UMIN-CTR 臨床試験登録情報の閲覧

BACK TOP
UMIN-CTR ホーム 用語の説明(簡易版) 用語の説明(詳細版)--準備中 FAQ

利用者名:
UMIN ID:

試験進捗状況 参加者募集終了‐試験継続中/No longer recruiting
UMIN試験ID UMIN000023009
受付番号 R000026438
科学的試験名 高リスク神経芽腫に対するdinutuximab、interleukin-2、G-CSF併用療法の第Ⅱb相試験
一般公開日(本登録希望日) 2016/07/04
最終更新日 2019/07/08

※ 本ページ収載の情報は、臨床試験に関する情報公開を目的として、UMINが開設しているUMIN臨床試験登録システムに提供された臨床試験情報です。
※ 特定の医薬品や治療法等については、医療関係者や一般の方に向けて広告することは目的としていません。


基本情報/Basic information
一般向け試験名/Public title 高リスク神経芽腫に対するdinutuximab、interleukin-2、G-CSF併用療法の第Ⅱb相試験
Phase 2b study of combined immunotherapy with dinutuximab, interleukin-2, and G-CSF for high risk neuroblastoma
一般向け試験名略称/Acronym GD2-PⅡ GD2-P2
科学的試験名/Scientific Title 高リスク神経芽腫に対するdinutuximab、interleukin-2、G-CSF併用療法の第Ⅱb相試験
Phase 2b study of combined immunotherapy with dinutuximab, interleukin-2, and G-CSF for high risk neuroblastoma
科学的試験名略称/Scientific Title:Acronym GD2-PⅡ GD2-P2
試験実施地域/Region
日本/Japan

対象疾患/Condition
対象疾患名/Condition 高リスク神経芽腫 high risk neuroblastoma
疾患区分1/Classification by specialty
血液・腫瘍内科学/Hematology and clinical oncology 小児科学/Pediatrics
疾患区分2/Classification by malignancy 悪性腫瘍/Malignancy
ゲノム情報の取扱い/Genomic information いいえ/NO

目的/Objectives
目的1/Narrative objectives1 高リスク神経芽腫の集学的治療終了後寛解例に対する維持療法として、dinutuximab、aldesleukin、sargramositim 、isotretinoinを併用する米国レジメンと比較して、dinutuximab、teceleukin、filgrastim 併用を行う日本レジメン(G療法)の有用性を評価する。 To evaluate the effiicacy of Japan regimen (G therapy) combining dinutuximab, teceleukin and filgrastim, compared to the US regimen combining dinutuximab, aldesleukin, sargramositim and isotretinoin as maintenance therapy for high risk neuroblastoma
目的2/Basic objectives2 有効性/Efficacy
目的2 -その他詳細/Basic objectives -Others

試験の性質1/Trial characteristics_1
試験の性質2/Trial characteristics_2
試験のフェーズ/Developmental phase

評価/Assessment
主要アウトカム評価項目/Primary outcomes 2年無増悪生存割合 Two-year event free survival
副次アウトカム評価項目/Key secondary outcomes ① 生存期間、(腫瘍残存例での)奏効割合、無増悪生存期間
② G療法、米国レジメンの有害事象プロファイル
③ G療法、米国レジメンADCC活性測定
④ 抗dinutuximab抗体(HACA)の産生割合
⑤ isotretinoinの体内薬物動態
1. Overall-survival, response rate and progression-free survival
2. Adverse event of G therapy and US regimen
3. ADCC activity in G therapy and US regimen
4. Production rate of human anti-chimeric antibody (HACA)
5. Pharmacokinetics of isotretinoin

基本事項/Base
試験の種類/Study type 介入/Interventional

試験デザイン/Study design
基本デザイン/Basic design 並行群間比較/Parallel
ランダム化/Randomization ランダム化/Randomized
ランダム化の単位/Randomization unit 個別/Individual
ブラインド化/Blinding オープン/Open -no one is blinded
コントロール/Control 実薬・標準治療対照/Active
層別化/Stratification
動的割付/Dynamic allocation
試験実施施設の考慮/Institution consideration
ブロック化/Blocking
割付コードを知る方法/Concealment

