
目的2/Basic objectives2 有効性/Efficacy
目的2 -その他詳細/Basic objectives -Others

試験の性質1/Trial characteristics_1 その他/Others
試験の性質2/Trial characteristics_2 その他/Others
試験のフェーズ/Developmental phase 該当せず/Not applicable

評価/Assessment
主要アウトカム評価項目/Primary outcomes EQSQ質問紙、幸福度尺度、GPS尺度、TPS尺度、妬み傾向尺度、親和動機尺度、対人信頼感尺度、集団主義尺度、没入尺度、正当世界尺度、平等主義的性役割態度スケール、アイデンティティ尺度、恋愛観に関する尺度, 未来熟慮質問紙,IRI,エージェンシーに関する質問紙、Schizotypal Personality Questionnaire,、BIS,感謝尺度、サイコパシー質問紙、マキャベリズム質問紙、社会比較傾向質問紙、ハーディネス質問紙、サイコパシー質問紙、空想に関する質問紙,飽きに関する質問紙
TCI,NEO-FFI、CARRS
質問紙(POMS-2種類,認知的熟慮性衝動性尺度、青年用罪悪感質問紙、自意識尺度, 認知欲求尺度, 達成動機測定尺度,独自性欲求尺度、国民意識尺度、Locus of control尺度、性的態度尺度、楽観主義尺度、特性的自己効力感尺度、セルフハンディキャッピング尺度、日本的タイプA行動評定尺度、学習動機に関する尺度遂行機能障害質問紙、)
STAXI, 批判的思考尺度、ローゼンバーグ自尊感情尺度、Check list Strength,STAI,Beckの抑うつ尺度, パラノイアチェックリスト、知覚ストレス尺度、遅延割引き尺度,
GHQ30,QOL26,EQS
コンピュータ式ワーキングメモリテスト5種
Ravenマトリックステスト
読解テスト
田中式知能検査B
箱田式ストループ検査
S-A創造性検査
Remote associates test.
エピジェネティクス、プロテオミクス
脳体積、脳微細構造、脳血流、脳機能結合、脳活動
EQSQ questionnaires, well being scale, GPS, TPS, envy tendency scale, affiliation tendency scale, trust scale, groupism scale, preoccupation scale, justice world scale, sex role eagalitalianism scale, identifity scale, love scale, future meditation scale, IRI scale, agency scale, Schizotypal Personality Questionnaire, BIS, thankful scale, psychopathy scale, Machiavellism scale, social comparison tendency scale, hardiness scale, psychopathy scale, a questionnaire about imagination, tiredness scale, TCI, NEO-FFI, CARRS, POMS, cognitive reflectivity-impulsiveness scale, guilty scale, self conciousness scale, cognitive desire, achievement motivation scale, need for uniqueness scale, natinalism scale, locus of control scale, sexual attitude scale, optimism scale, self efficacy scale, self handicapping scale, Japanese type A scale, learning motivation scale, dysexecutive questionnaire,
STAXI, critical thinking scale, Rosesnberg self esteem scale, Check list Strength,STAI, Beck's depression scale, paranoia checklist, percieved stress scale, delay discounting scale, GHQ30,QOL26,EQS
computerized working memory tasks, Raven's advanced progressive matrix test, reading comprehension test, Tanaka's intelligence test type B, Stroop test, S-A creativity test, remote associate test, epigenetics, protemics, brain volume, brain microstructurl property, cerebral blood flow, functional connectivitiy, brain activation
副次アウトカム評価項目/Key secondary outcomes


基本事項/Base
試験の種類/Study type 介入/Interventional

試験デザイン/Study design
基本デザイン/Basic design 並行群間比較/Parallel
ランダム化/Randomization ランダム化/Randomized
ランダム化の単位/Randomization unit 集団/Cluster
ブラインド化/Blinding オープンだが測定者がブラインド化されている/Open -but assessor(s) are blinded
コントロール/Control プラセボ・シャム対照/Placebo
層別化/Stratification いいえ/NO
動的割付/Dynamic allocation いいえ/NO
試験実施施設の考慮/Institution consideration 施設を考慮していない/Institution is not considered as adjustment factor.
ブロック化/Blocking はい/YES
割付コードを知る方法/Concealment 準ランダム化/Pseudo-randomization

