UMIN-CTR 臨床試験登録情報の閲覧

BACK TOP
UMIN-CTR ホーム 用語の説明(簡易版) 用語の説明(詳細版)--準備中 FAQ

利用者名:
UMIN ID:

試験進捗状況 参加者募集終了‐試験継続中/No longer recruiting
UMIN試験ID UMIN000026847
受付番号 R000029056
科学的試験名 高尿酸血症と高血圧を伴う慢性腎臓病患者を対象とした尿酸降下薬 (尿酸産生抑制薬と排泄促進薬) の腎機能低下に対する影響の検討
一般公開日(本登録希望日) 2017/04/10
最終更新日 2021/04/09

※ 本ページ収載の情報は、臨床試験に関する情報公開を目的として、UMINが開設しているUMIN臨床試験登録システムに提供された臨床試験情報です。
※ 特定の医薬品や治療法等については、医療関係者や一般の方に向けて広告することは目的としていません。


基本情報/Basic information
一般向け試験名/Public title 高尿酸血症と高血圧を伴う慢性腎臓病患者を対象とした尿酸降下薬 (尿酸産生抑制薬と排泄促進薬) の腎機能低下に対する影響の検討
Urate lowering drugs RandomIzed parallel-group Comparison study in the Chronic Kidney Disease patients with hypertension and hyperuricemia

一般向け試験名略称/Acronym URIC-CKD スタディ URIC-CKD study
科学的試験名/Scientific Title 高尿酸血症と高血圧を伴う慢性腎臓病患者を対象とした尿酸降下薬 (尿酸産生抑制薬と排泄促進薬) の腎機能低下に対する影響の検討
Urate lowering drugs RandomIzed parallel-group Comparison study in the Chronic Kidney Disease patients with hypertension and hyperuricemia

科学的試験名略称/Scientific Title:Acronym URIC-CKD スタディ URIC-CKD study
試験実施地域/Region
日本/Japan

対象疾患/Condition
対象疾患名/Condition 高尿酸血症と高血圧を伴う慢性腎臓病 Chronic kidney disease with hyperuricemia and hypertension
疾患区分1/Classification by specialty
腎臓内科学/Nephrology
疾患区分2/Classification by malignancy 悪性腫瘍以外/Others
ゲノム情報の取扱い/Genomic information いいえ/NO

目的/Objectives
目的1/Narrative objectives1 高尿酸血症と高血圧を合併する慢性腎臓病 (chronic kidney disease,CKD) 患者を対象に尿酸産生抑制薬 (キサンチンオキシダーゼ阻害薬) と 尿酸排泄促進薬 (尿酸トランスポーターURAT 1 阻害薬) の腎機能低下に及ぼす影響を比較検討する。 To compare the effect of xanthine oxidase inhibitor and urate transporter 1 inhibitor on the renal dysfunction in chronic kidney disease patients with hyperuricemia and hypertension
目的2/Basic objectives2 有効性/Efficacy
目的2 -その他詳細/Basic objectives -Others

試験の性質1/Trial characteristics_1 検証的/Confirmatory
試験の性質2/Trial characteristics_2 実務的/Pragmatic
試験のフェーズ/Developmental phase 該当せず/Not applicable