介入/Intervention
群数/No. of arms 2
介入の目的/Purpose of intervention 治療・ケア/Treatment
介入の種類/Type of intervention
医薬品/Medicine
介入1/Interventions/Control_1 ①G療法
G療法CSFレジメンとG療法IL2レジメンを交互に合計6コース行う。
1. G療法CSFレジメン
1日目から14日目までfilgrastim 5 μg/kgを皮下注射する。4日目から7日目にdinutuximab 17.5 mg/m2を投与する。
2. G療法IL2レジメン
1日目から4日目までteceleukin 75 万U/m2、8日目から11日目までteceleukin 100万U/m2を投与する。8日目から11日目にdinutuximab 17.5 mg/m2を投与する。
G therapy: Six courses of G therapy CSF regimen and G therapy IL2 regimen alternately.
1. G therapy CSF regimen
Subcutaneous injection of filgrastim 5 mcrg / kg from day 1 to day 14.
Intravenous administration of dinutuximab 17.5 mg / m2 from day 4 to day 7.
2. G therapy IL2 regimen
Intravenous administration of teceleukin 75 MU / m2 from day 1 to day 4 and from day 8 to day 11
Intravenous administration of dinutuximab 17.5 mg / m2 from day 4 to day 7
介入2/Interventions/Control_2 ②米国レジメン
米国CSFレジメンと米国IL2レジメンを交互に合計5コース行い、その後に、米国Isotretinoin単独レジメンを1コース行う。
1. 米国CSFレジメン
1日目から14日目までsargramostim 250 μg/m2を皮下注射する。4日目から7日目にdinutuximab 17.5 mg/m2を投与する。11日目から24日目までisotretinoin 160 mg/m2 (BW>12kg) or 5.33mg/kg (BW≦12kg) を分2にて内服する。
2. 米国IL2レジメン
1日目から4日目までaldesleukin 300万U/m2、8日目から11日目までaldesleukin 450万U/m2を投与する。8日目から11日目にdinutuximab 17.5 mg/m2を投与する。11日目から24日目までisotretinoin 160 mg/m2 (BW>12kg) or 5.33mg/kg (BW≦12kg) を分2にて内服する。
3. 米国Isotretinoin単独レジメン
14日間 isotretinoin 160 mg/m2 (BW>12kg) or 5.33mg/kg (BW≦12kg) を分2にて内服する。
US regimen: Five courses of US CSF regimen and US IL2 regimen alternately then one course of isotretinoin alone.
1. US CSF regimen
Subcutaneous injection of sargramostim 250 mcrg / kg from day 1 to day 14.
Intravenous administration of dinutuximab 17.5 mg / m2 from day 4 to day 7.
Orally 160 mg/m2 (BW >12 kg) or 5.33 mg/kg (BW <=12 kg) isotretionoin from day 11 to day 24
2. US IL2 regimen
Intravenous administration of aldesleukin 300 MU / m2 from day 1 to day 4 and from day 8 to day 11
Intravenous administration of dinutuximab 17.5 mg / m2 from day 4 to day 7
Orally 160 mg/m2 (BW >12 kg) or 5.33 mg/kg (BW <=12 kg) isotretionoin from day 11 to day 24
3. Isotretinoin regimen
Orally 160 mg/m2 (BW >12 kg) or 5.33 mg/kg (BW <=12 kg) isotretionoin from day 11 to day 24
介入3/Interventions/Control_3

