UMIN-CTR 臨床試験登録情報の閲覧

BACK TOP
UMIN-CTR ホーム 用語の説明(簡易版) 用語の説明(詳細版)--準備中 FAQ

利用者名:
UMIN ID:

試験進捗状況 一般募集中/Open public recruiting
UMIN試験ID UMIN000027381
受付番号 R000031377
試験名 大腸憩室炎に対する大黄牡丹皮湯投与効果の 二重盲検ランダム化比較試験
一般公開日(本登録希望日) 2017/05/18
最終更新日 2018/05/19

※ 本ページ収載の情報は、臨床試験に関する情報公開を目的として、UMINが開設しているUMIN臨床試験登録システムに提供された臨床試験情報です。
※ 特定の医薬品や治療法等については、医療関係者や一般の方に向けて広告することは目的としていません。


基本情報/Basic information
試験名/Official scientific title of the study 大腸憩室炎に対する大黄牡丹皮湯投与効果の
二重盲検ランダム化比較試験
Randomized, double-blind trial to show the efficacy of daiobotanpito as additional option in treating acute diverticulitis
試験簡略名/Title of the study (Brief title) 大腸憩室炎に対する大黄牡丹皮湯投与効果の
RCT
RCT to show the efficacy of daiobotanpito as additional option in treating acute diverticulitis
試験実施地域/Region
日本/Japan

対象疾患/Condition
対象疾患名/Condition 大腸憩室炎 Acute diverticulitis of colon
疾患区分1/Classification by specialty
消化器内科学(消化管)/Gastroenterology 消化器外科(肝・胆・膵)/Hepato-biliary-pancreatic surgery
疾患区分2/Classification by malignancy 悪性腫瘍以外/Others
ゲノム情報の取扱い/Genomic information いいえ/NO

目的/Objectives
目的1/Narrative objectives1 「食生活の西洋化」と高齢化社会に伴い、大腸憩室症および大腸憩室炎は増加している。憩室炎に対する治療は、まずは抗生物質投与と絶食による腸管安静という保存療法が選択されるが、外科手術を必要とする場合も多い。大黄牡丹皮湯は2000年前より『腸癰』すなわち腸管に膿瘍ができる病態に効果があるとされてきたが、その適応として大腸憩室炎は保険収載されていない。ここで、我が国では、西洋医学に漢方医学を取り入れた独自の統合医療が可能である。漢方治療は西洋医学的治療に比較して安価であり、入院加療短縮や外科手術を回避できることは医療経済に資する。以上のような背景から、我々は大腸憩室炎に対し保存的加療を行った症例に対し診療録を基とした後ろ向き検討を行い、大黄牡丹皮湯投与例では、下熱までの日数、腹痛・圧痛消失までの日数が非投与例と比較し有意に短いことを示した。本研究では、大腸憩室炎症例に対し、標準的な絶食・抗生物質投与に加えて大黄牡丹皮湯を投与した群と、プラセボを投与した群において、その臨床的有効性と安全性について前向きに比較検討する。この研究は経験的に培われてきた「腸癰」すなわち大腸憩室炎に大黄牡丹皮湯が安全に有効性を発揮できるかを前向きに検討する初めての研究である。 In traditional Japanese herbal (Kampo) medicine, daiobotanpito (DBT) or Da Huang Mu Dan Tang in Chinese has been used in medical treatment of acute diverticulitis for many years based on the experience. Our former study investigated the treatment of acute diverticulitis can be treated with intravenous antibiotics plus orally administrated DBT than intravenous antibiotics alone. A retrospective non-randomized open-label trial was established to compare patients with acute diverticulitis who received oral DBT associated with intravenous antibiotics with those who received intravenous antibiotic alone. There was a significantly better outcome in the group treated with DBT than in the group without DBT when comparing duration of fever, abdominal pain, and antibiotics administration. A trend toward a day shorter mean hospital stay and fasting was seen in group 1, although this did not reach statistical significance. From this result, we assumed that most patients with acute diverticulitis can be managed safely with oral DBT. In this study, randomized, double-blind study will be done to show the possibility to use daiobotanpito as additional option in treating acute diverticulitis.
目的2/Basic objectives2 安全性・有効性/Safety,Efficacy
目的2 -その他詳細/Basic objectives -Others

