UMIN-CTR 臨床試験登録情報の閲覧

BACK TOP
UMIN-CTR ホーム 用語の説明(簡易版) 用語の説明(詳細版)--準備中 FAQ

利用者名:
UMIN ID:

試験進捗状況 開始前/Preinitiation
UMIN試験ID UMIN000030296
受付番号 R000034430
試験名 有痛性骨転移に対するMRガイド下集束超音波治療(Magnetic resonance guided focused ultrasound surgery: MRgFUS)の安全性及び実用性の評価に関する臨床研究
一般公開日(本登録希望日) 2017/12/07
最終更新日 2017/12/07

※ 本ページ収載の情報は、臨床試験に関する情報公開を目的として、UMINが開設しているUMIN臨床試験登録システムに提供された臨床試験情報です。
※ 特定の医薬品や治療法等については、医療関係者や一般の方に向けて広告することは目的としていません。


基本情報/Basic information
試験名/Official scientific title of the study 有痛性骨転移に対するMRガイド下集束超音波治療(Magnetic resonance guided focused ultrasound surgery: MRgFUS)の安全性及び実用性の評価に関する臨床研究 A clinical study of Safety and Practicality of Magnetic Resonance-guided Focused Ultrasound Surgery (MRgFUS) treatment for painful bone metastases
試験簡略名/Title of the study (Brief title) 有痛性骨転移に対するMRgFUS治療に関する研究 A study of MRgFUS treatment for painful bone metastases
試験実施地域/Region
日本/Japan

対象疾患/Condition
対象疾患名/Condition 転移性骨腫瘍 metastatic bone tumor
疾患区分1/Classification by specialty
整形外科学/Orthopedics 放射線医学/Radiology
疾患区分2/Classification by malignancy 悪性腫瘍/Malignancy
ゲノム情報の取扱い/Genomic information いいえ/NO

目的/Objectives
目的1/Narrative objectives1 有痛性骨転移に対する疼痛緩和のためのMRgFUS治療の安全性と実用性を評価すること。
治療にかかる費用の妥当性の検討。
To evaluate safety and practicality of MRgFUS treatment for the palliation of painful bone metastases.
Discussion for appropriate cost of MRgFUS.
目的2/Basic objectives2 安全性・有効性/Safety,Efficacy
目的2 -その他詳細/Basic objectives -Others

試験の性質1/Trial characteristics_1 探索的/Exploratory
試験の性質2/Trial characteristics_2
試験のフェーズ/Developmental phase 該当せず/Not applicable

評価/Assessment
主要アウトカム評価項目/Primary outcomes 疼痛スコアの改善
(治療後6ヶ月以内)
Improvement of pain score
(Time Frame: within 6 months of treatment)
副次アウトカム評価項目/Key secondary outcomes 生活の質の改善
治療部位の画像所見の変化
(治療後6か月以内)
Improvement in quality of life
Changes in image findings of the treatment site
(Time Frame: within 6 months of treatment)

基本事項/Base
試験の種類/Study type 介入/Interventional

試験デザイン/Study design
基本デザイン/Basic design 単群/Single arm
ランダム化/Randomization 非ランダム化/Non-randomized
ランダム化の単位/Randomization unit
ブラインド化/Blinding オープン/Open -no one is blinded
コントロール/Control 無対照/Uncontrolled
層別化/Stratification
動的割付/Dynamic allocation
試験実施施設の考慮/Institution consideration
ブロック化/Blocking
割付コードを知る方法/Concealment

介入/Intervention
群数/No. of arms 1
介入の目的/Purpose of intervention 治療・ケア/Treatment
介入の種類/Type of intervention
医療器具・機器/Device,equipment
介入1/Interventions/Control_1 MRガイド下集束超音波治療 Magnetic Resonance-guided Focused Ultrasound Surgery (MRgFUS) treatment
介入2/Interventions/Control_2

