UMIN-CTR 臨床試験登録情報の閲覧

BACK TOP
UMIN-CTR ホーム 用語の説明(簡易版) 用語の説明(詳細版)--準備中 FAQ

利用者名:
UMIN ID:

試験進捗状況 参加者募集終了‐試験継続中/No longer recruiting
UMIN試験ID UMIN000032448
受付番号 R000036991
科学的試験名 アルポート症候群患者を対象としたバルドキソロンメチルの有効性及び安全性を検討する第2/3相試験
一般公開日(本登録希望日) 2018/05/01
最終更新日 2019/10/01

※ 本ページ収載の情報は、臨床試験に関する情報公開を目的として、UMINが開設しているUMIN臨床試験登録システムに提供された臨床試験情報です。
※ 特定の医薬品や治療法等については、医療関係者や一般の方に向けて広告することは目的としていません。


基本情報/Basic information
一般向け試験名/Public title アルポート症候群患者を対象としたバルドキソロンメチルの有効性及び安全性を検討する第2/3相試験 A Phase 2/3 Trial of the Efficacy and Safety of Bardoxolone Methyl in Patients with Alport Syndrome
一般向け試験名略称/Acronym CARDINAL CARDINAL
科学的試験名/Scientific Title アルポート症候群患者を対象としたバルドキソロンメチルの有効性及び安全性を検討する第2/3相試験 A Phase 2/3 Trial of the Efficacy and Safety of Bardoxolone Methyl in Patients with Alport Syndrome
科学的試験名略称/Scientific Title:Acronym CARDINAL CARDINAL
試験実施地域/Region
日本/Japan 北米/North America
オセアニア/Australia 欧州/Europe

対象疾患/Condition
対象疾患名/Condition アルポート症候群 Alport Syndrome
疾患区分1/Classification by specialty
腎臓内科学/Nephrology 小児科学/Pediatrics
泌尿器科学/Urology
疾患区分2/Classification by malignancy 悪性腫瘍以外/Others
ゲノム情報の取扱い/Genomic information はい/YES

目的/Objectives
目的1/Narrative objectives1 ・バルドキソロンメチル投与開始後48週の推算糸球体濾過量(eGFR)のベースラインからの変化量をプラセボと比較し、評価する。
・バルドキソロンメチル投与開始後48週の安全性をプラセボと比較し、評価する。
- To assess the change from baseline in estimated glomerular filtration rate (eGFR) in bardoxolone methyl-treated patients relative to placebo after 48 weeks of treatment.
- To assess the safety of bardoxolone methyl relative to placebo after 48 weeks of treatment.
目的2/Basic objectives2 安全性・有効性/Safety,Efficacy
目的2 -その他詳細/Basic objectives -Others

試験の性質1/Trial characteristics_1
試験の性質2/Trial characteristics_2
試験のフェーズ/Developmental phase

評価/Assessment
主要アウトカム評価項目/Primary outcomes バルドキソロンメチル投与患者において、プラセボと比較した、Week 48におけるeGFRのベースラインからの変化量 The change from baseline in eGFR in bardoxolone methyl-treated patients relative to placebo at Week 48
副次アウトカム評価項目/Key secondary outcomes バルドキソロンメチル投与患者において、プラセボと比較した、4週間の投与休薬期間後のWeek 52におけるeGFRのベースラインからの変化量 The change from baseline in eGFR in bardoxolone methyl-treated patients relative to placebo at Week 52 following a 4-week drug treatment withdrawal period.

基本事項/Base
試験の種類/Study type 介入/Interventional

試験デザイン/Study design
基本デザイン/Basic design 並行群間比較/Parallel
ランダム化/Randomization ランダム化/Randomized
ランダム化の単位/Randomization unit 個別/Individual
ブラインド化/Blinding 二重盲検/Double blind -all involved are blinded
コントロール/Control プラセボ・シャム対照/Placebo
層別化/Stratification
動的割付/Dynamic allocation
試験実施施設の考慮/Institution consideration
ブロック化/Blocking
割付コードを知る方法/Concealment

介入/Intervention
群数/No. of arms 2
介入の目的/Purpose of intervention 治療・ケア/Treatment
介入の種類/Type of intervention
医薬品/Medicine
介入1/Interventions/Control_1 薬物:バルドキソロンメチル
バルドキソロンメチルの用量は、ベースライン時の蛋白尿状態に基づいて、5 mgから最大20 mg又は30 mgまで漸増する。投与期間は最長で2年間。
Drug: Bardoxolone Methyl
Bardoxolone methyl dose escalated from 5 mg to a maximum of 20 or 30 mg, depending on baseline proteinuria status. Dosing period is up to 2 years.
介入2/Interventions/Control_2 薬物:プラセボ経口カプセル
不活性のプラセボを含むカプセルを最長で2年間投与する。
Drug: Placebo Oral Capsule
Capsule containing an inert placebo is administrated up to 2 years.
介入3/Interventions/Control_3