試験の性質1/Trial characteristics_1 検証的/Confirmatory
試験の性質2/Trial characteristics_2 説明的/Explanatory
試験のフェーズ/Developmental phase 第Ⅰ相/Phase I

評価/Assessment
主要アウトカム評価項目/Primary outcomes 3日以内に解熱(38度未満)する率 Rate of fever-down (below 38 degrees) within 3 days
副次アウトカム評価項目/Key secondary outcomes 入院日数
炎症反応の変化(CRP、WBC、好中球数)
経口摂取開始までの日数
再発率(登録後1年経過観察)
4日以内に腹痛が消失する率
有害事象・副作用の種類と頻度
Hospitalization days
Changes in inflammatory response
Number of days before oral intake
Recurrence rate
Rate to loss abdominal pain within 4 days
Types and frequencies of adverse events or side effects

基本事項/Base
試験の種類/Study type 介入/Interventional

試験デザイン/Study design
基本デザイン/Basic design 並行群間比較/Parallel
ランダム化/Randomization ランダム化/Randomized
ランダム化の単位/Randomization unit 個別/Individual
ブラインド化/Blinding 二重盲検/Double blind -all involved are blinded
コントロール/Control プラセボ・シャム対照/Placebo
層別化/Stratification いいえ/NO
動的割付/Dynamic allocation はい/YES
試験実施施設の考慮/Institution consideration 施設を考慮していない/Institution is not considered as adjustment factor.
ブロック化/Blocking いいえ/NO
割付コードを知る方法/Concealment 中央登録/Central registration

介入/Intervention
群数/No. of arms 2
介入の目的/Purpose of intervention 治療・ケア/Treatment
介入の種類/Type of intervention
医薬品/Medicine
介入1/Interventions/Control_1 大黄牡丹皮湯 daiobotanpito
介入2/Interventions/Control_2 プラセボ placebo
介入3/Interventions/Control_3

介入4/Interventions/Control_4

介入5/Interventions/Control_5

介入6/Interventions/Control_6

介入7/Interventions/Control_7

介入8/Interventions/Control_8

介入9/Interventions/Control_9

介入10/Interventions/Control_10


適格性/Eligibility
年齢(下限)/Age-lower limit
20 歳/years-old 以上/<=
年齢(上限)/Age-upper limit
75 歳/years-old 未満/>
性別/Gender 男女両方/Male and Female
選択基準/Key inclusion criteria (a)習慣性便秘を伴う大腸憩室炎で、CT上中等度~重症と診断された、保存療法対象の入院患者
(b) 意思の疎通が可能な患者
(c) 37.5度以上の発熱と腹痛を伴う患者
Patients with constipation diagnosed with moderate to severe acute diverticulitis of colon who need Hospitalization and conservative therapy

Patients who can communicate

Patients with more than 37.5C and abdominal pain
除外基準/Key exclusion criteria (a) 下記の臓器において重篤な機能障害を有する患者。
(血液検査は治療開始前4週間以内であれば可)
   腎機能:血清クレアチニン値>施設基準上限値の1.5倍
   肝機能:血清AST値もしくは血清ALT値>施設基準上限値の2倍
   中枢神経機能:脳症もしくはそれが疑われる患者
電解質:血清Na<130 mEq/L、血清K<3.6 mEq/L
(b) 低栄養のため膿瘍形成が穿孔する可能性が高いと考えられた患者 (Alb<3.0 g/dL)
(c) 閉塞性イレウス症状を認める患者
(d) 大腸憩室炎発症以前から慢性的な食欲不振,腹痛,下痢症状を認める患者
(e) 大腸憩室炎発症前に全身状態の指標の一つで、患者の日常生活の制限の程度を示す
Performance Status (PS) 3以上の患者(添付資料参照)
(f) 大黄牡丹皮湯の服用歴がある患者
(g) インスリン製剤によって治療中の患者
(h) 免疫不全者
(i) 妊婦および産褥期
(j) 漢方薬に高度のアレルギーのある患者
(a)Patients with severe dysfunction following internal organs.
Kidney function: serum creatinine > 1.5 times the upper limit of normal
Liver: GOT serum or serum transaminase > 2*normal limits
Central nervous system functions: encephalopathy or suspected it Electrolytes: serum Na < 130, serum K < 3.6
(b)Patients considered most likely to perforate the abscess formation(Alb<3.0)
(c)Patients with ileus symptoms such as vomiting
(d)patients with symptoms include diarrhea, loose stools patients
(e)<PS3
(f)patients with history of daiobotanpito intake
(g)Patients treated with insulin
(h)Immune deficiency
(i)prenatal and postpartum
(j)Allergic to daiobotanpoto