介入/Intervention
群数/No. of arms 3
介入の目的/Purpose of intervention 教育・カウンセリング・トレーニング/Educational,Counseling,Training
介入の種類/Type of intervention
その他/Other
介入1/Interventions/Control_1 鬼トレとよばれるDSソフトをプレイ。
約1年
鬼計算、鬼ブロック、鬼耳算とよばれる1日3課題を終了するまで行う。
できるだけなるべく毎日行ってもらう。
playing a soft called "oni-training"
about a year
3 tasks, oni-keisan, oni-block, oni-mimizan.
As many times as possible.
介入2/Interventions/Control_2 美文字トレーニングとよばれるDSソフトをプレイ。
約1年。
全文字挑戦とよばれるモードでプレイ。20分プレイ。100点をとってない文字を100点とれるまで簡単なものから順に3回だけがんばってもらう。
できるだけなるべく毎日行ってもらう。
playing a soft called "bimoji-training"
about a year.
playing the "all letters" training mode. play for 20 minutes.
As many times as possible.
介入3/Interventions/Control_3 無介入。
約1年。
no-intervention.
about a year.
介入4/Interventions/Control_4

介入5/Interventions/Control_5

介入6/Interventions/Control_6

介入7/Interventions/Control_7

介入8/Interventions/Control_8

介入9/Interventions/Control_9

介入10/Interventions/Control_10


適格性/Eligibility
年齢(下限)/Age-lower limit
18 歳/years-old 以上/<=
年齢(上限)/Age-upper limit
27 歳/years-old 以下/>=
性別/Gender 男女両方/Male and Female
選択基準/Key inclusion criteria ・ほぼ完全な右利き  ・ 18-27歳 ・ 日本語母語話者・東北大or宮教大か同等の学力大の所属大学生/大学院生・継続して飲んでいる一部の薬のない方 ・頭部外傷既往なし、神経疾患・精神疾患なし
・実験者の竹内光or品田貴光or丸山司の関わった認知テストなどを行う実験に以前に参加してない方 ・採血時の意識消失経験なし・学校教育以外での書道や指定の鬼トレゲームプレイ経験なし・現在のところ約1年後にもMRI実験に参加可能な日程があるはず、1年間多く(7,8割位の日程で1日20分ぐらいはDSゲームができる(もちろん卒業等で1年後仙台にいない予定の方は不可)。 
right handedness. 18-27 year old. Japanese native speakers. Students of Tohoku university, Miyagi education university, and graduate school or equivalent or more than equivalent level of schools. no experience of faint during blood sampling. no experience of shodo except at school education, oni-training, can participate in the experiment a year later, can play DS games for 20 minuets for more than 70-80% of the all days.
除外基準/Key exclusion criteria  ・体内・体表に金属・電子機器が埋め込めれている方
 ・閉所恐怖症の方,妊娠の可能性がある方  
Metal in and around the body.
Claustrophobia. Possibility of pregnancy.
目標参加者数/Target sample size 165

責任研究者/Research contact person
責任研究者/Name of lead principal investigator

ミドルネーム
川島隆太

ミドルネーム
Ryuta Kawashima
所属組織/Organization 東北大学加齢医学研究所 IDAC, Tohoku University.
所属部署/Division name 脳機能開発研究分野 Department of functional imaging.
郵便番号/Zip code
住所/Address 青葉区仙台市星陵町4-1 4-1, Seiryo-cho, Sendai city, Aoba-ku
電話/TEL 022-717-7988
Email/Email ryuta@idac.tohoku.ac.jp