介入3/Interventions/Control_3

介入4/Interventions/Control_4

介入5/Interventions/Control_5

介入6/Interventions/Control_6

介入7/Interventions/Control_7

介入8/Interventions/Control_8

介入9/Interventions/Control_9

介入10/Interventions/Control_10


適格性/Eligibility
年齢(下限)/Age-lower limit

適用なし/Not applicable
年齢(上限)/Age-upper limit

適用なし/Not applicable
性別/Gender 男女両方/Male and Female
選択基準/Key inclusion criteria 1)骨転移による疼痛があり、疼痛緩和に対して手術、放射線療法および化学療法など、既承認の使用可能な他の治療法に適さない、あるいは他の代替治療法を拒否している
2)標的病変に、持続性で顕著な疼痛がある(別の部位に疼痛がある場合、別の部位の疼痛の強度が標的病変と比較して、NRS(0~10スケール)疼痛スコアで2ポイント以上評価が低いこと)
3)標的病変の大きさが直径8㎝以下
4)標的病変が骨にあり、体表より10㎜以上深い
5)標的病変が非造影MRIで明らかに視認でき、MRgFUSで超音波が到達しうる
6)MRgFUS治療中に、痛みなどの感覚を伝えることができる
7)自発的に同意を示すことが可能で、すべての来院日に来院することができる
1) Patients who are suffuring from symptoms of bone metastases and are not suitable to other accepted available treatments, such as surgery, radiation and chemotherapy, or refuse other altanitive therapy.
2) Patients with persistent distinguishable pain associated with 1 site to be treated (if patient has pain from additional sites, the pain from the additional sites must be evaluated as being less intense by at least 2points on the NRS compared to the site to be treated.)
3) Targeted tumor size under 8cm in diameter.
4) Patient whose targeted tumor is on bone and is deeper than 10-mm from the skin.
5) Targeted tumor clearly visible by non-contrast MRI, and ExAblate MRgFUS device accessible.
6) Able to communicate sensations during the ExAblate treatment.
7) Patients who are able and willing to give consent and able to attend all study visit.
除外基準/Key exclusion criteria 1)標的病変以外に疼痛コントロールが困難な病変がある
2)有痛性病変が4ヶ所以上ある
3)薬物療法に関係なく、NRSが4未満である
4)2週間以内に、化学療法もしくは放射線療法を受けた
5)標的病変の不安定性がある(具体的には以下の状態にあるもの)
 ・病的骨折
 ・手術による安定化が必要な切迫骨折
 ・金属製品による外科的安定化の術後
6)透析を受けている
7)以下の事項を含めた日常生活に支障のある心機能障害がある
 ・不安定狭心症があり、薬物療法を受けている
 ・臨床研究への登録前6ヵ月以内に、心筋梗塞を発症している
 ・コントロール困難なうっ血性心不全があり、薬物療法(利尿剤以外)を要する
 ・その他臨床研究担当医師が適当でないと判断した心機能障害
8)重症高血圧(薬物療法を受けて拡張期血圧>100)
9)心臓ペースメーカーなどのMRIに適合しない埋め込み型金属装置、身体的制限(体重>113㎏)、閉所恐怖症などMRIの標準的な禁忌症がある
10)進行性の腎疾患、MRI造影剤(マグネビストなど)に対する既知の過敏症がある
11)Karnofsky Performance Statusスコア<60
12)重症脳血管疾患がある(複数の脳血管疾患または6ヵ月以内の脳血管疾患発症)
13)長時間(約2時間)の姿勢保持が不可能である
14)標的病変が神経束、腸管または膀胱から10㎜以内にある
15)別の臨床研究に参加している、あるいは過去30日間に参加していた
16)担当医師やスタッフをコミュニケーションがとれない
17)疼痛源が特定できない
18)妊婦または授乳婦
19)著しい凝固時間の延長(INR>1.5を上限とする)
20)その他臨床研究担当医師が適当でないと判断した者
1) Patients with uncontrolled pain lesion except for targeted tumor.
2) More than 4 painful lesions.
3) Patients with NRS (0-10 scale) pain score <4 irrespective of medication.
4) No radiation therapy or chemotherapy in the past two weeks.
5) Patients with unstability of targeted tumor:
-Pathological fracture
-Need surgical stabilization in impending fracture.
-Patients with surgical stabilization with metallic hard ware.
6) Patients on dialysis.
7) Patients with unstable cardiac status which interfere with daily life.
-Unstable angina pectoris on medication.
-Patients developed myocardial infarction within six months of protocol entry.
-Congestive heart failure requiring medication (other than siuretic).
-Any patients disqualified by a study physician because of their cardiac status.
8) Patients with severe hypertension (diastolic BP > 100 on medication).
9) Patients with standard contraindications for MR imaging such as non-MRI compatible implanted metallic devices including cardiac pacemakers, size limitations (weight > 113kilograms) and claustrophobia.
10) Known hypersensitivity to the MRI contrast agent (e.g. Magnevist etc.) including advanced kidney disease.
11) Karnofsky Performance Status < 60.
12) Severe cerebrovascular disease (multiple CVA or CVA within 6 months).
13) Individuals who are not able to tolerate prolonged stationary position during treatment (approximately 2 hrs).
14) Patients whose targeted tumor is less than 10-mm from nurve bundle, intestine or bladder.
15) Patients who are participating or have participated in another clinical trial in last 30 days.
16) Patients unable to communicate with the investigator and staff.
17) Pain source unidentifiable.
18) Patients who are pregnant or lactating.
19) Conspicuous prolong of coagulation time (limit to INR>1.5).
20) Any patients disqualified by a study physician or any other reason.
目標参加者数/Target sample size 10