目標参加者数/Target sample size 150

責任研究者/Research contact person
責任研究者名/Name of lead principal investigator 小川恵子 Keiko Ogawa
所属組織/Organization 金沢大学附属病院 Kanazawa University Hospital
所属部署/Division name 漢方医学科 Department of Japanese-Traditional (Kampo) medicine
住所/Address 金沢市宝町13-1 13-1,Takara-machi, Kanazawa
電話/TEL 076-265-2918
Email/Email okeiko@med.kanazawa-u.ac.jp

試験問い合わせ窓口/Public contact
試験問い合わせ窓口担当者名/Name of contact person 小川恵子 Keiko Ogawa
組織名/Organization 金沢大学附属病院 Kanazawa University Hospital
部署名/Division name 漢方医学科 Department of Japanese-Traditional (Kampo) medicine
住所/Address 金沢市宝町13-1 13-1,Takara-machi, Kanazawa
電話/TEL 076-265-2918
試験のホームページURL/Homepage URL
Email/Email okeiko@med.kanazawa-u.ac.jp

実施責任組織/Sponsor
機関名/Institute 金沢大学 Department of Japanese-Traditional (Kampo) Medicine, Kanazawa University Hospital
機関名/Institute
(機関選択不可の場合)

部署名/Department 漢方医学科

研究費提供組織/Funding Source
機関名/Organization 国立研究開発法人日本医療研究開発機構 AMED
機関名/Organization
(機関選択不可の場合)

組織名/Division
組織の区分/Category of Funding Organization その他の国の官庁/Government offices of other countries
研究費拠出国/Nationality of Funding Organization


その他の関連組織/Other related organizations
共同実施組織/Co-sponsor

その他の研究費提供組織/Name of secondary funder(s)


他機関から発行された試験ID/Secondary IDs
他機関から発行された試験ID/Secondary IDs いいえ/NO
試験ID1/Study ID_1
ID発行機関1/Org. issuing International ID_1

試験ID2/Study ID_2
ID発行機関2/Org. issuing International ID_2

治験届/IND to MHLW

試験実施施設/Institutions
試験実施施設名称/Institutions

その他の管理情報/Other administrative information
一般公開日(本登録希望日)/Date of disclosure of the study information
2017 05 18

試験進捗状況/Progress
試験進捗状況/Recruitment status 一般募集中/Open public recruiting
プロトコル確定日/Date of protocol fixation
2017 05 15
登録・組入れ開始(予定)日/Anticipated trial start date
2017 10 01
フォロー終了(予定)日/Last follow-up date
入力終了(予定)日/Date of closure to data entry
データ固定(予定)日/Date trial data considered complete
解析終了(予定)日/Date analysis concluded

関連情報/Related information
プロトコル掲載URL/URL releasing protocol
試験結果の公開状況/Publication of results 未公表/Unpublished
結果掲載URL/URL releasing results
主な結果/Results

その他関連情報/Other related information


管理情報/Management information
登録日時/Registered date
2017 05 18
最終更新日/Last modified on
2018 05 19


閲覧ページへのリンク/Link to view the page
URL(日本語) https://upload.umin.ac.jp/cgi-open-bin/ctr/ctr_view.cgi?recptno=R000031377
URL(英語) https://upload.umin.ac.jp/cgi-open-bin/ctr_e/ctr_view.cgi?recptno=R000031377

研究計画書
登録日時 ファイル名

研究症例データ仕様書
登録日時 ファイル名

研究症例データ
登録日時 ファイル名


UMIN臨床試験登録システムのご使用に関するお問い合わせは、こちらのお問い合わせフォーム からお願いいたします。それ以外のお問い合わせは、 こちら よりお願い致します。