評価/Assessment
主要アウトカム評価項目/Primary outcomes 投与開始 52 週目 の eGFR の薬剤投与開始直前の値からの変化率(%/52週および ml/min/1.73m2/52週 Rate of change in estimated GFR from baseline to 52 week (%/52week and ml/min/1/73m2/52w)
副次アウトカム評価項目/Key secondary outcomes 1) 投与開始後 8 週目における eGFR の変化率(%)
2) 投与開始後 8&52 週目における診察室血圧の変化率 (%) 
3) VISIT1~2とVISIT2~4おける eGFR の変化率 (%) の差               
4) 投与開始後 8&52 週目における血清尿酸値の変化率と血清尿酸値6.0 mg/dL以下への達成率
5) 投与開始後 8&52 週目における尿中アルブミン・クレアチニン比の変化率(%)
6) 投与開始後 8&52 週目における尿pHの変化率(%)
7) 投与開始後 8&52 週目における血清XO活性の変化率(%)
8) 投与開始後 8&52 週目におけるhs-CRPの変化率
9) 投与開始後8&52 週目における尿中8-OHdG(8-hydroxy-2’-deoxyguanosine )の変化率
10) 投与開始後 8&52 週目における尿中アンジオテンシノゲンの変化率(%)
11) 投与開始後 8&52 週目における尿中L-FABPの変化率 (%)
12) 主要評価項目のアルブミン尿(300mg/gCr)、腎機能(eGFR45)による層別解析
1) Rate of change in eGFR from the baseline to 8 weeks
2) Rate of change in office blood pressure from the baseline to 8 and 52 weeks
3) Difference in rate of change in estimated GFR before(Visit 1 to 2) and after treatment (Visit 2 to 4)
4) Rate of change in serum uric acid from baseline to 8 and 52 weeks and achievement rate of serum uric acid concentration less than 6 mg/dl at 8 and 52 weeks
5) Rate of change in urinary albumin-to-creatine ratio from baseline to 8 and 52 weeks
6) Rate of change in urinary pH from baseline to 8 and 52 weeks
7) Rate of change in serum xanthine oxidase activity from baseline to 8 and 52 weeks
8) Rate of change in high sensitive C reactive protein from baseline to 8 and 52 weeks
9) Rate of change in 8-OHdG (8-hydroxy-2-deoxyguanosine) from baseline to 8 and 52 weeks
10) Rate of change in urinary angiotensinogen from baseline to 8 and 52 weeks
11) Rate of change in L type free fatty acid binding protein(L-FABP) from baseline to 8 and 52 weeks
12) Rate of change in estimated GFR from baseline to 52 weeks stratified by basal urinary albumin-to-creatinine ratio (300mg/gCr) or estimated GFR (45ml/min/1.73m2)


基本事項/Base
試験の種類/Study type 介入/Interventional

試験デザイン/Study design
基本デザイン/Basic design 並行群間比較/Parallel
ランダム化/Randomization ランダム化/Randomized
ランダム化の単位/Randomization unit 個別/Individual
ブラインド化/Blinding オープンだが測定者がブラインド化されている/Open -but assessor(s) are blinded
コントロール/Control 実薬・標準治療対照/Active
層別化/Stratification はい/YES
動的割付/Dynamic allocation はい/YES
試験実施施設の考慮/Institution consideration 施設を考慮していない/Institution is not considered as adjustment factor.
ブロック化/Blocking いいえ/NO
割付コードを知る方法/Concealment 中央登録/Central registration

介入/Intervention
群数/No. of arms 2
介入の目的/Purpose of intervention 治療・ケア/Treatment
介入の種類/Type of intervention
医薬品/Medicine
介入1/Interventions/Control_1 フェブキソスタット群:
試験治療開始日から52週間(約1年間),フェブキソスタットを内服する。フェブキソスタットは 10 mg/日で投与開始する。試験治療開始後4週に20 mg/日へ増量し8週目まで継続する。8週目以降52週目まで血清尿酸値6mg/dl未満を目標に用量を調節する。
Febuxostat group:
Patients take febuxostat by oral administration for 52 weeks (approximately one year).
The beginning dosage of the febuxostat is 10 mg/day. The dose is increased to 20 mg /day after four weeks and is maintained until 8 weeks. The dose will be titrated to maintain serum uric acid levels less than 6mg/dl after 8 weeks until the 52 weeks.
介入2/Interventions/Control_2 ベンズブロマロン群:
試験治療開始日から52週間(約1年間),ベンズブロマロンを内服 する。ベンズブロマロンは 25 mg/日で投与を開始し8週目まで継続する。8週目以降52週目まで血清尿酸値 6 mg/dl 未満を目標に用量を調節する。尿が酸性の場合は尿のアルカリ化を開始する。
Benzbromarone group:
Patients take benzbromarone by oral administration for 52 weeks (approximately one year).
The beginning dosage of the benzbromarone is 25 mg/day and is maintained for 8 weeks. The dose will be titrated to maintain serum uric acid levels less than 6 mg/dl after 8 weeks until the 52 weeks. Alkalization of urinewill be initiated if urine is acidic.
介入3/Interventions/Control_3

介入4/Interventions/Control_4

介入5/Interventions/Control_5

介入6/Interventions/Control_6

介入7/Interventions/Control_7

介入8/Interventions/Control_8

介入9/Interventions/Control_9

介入10/Interventions/Control_10


適格性/Eligibility
年齢(下限)/Age-lower limit
20 歳/years-old 以上/<=
年齢(上限)/Age-upper limit