責任研究者/Research contact person
責任研究者名/Name of lead principal investigator 河野 博隆 Hirotaka Kawano
所属組織/Organization 帝京大学医学部 Teikyo University School of Medicine
所属部署/Division name 整形外科学講座 Department of Orthopedic Surgery
住所/Address 173-8605 東京都板橋区加賀2-11-1 2-11-1 Kaga, Itabashi-ku, Tokyo 173-8601, Japan
電話/TEL 03-3964-1211(32660)
Email/Email hkawano-tky@umin.net

試験問い合わせ窓口/Public contact
試験問い合わせ窓口担当者名/Name of contact person 河野 博隆 Hirotaka Kawano
組織名/Organization 帝京大学医学部 Teikyo University School of Medicine
部署名/Division name 整形外科学講座 Department of Orthopedic Surgery
住所/Address 173-8605 東京都板橋区加賀2-11-1 2-11-1 Kaga, Itabashi-ku, Tokyo 173-8601, Japan
電話/TEL 03-3964-1211(32660)
試験のホームページURL/Homepage URL
Email/Email hkawano-tky@umin.net

実施責任組織/Sponsor
機関名/Institute 帝京大学 Teikyo University School of Medicine
機関名/Institute
(機関選択不可の場合)

部署名/Department 医学部

研究費提供組織/Funding Source
機関名/Organization 自己調達 Shintoshin Musashino clinic
機関名/Organization
(機関選択不可の場合)
新都心むさしのクリニック
組織名/Division
組織の区分/Category of Funding Organization 自己調達/Self funding
研究費拠出国/Nationality of Funding Organization 日本 Japan

その他の関連組織/Other related organizations
共同実施組織/Co-sponsor

その他の研究費提供組織/Name of secondary funder(s)


他機関から発行された試験ID/Secondary IDs
他機関から発行された試験ID/Secondary IDs いいえ/NO
試験ID1/Study ID_1
ID発行機関1/Org. issuing International ID_1

試験ID2/Study ID_2
ID発行機関2/Org. issuing International ID_2

治験届/IND to MHLW

試験実施施設/Institutions
試験実施施設名称/Institutions 帝京大学医学部附属病院(東京都)、新都心むさしのクリニック(埼玉県)

その他の管理情報/Other administrative information
一般公開日(本登録希望日)/Date of disclosure of the study information
2017 12 07

試験進捗状況/Progress
試験進捗状況/Recruitment status 開始前/Preinitiation
プロトコル確定日/Date of protocol fixation
2017 11 30
登録・組入れ開始(予定)日/Anticipated trial start date
2018 01 15
フォロー終了(予定)日/Last follow-up date
入力終了(予定)日/Date of closure to data entry
データ固定(予定)日/Date trial data considered complete
解析終了(予定)日/Date analysis concluded

関連情報/Related information
プロトコル掲載URL/URL releasing protocol
試験結果の公開状況/Publication of results 未公表/Unpublished
結果掲載URL/URL releasing results
主な結果/Results

その他関連情報/Other related information


管理情報/Management information
登録日時/Registered date
2017 12 07
最終更新日/Last modified on
2017 12 07


閲覧ページへのリンク/Link to view the page
URL(日本語) https://upload.umin.ac.jp/cgi-open-bin/ctr/ctr_view.cgi?recptno=R000034430
URL(英語) https://upload.umin.ac.jp/cgi-open-bin/ctr_e/ctr_view.cgi?recptno=R000034430

研究計画書
登録日時 登録者 ファイル名

研究症例データ仕様書
登録日時 登録者 ファイル名

研究症例データ
登録日時 登録者 ファイル名


UMIN臨床試験登録システムのご使用に関するお問い合わせは、こちらのお問い合わせフォーム からお願いいたします。それ以外のお問い合わせは、 こちら よりお願い致します。