介入4/Interventions/Control_4

介入5/Interventions/Control_5

介入6/Interventions/Control_6

介入7/Interventions/Control_7

介入8/Interventions/Control_8

介入9/Interventions/Control_9

介入10/Interventions/Control_10


適格性/Eligibility
年齢(下限)/Age-lower limit

適用なし/Not applicable
年齢(上限)/Age-upper limit
31 歳/years-old 未満/>
性別/Gender 男女両方/Male and Female
選択基準/Key inclusion criteria 1. 大量化学療法歴と放射線治療歴(但し完全切除例や原発不明例に関しては不要)を有する
2. 初回化学療法開始から末梢血幹細胞移植までの期間が12ヶ月未満である
3. 寛解導入療法終了時の画像評価において、初回化学療法の開始日±28日以内の画像に比して、いずれの病変も増大がなく、もしくは縮小が確認されている
4. 手術後腫瘍残存がある場合は、直近の28日以内かつ放射線治療終了後5日以降(放射線治療未実施例は不問)の画像評価において、21日以上前に撮影された術後画像と比して、いずれの残存病変も増大が認められない
5. 骨髄の腫瘍細胞が10%以下である
6. 自己幹細胞輸注後100日未満である。但し、自己末梢血輸注後に手術が施行された症例に関しては、自己末梢血幹細胞輸注から150日未満を許容する。
7. 抗GD2抗体の治療歴がない
8. PS(LanskyもしくはKarnofsky)が50%相当以上である
9. 14日以内の血液検査で臓器機能が保たれている
1. All patients must have completed therapy including intensive induction followed by ASCT and radiotherapy.
2. No more than 12 months from the date of starting the first induction chemotherapy after diagnosis to the date of ASCT.
3. At pre-ASCT evaluation patients must meet the INRC for CR, VGPR, or PR for any region.
4. For those with residual disease after operation, re-evaluation of irradiated residual tumors is performed at the earliest 5 days after completing radiotherapy.
5. <= 10% tumor seen on any specimen from a bone marrow aspirate/biopsy.
6. Patients must be enrolled no later than Day 100 after PBSC infusion. However, in the cases with surgery followed by autologous peripheral blood transfusion, allowing less than 150 days from autologous peripheral blood stem cell infusion.
7. Patients must not have received prior anti-GD2 antibody therapy.
8. Patients must have a Lansky or Karnofsky Performance Scale score of >= 50%.
9. Patient must have adequate organ function.
除外基準/Key exclusion criteria 1. 活動性の重複がん(同時性重複がんおよび無病期間が5年以内の異時性重複がん。ただし局所治療により治癒と判断されるCarcinoma in situ(上皮内癌)または粘膜内癌相当の病変は活動性の重複がんに含めない)がある
2. 治療を要する感染症を有する。
3. 抗痙攣薬でコントロールされていないてんかん発作を有する
4. ステロイドの連日使用をしている、もしくは、連日使用の最終日が14日以内である
5. 28日以内に免疫グロブリンの投与がある
6. 28日以内に施行した安静時12誘導心電図で、治療を要する異常がみられる
7. 28日以内に心機能がFractional Shortening 30%未満、かつ、Ejection Fraction 55%未満である
8. 酸素投与を必要とする呼吸不全がある
9. 妊娠中・妊娠中の可能性がある、または、治療薬投与開始日から治験薬最終投与後120日まで授乳を中止できない
10. 治験薬投与中および後6ヵ月以上の期間に有効な避妊を行う事が不能である
11. 精神病または精神症状を合併しており治験への参加が困難と判断される
12. 治験薬の成分に過敏症の既往歴がある
1. Synchronous or asynchronous (within 5 years) other cancer except carcinoma in situ or intramucosal carcinoma.
2. Active infection requires systemic therapy.
3. Epileptic seizures without control by anticonvulsants
4. Daily use of a steroid
5. Administration of immune globulin within 28 days
6. Abnormalities of ECG requires therapy.
7. Less than 30% of Fractional Shortening and less than 55% of Ejection Fraction in cardiac function within 28 days
There is respiratory failure requiring 8. oxygen administration
9. Woman during pregnancy, or impossible to discontinue breast-feeding for 120 days after the final dose of study treatment.
10. Patient or the partner without intent to use birth control.
11. Inadequate physical condition judged by investigator.
12. Known investigational drugs allergy.
目標参加者数/Target sample size 34

責任研究者/Research contact person
責任研究者/Name of lead principal investigator
ミドルネーム
純一
Junichi
ミドルネーム
Hara
所属組織/Organization 大阪市立総合医療センター Osaka City General Hospital
所属部署/Division name 小児血液腫瘍科 Department of Pediatric Hematology/Oncology
郵便番号/Zip code 5340021
住所/Address 大阪府大阪市都島区都島本通2-13-22 2-13-22, Miyakojimahondori, Miyakojima-ku, Osaka
電話/TEL 06-6929-1221
Email/Email j-hara@med.osakacity-hp.or.jp