適用なし/Not applicable
性別/Gender 男女両方/Male and Female
選択基準/Key inclusion criteria 1) 血清尿酸値が7.0 mg/dLを超える患者
2)高血圧患者(未治療で140/90mmHg以上または降圧薬使用中)、適格性判定時8週間前から降圧薬の変更がない患者
3) CKDステージ3a-3bの患者
4) 同意取得時年齢が満20才以上
5) 外来患者
6) 痛風の既往がない患者
7) 本人より研究参加の同意が得られた患者
1) Serum uric acid >7.0 mg/dL
2) Patients with hypertension defined as blood pressure measurements of equal or more than 140 mm Hg systolic and/or equal or more than 90 mm Hg diastolic or treatment with antihypertensive agents. No changes in prescription of antihypertensive agent 8 weeks before initiating the study drug.
3) CKD stage 3a and 3b
4) Age equal to or more than 20 years at obtaining informed consent
5) Outpatient
6) No history of gout
7) Obtained written informed consent from the patient for participation to the study
除外基準/Key exclusion criteria 1) 使用薬剤に過敏症の既往歴のある患者
2) ASTまたはALTが施設基準値の2倍以上の患者
3) 高度腎機能障害のある患者(eGFRが30 mL/min./1.73m2未満またはCr2以上の患者、透析患者)
4) Thiazide系利尿薬, ループ利尿薬の内服者
5) 適格性判定前2週間で尿酸降下薬の投与を受けたことのある患者
6) 適格性判定前3ヵ月以内に冠動脈疾患を発症した患者
7) 悪性腫瘍の合併または既往のある患者 (適格性判定時より過去5年以上悪性腫瘍の治療が行われず再発がないと判断された場合は除く)、
8) 以下のいずれかの薬物を投与中の患者
   メルカプトプリン水和物、アザチオプリン、ピラジナミド、エタンブトール
9) ワーファリン内服中の患者
10) 授乳中、妊娠中または妊娠している可能性がある患者
11) 適格性判定前6ヵ月以内に他の臨床研究(治験を含む)に参加していた患者
12) 尿路結石のある患者
13) その他担当医師が被験者として不適当と判断する患者
14) VISIT2の生活指導後の段階において血清尿酸値が7.0mg/dl以下の患者はランダム化しても治療期には移行しない(最終適格性確認)
15) 適格性判定時より3か月以前に急性心筋梗塞、急性冠症候群、冠動脈狭窄に対するインターベンション(カテーテル治療および冠動脈バイパス術)、心室性頻脈、多源性心室性不整脈、急性心不全のいずれかの既往がある患者, この除外基準は最近の研究にてフェブキソスタットがアロプリノールに比し心血管死亡の増加に関連する可能性が示唆されたため追加された(N Engl J Med 2018;378:1200-10)



1) History of hypersensitivity to febuxostat or benzbromarone
2) AST or ALT is more than twice the upper limit of institutional normal range
3) eGFR <30ml/min/1.73m2 or dialysis patients.
4) Under treatment with thiazide diuretics or loop diuretics
5) History of treatment with urate lowering drugs within 2 weeks before determination of eligibility
6) History of coronary heart disease within 3 month before determination of eligibility
7) Patients with neoplasm, History of neoplasm except for the cured patients without recurrence within 5 years before determination of eligibility
8) Under treatment with the following: mercaptopurine,azathioprine, pyrazinamide, ethanbutol
9) Under treatment with warfarin
10) Women who are or may be pregnant, or brest-feeding
11) Participants of other clinical trials within 6 month before determination of eligibility
12) Urolithiasis
13) A patient who are judged inadequate for enrollment by an attending physician
14) A patient whose serum uric acid level is equal to or less than 7 mg/dl at Visit2 after randomization
15) A patient has been suffered from any of following: acute myocardial infarction, acute coronary syndrome, patients undergoing percutaneous coronary intervention or coronary artery bypass grafting, vetricular tachycarida, mutifocal ventricular arrhythmia and acute heart failure within three months before the eligibility assessment. This exclusion criteria was added since recent study suggested febuxostat may be associated with increased cardiovascular mortality compared with allopurinol among gout patients with major cardiovascular disease (N Engl J Med 2018;378:1200-10)
目標参加者数/Target sample size 100