試験問い合わせ窓口/Public contact
試験問い合わせ窓口担当者/Name of contact person

ミドルネーム
竹内光

ミドルネーム
Hikaru Takeuchi
組織名/Organization 東北大学加齢医学研究所 IDAC, Tohoku University
部署名/Division name 認知機能発達寄附研究部門 Division of developmental cognitive neuroscience
郵便番号/Zip code
住所/Address 仙台市青葉区星陵町4-1 4-1, Seiryo-cho, Aoba-ku, Sendai city
電話/TEL 022-717-8457
試験のホームページURL/Homepage URL
Email/Email takehi@idac.tohoku.ac.jp

実施責任組織/Sponsor
機関名/Institute その他 Tohoku university
機関名/Institute
(機関選択不可の場合)
東北大学
部署名/Department

研究費提供組織/Funding Source
機関名/Organization その他 chizaisozokeihi, nintendo's collaborative research fund, kakenhi
機関名/Organization
(機関選択不可の場合)
知財創造経費、任天堂との共同研究費、文科省科学研究費補助金
組織名/Division
組織の区分/Category of Funding Organization その他/Other
研究費拠出国/Nationality of Funding Organization


その他の関連組織/Other related organizations
共同実施組織/Co-sponsor

その他の研究費提供組織/Name of secondary funder(s)


IRB等連絡先(公開)/IRB Contact (For public release)
組織名/Organization

住所/Address

電話/Tel
Email/Email

他機関から発行された試験ID/Secondary IDs
他機関から発行された試験ID/Secondary IDs いいえ/NO
試験ID1/Study ID_1
ID発行機関1/Org. issuing International ID_1

試験ID2/Study ID_2
ID発行機関2/Org. issuing International ID_2

治験届/IND to MHLW

試験実施施設/Institutions
試験実施施設名称/Institutions

その他の管理情報/Other administrative information
一般公開日(本登録希望日)/Date of disclosure of the study information
2015 02 15

関連情報/Related information
プロトコル掲載URL/URL releasing protocol
試験結果の公開状況/Publication of results 未公表/Unpublished

結果/Result
結果掲載URL/URL related to results and publications
組み入れ参加者数/Number of participants that the trial has enrolled
主な結果/Results

主な結果入力日/Results date posted
結果掲載遅延/Results Delayed
結果遅延理由/Results Delay Reason

最初の試験結果の出版日/Date of the first journal publication of results
参加者背景/Baseline Characteristics

参加者の流れ/Participant flow

有害事象/Adverse events

評価項目/Outcome measures

個別症例データ共有計画/Plan to share IPD

個別症例データ共有計画の詳細/IPD sharing Plan description


試験進捗状況/Progress
試験進捗状況/Recruitment status 参加者募集終了‐試験継続中/No longer recruiting
プロトコル確定日/Date of protocol fixation
2015 01 26
倫理委員会による承認日/Date of IRB
登録・組入れ開始(予定)日/Anticipated trial start date
2015 01 29
フォロー終了(予定)日/Last follow-up date
2016 05 14
入力終了(予定)日/Date of closure to data entry
データ固定(予定)日/Date trial data considered complete
解析終了(予定)日/Date analysis concluded

その他/Other
その他関連情報/Other related information


管理情報/Management information
登録日時/Registered date
2015 02 13
最終更新日/Last modified on
2018 04 02


閲覧ページへのリンク/Link to view the page
URL(日本語) https://upload.umin.ac.jp/cgi-open-bin/ctr/ctr_view.cgi?recptno=R000019194
URL(英語) https://upload.umin.ac.jp/cgi-open-bin/ctr_e/ctr_view.cgi?recptno=R000019194

研究計画書
登録日時 ファイル名

研究症例データ仕様書
登録日時 ファイル名

研究症例データ
登録日時 ファイル名


UMIN臨床試験登録システムのご使用に関するお問い合わせは、こちらのお問い合わせフォーム からお願いいたします。それ以外のお問い合わせは、 こちら よりお願い致します。