試験問い合わせ窓口/Public contact
試験問い合わせ窓口担当者/Name of contact person
仁谷
ミドルネーム
千賀
Chika
ミドルネーム
Nitani
組織名/Organization 大阪市立総合医療センター Osaka City General Hospital
部署名/Division name 小児血液腫瘍科 Department of Pediatric Hematology/Oncology
郵便番号/Zip code 5340021
住所/Address 大阪府大阪市都島区都島本通2-13-22 2-13-22, Miyakojimahondori, Miyakojima-ku, Osaka
電話/TEL 06-6929-1221
試験のホームページURL/Homepage URL
Email/Email c-tanaka@med.osakacity-hp.or.jp

実施責任組織/Sponsor
機関名/Institute 大阪市立総合医療センター(臨床研究センター) Osaka City General Hospital
機関名/Institute
(機関選択不可の場合)

部署名/Department

研究費提供組織/Funding Source
機関名/Organization 国立研究開発法人日本医療研究開発機構 Japan Agency for Medical Research and Development
機関名/Organization
(機関選択不可の場合)

組織名/Division
組織の区分/Category of Funding Organization 日本の官庁/Japanese Governmental office
研究費拠出国/Nationality of Funding Organization


その他の関連組織/Other related organizations
共同実施組織/Co-sponsor

その他の研究費提供組織/Name of secondary funder(s)


IRB等連絡先(公開)/IRB Contact (For public release)
組織名/Organization 大阪市立総合医療センター臨床研究倫理委員会 Clinical Research Ethics Committee of Osaka City General Hospital
住所/Address 大阪府大阪市都島区都島本通2-13-22 2-13-22, Miyakojimahondori, Miyakojima-ku, Osaka
電話/Tel 06-6929-1221
Email/Email c-tanaka@med.osakacity-hp.or.jp

他機関から発行された試験ID/Secondary IDs
他機関から発行された試験ID/Secondary IDs いいえ/NO
試験ID1/Study ID_1
ID発行機関1/Org. issuing International ID_1

試験ID2/Study ID_2
ID発行機関2/Org. issuing International ID_2

治験届/IND to MHLW

試験実施施設/Institutions
試験実施施設名称/Institutions 大阪市立総合医療センター(大阪府)、北海道大学病院(北海道)、九州大学病院(福岡県)、広島大学病院(広島県)、成育医療研究センター(東京都)、東京都立小児医療センター(東京都)

その他の管理情報/Other administrative information
一般公開日(本登録希望日)/Date of disclosure of the study information
2016 07 04

関連情報/Related information
プロトコル掲載URL/URL releasing protocol
試験結果の公開状況/Publication of results 未公表/Unpublished

結果/Result
結果掲載URL/URL related to results and publications
組み入れ参加者数/Number of participants that the trial has enrolled
主な結果/Results

主な結果入力日/Results date posted
結果掲載遅延/Results Delayed
結果遅延理由/Results Delay Reason

最初の試験結果の出版日/Date of the first journal publication of results
参加者背景/Baseline Characteristics

参加者の流れ/Participant flow

有害事象/Adverse events

評価項目/Outcome measures

個別症例データ共有計画/Plan to share IPD

個別症例データ共有計画の詳細/IPD sharing Plan description


試験進捗状況/Progress
試験進捗状況/Recruitment status 参加者募集終了‐試験継続中/No longer recruiting
プロトコル確定日/Date of protocol fixation
2016 05 09
倫理委員会による承認日/Date of IRB
登録・組入れ開始(予定)日/Anticipated trial start date
2016 07 04
フォロー終了(予定)日/Last follow-up date
入力終了(予定)日/Date of closure to data entry
データ固定(予定)日/Date trial data considered complete
解析終了(予定)日/Date analysis concluded

その他/Other
その他関連情報/Other related information


管理情報/Management information
登録日時/Registered date
2016 07 04
最終更新日/Last modified on
2019 07 08


閲覧ページへのリンク/Link to view the page
URL(日本語) https://upload.umin.ac.jp/cgi-open-bin/ctr/ctr_view.cgi?recptno=R000026438
URL(英語) https://upload.umin.ac.jp/cgi-open-bin/ctr_e/ctr_view.cgi?recptno=R000026438

研究計画書
登録日時 ファイル名

研究症例データ仕様書
登録日時 ファイル名

研究症例データ
登録日時 ファイル名


UMIN臨床試験登録システムのご使用に関するお問い合わせは、こちらのお問い合わせフォーム からお願いいたします。それ以外のお問い合わせは、 こちら よりお願い致します。