責任研究者/Research contact person
責任研究者/Name of lead principal investigator
健太郎
ミドルネーム
古波蔵
Kentaro
ミドルネーム
Kohagura
所属組織/Organization 琉球大学医学部附属病院 University hospital of the Ryukyus
所属部署/Division name 血液浄化療法部 Dialysis Unit
郵便番号/Zip code 9030215
住所/Address 沖縄県中頭郡西原町字上原207 207 Uehara, Nishihara-cho, Nakagami-gun, Okinawa, Japan
電話/TEL 0988951341
Email/Email kohagura@med.u-ryukyu.ac.jp

試験問い合わせ窓口/Public contact
試験問い合わせ窓口担当者/Name of contact person
健太郎
ミドルネーム
古波蔵
Kentaro
ミドルネーム
Kohagura
組織名/Organization 琉球大学医学部附属病院 University hospital of the Ryukyus
部署名/Division name 血液浄化療法部 Dialysis Unit
郵便番号/Zip code 9030215
住所/Address 沖縄県中頭郡西原町字上原207 207 Uehara, Nishihara-cho, Nakagami-gun, Okinawa, Japan
電話/TEL 0988951341
試験のホームページURL/Homepage URL
Email/Email kohagura@med.u-ryukyu.ac.jp

実施責任組織/Sponsor
機関名/Institute 琉球大学 Dialysis Unit, University Hospital of the Ryukyus
機関名/Institute
(機関選択不可の場合)

部署名/Department 医学部附属病院 血液浄化療法部

研究費提供組織/Funding Source
機関名/Organization その他 TEIJIN Pharma, Co,insp
機関名/Organization
(機関選択不可の場合)
帝人ファーマ株式会社
組織名/Division
組織の区分/Category of Funding Organization 営利企業/Profit organization
研究費拠出国/Nationality of Funding Organization


その他の関連組織/Other related organizations
共同実施組織/Co-sponsor

その他の研究費提供組織/Name of secondary funder(s)


IRB等連絡先(公開)/IRB Contact (For public release)
組織名/Organization 琉球大学臨床研究審査委員会 Review Board of University of the Ryukyus for Clinical Research
住所/Address 沖縄県中頭郡西原町字千原1番地 1 Senbaru, Nishihara-cho, Nakagami-gun, Okinawa, Japan
電話/Tel 098-895-8016
Email/Email knknkyu@to.jim.u-ryukyu.ac.jp

他機関から発行された試験ID/Secondary IDs
他機関から発行された試験ID/Secondary IDs いいえ/NO
試験ID1/Study ID_1
ID発行機関1/Org. issuing International ID_1

試験ID2/Study ID_2
ID発行機関2/Org. issuing International ID_2

治験届/IND to MHLW

試験実施施設/Institutions
試験実施施設名称/Institutions 琉球大学医学部附属病院、南部病院、海邦病院、首里城下町クリニック、中頭病院

その他の管理情報/Other administrative information
一般公開日(本登録希望日)/Date of disclosure of the study information
2017 04 10

関連情報/Related information
プロトコル掲載URL/URL releasing protocol URL releasing protocol is unpublished
試験結果の公開状況/Publication of results 未公表/Unpublished

結果/Result
結果掲載URL/URL related to results and publications URL related to results is unpublished
組み入れ参加者数/Number of participants that the trial has enrolled 88
主な結果/Results 投与開始後52週目までのeGFRの変化率には両群間に有意な差を認めなかった。フェブキソスタットはベンズブロマロンに比しXO活性を有意に低下させた。その他、副次評価項目の血圧、アルブミン尿、炎症、酸化ストレス、腎内レニン・アンジオテンシン系のそれぞれのマーカーには両群間に有意な差を認めなかった。






There were no significant differences in the rate of change in eGFR between the groups by week 52 after initiation of treatment. Febuxostat significantly reduced xanthine oxidase activity compared to benzbromarone. There were no significant differences between the groups in the other secondary endpoints of blood pressure, albuminuria, inflammation, oxidative stress, and renal renin-angiotensin system markers.
主な結果入力日/Results date posted
2021 04 09
結果掲載遅延/Results Delayed
結果遅延理由/Results Delay Reason

最初の試験結果の出版日/Date of the first journal publication of results
参加者背景/Baseline Characteristics ベースライン(ベンズブロマロン群, n=48 vs. フェブキソスタット群, n=47)の主なデータは、年齢 (才) 67.3, 64.6, 男性 (%) 68.8, 63.8, 収縮期血圧 (mmHg) 132.4, 128.3, 血清尿酸値 (mg/dl) 8.5 , 8.2, eGFR (ml/min/1.73m2) 44.3, 44.4, アルブミン/クレアチニン比 (mg/gCr) 190.1, 204.4であった。 Baseline data (Benzbromarone, n=48 vs. Febuxostat, n=47) were as followed: age(years); 67.3, 64.6, Male(%); 68.8, 63.8, Systolic blood pressure(mmHg); 132.4, 128.3, Serum uric acid (mg/dl); 8.5, 8.2, eGFR (ml/min/1.73m2); 44.3, 44.4, Albumin creatinine ratio (mg/gCr); 190.1, 204.4
参加者の流れ/Participant flow 登録前の137名の患者の適格性を評価した。42人の患者はVisit2における血清尿酸値が適格基準を満たさないことが判明した。最終的に、登録期間が予定されていたため、95名の患者で登録と無作為化を終了した。無作為化された95名の患者のうち、プロトコール違反のために2名の患者が全解析セットから除外された。2名の患者は試験薬の投与を中止したために除外され、他の2名の患者は安全性情報のために全解析セットから除外された。さらに、1名の患者は追跡調査ができなくなったために除外された。したがって、52週目の結果に関するintention to treatセットとper-protocolセットには、それぞれ88人と87人の参加者が含まれていた。 Eligibility was assessed in 137 preenrolled patients.42 patients were found not to meet the eligibility criteria for serum uric acid levels at visit 2.Finally, because of the scheduled period for enrollment, we ended the enrollment and randomization with 95 patients.Of the 95 patients who were randomized, two patients were excluded from the full analysis set because of protocol violation. Two patients were excluded because they were discontinued the study drugs and other two patients were excluded due to safety information from the full analysis set. Further one patient were excluded due to lost of follow up. Thus, the intention to treat set and the per-protocol set for 52-week outcomes included 88 and 8789 participants, respectively.
有害事象/Adverse events [主な有害事象]
試験期間内に肺炎、骨折をそれぞれの群で1ずつ認めた。フェブキソスタット群で尿路感染症を1例に認めた。死亡、心血管イベント、末期腎不全は認めなかった。
Pneumonia and bone fracture were observed in one patient in each group. One case of urinary tract infection was observed in the febuxostat group. There were no deaths, cardiovascular events, or end-stage renal failure.
評価項目/Outcome measures [主要評価項目]
投与開始 52 週目 (1年後) の eGFR の薬剤投与開始直前の値からの変化率に両群間に有意差を認めなかった。

[副次評価項目]
XO活性の変化率はフェブキソスタット群で有意に低下度が大きかった。それ以外の副次評価項目に関しては両群間に有意差を認めなかった。

[Primary endpoint]
There was no significant differences in changes in estimated GFR from baseline to 52 weeks between the groups.
[Secondary endpoint]
The rate of change in XO activity was significantly greater in the febuxostat group. There was no significant difference in all other secondary endpoints between the two groups.
個別症例データ共有計画/Plan to share IPD

個別症例データ共有計画の詳細/IPD sharing Plan description


試験進捗状況/Progress
試験進捗状況/Recruitment status 参加者募集終了‐試験継続中/No longer recruiting
プロトコル確定日/Date of protocol fixation
2016 11 16
倫理委員会による承認日/Date of IRB
2015 11 18
登録・組入れ開始(予定)日/Anticipated trial start date
2017 11 18
フォロー終了(予定)日/Last follow-up date
2020 01 31
入力終了(予定)日/Date of closure to data entry
データ固定(予定)日/Date trial data considered complete
解析終了(予定)日/Date analysis concluded

その他/Other
その他関連情報/Other related information


管理情報/Management information
登録日時/Registered date
2017 04 03
最終更新日/Last modified on
2021 04 09


閲覧ページへのリンク/Link to view the page
URL(日本語) https://upload.umin.ac.jp/cgi-open-bin/ctr/ctr_view.cgi?recptno=R000029056
URL(英語) https://upload.umin.ac.jp/cgi-open-bin/ctr_e/ctr_view.cgi?recptno=R000029056

研究計画書
登録日時 ファイル名
2018/12/11 3)1002【9.0版】②実施計画書2018.6.27(血液浄化療法部%E3%80%80古波蔵).docx

研究症例データ仕様書
登録日時 ファイル名
2018/04/06 中止報告書.pdf

研究症例データ
登録日時 ファイル名


UMIN臨床試験登録システムのご使用に関するお問い合わせは、こちらのお問い合わせフォーム からお願いいたします。それ以外のお問い合わせは、 こちら よりお願い致します。