介入4/Interventions/Control_4

介入5/Interventions/Control_5

介入6/Interventions/Control_6

介入7/Interventions/Control_7

介入8/Interventions/Control_8

介入9/Interventions/Control_9

介入10/Interventions/Control_10


適格性/Eligibility
年齢(下限)/Age-lower limit
12 歳/years-old 以上/<=
年齢(上限)/Age-upper limit
70 歳/years-old 以下/>=
性別/Gender 男女両方/Male and Female
選択基準/Key inclusion criteria 1. 男女の患者で同意取得時に12歳以上、70歳以下である患者
2. 遺伝子検査(COL4A3、COL4A4又はCOL4A5を含むアルポート症候群に関連する遺伝子の突然変異の確認)又は電子顕微鏡を用いた組織学的評価によりアルポート症候群の診断を受けた患者
3. スクリーニング時の推算糸球体濾過量(eGFR)が30 mL/min/1.73 m2以上、90 mL/min/1.73 m2以下(スクリーニングA及びスクリーニングBのeGFR値の平均として)。適格性確認に用いられるスクリーニングA及びBの来院時に収集される2つのeGFR値のパーセント差が25%以下である患者
4. スクリーニングBの来院時のACRが3,500 mg/g以下である患者。ACRが301 mg/g ~3,500 mg/gである患者は第2相コホートに組み入れる患者の50%、第3相コホートに組み入れる患者の約40%までとする。これらの患者の組入れが終了すると、ACRの選択基準は300 mg/g以下となる。
5. スクリーニングAの来院の前6週間以上にわたり、添付文書上の1日最大量でアンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬及び/又はアンジオテンシンII受容体遮断薬(ARB)の投与を受けている患者。ACE阻害薬及び/又はARBの用量は残りの治験期間を通して同じ用量を維持し(用量又は薬物を変更しない)、すべての変更はメディカルモニターと協議する必要がある。投与を必要としてない、又は医学的禁忌のためACE阻害薬及び/又はARBを現在投与されていない患者は、スクリーニングAの来院の8週間以上前から患者がACE阻害薬及び/又はARBを服用していない場合、適格となる可能性がある。
6. 以下の通り、スクリーニングAの来院時に十分な骨髄予備能及び臓器機能がある患者:
a. 血液学的検査:好中球絶対数 1500/μL超、血小板数 100000/μL超、ヘモグロビン 9 g/dL以上
b. 肝機能検査:総ビリルビン(TBL)1.5×正常上限(ULN)以下、アラニンアミノトランスフェラーゼ(ALT)及びアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ(AST)1.5×ULN以下
7. カプセルの服用が可能である患者
8. 予定された来院スケジュール、治験薬投与計画や臨床検査等の治験の手順に従うことができ、またその意思がある患者
9. 患者本人(又は代諾者)が、本治験で必須とされる手順を開始する前に、すべての関連する事項について説明を受けたことを示す同意説明文書(又は必要な場合、アセント文書)に署名と日付を記入している患者
1. Male and female patients from the age of 12 to 70 upon study consent
2. Diagnosis of Alport syndrome by genetic testing (documented mutation in a gene associated with Alport syndrome, including COL4A3, COL4A4, or COL4A5) or histologic assessment using electron microscopy
3. Screening eGFR (average of Screen A and Screen B eGFR values) is from 30 to 90 mL/min/1.73 m2. The two eGFR values collected at Screen A and Screen B visits used to determine eligibility must have a percent difference of 25% and under
4. Albumin to creatinine ratio (ACR) is 3500 mg/g and under at Screen B visit. Up to 50% of patients in the Phase 2 cohort and approximately 40% of patients enrolled in the Phase 3 cohort can have ACR of 301 to 3500 mg/g. Once enrollment of these patients is complete, the ACR inclusion criterion is 300 mg/g and under.
5. Patients receiving an angiotensin-converting enzyme (ACE) inhibitor and/or an angiotensin II receptor blocker (ARB) should be receiving the maximally tolerated labeled daily dose for at least 6 weeks prior to the Screen A visit. The dosage of ACE inhibitor and/or ARB should remain the same throughout the remainder of the study. Patients not currently taking an ACE inhibitor and/or ARB because they are not indicated or because of a medical contraindication may be eligible provided the patient has not taken an ACE inhibitor and/or ARB at least 8 weeks prior to the Screen A visit.
6. Adequate bone marrow reserve and organ function at the Screen A visit as follows:
a. Hematologic: Absolute neutrophil count > 1500/microliter, platelets > 100000/microliter, hemoglobin of 9 g/dL and over
b. Hepatic: Total bilirubin (TBL) of 1.5X the upper limit of normal (ULN) and under, ALT and AST of 1.5X ULN and under
7. Able to swallow capsules
8. Willing and able to comply with scheduled visits, treatment plan, laboratory tests, and other study procedures
9. Evidence of a personally signed and dated informed consent document
除外基準/Key exclusion criteria 1. 過去にバルドキソロンメチルを投与された患者
2. 慢性血液透析又は腹膜透析療法を施行中の患者
3. 腎移植歴のある患者
4. スクリーニングAの来院時の脳性ナトリウム利尿ペプチド(BNP)値が200 pg/mL超である患者
5. スクリーニングAの来院時にコントロール困難な糖尿病の患者(HbA1c > 11.0%)
6. スクリーニングAの来院の前12週間以内又はスクリーニング期間中に急性透析を受けた、あるいは急性腎障害を発症した患者
7. スクリーニングAの来院時の血清アルブミンが3 g/dL未満の患者
8. 臨床的に重大な左心疾患及び/又は臨床的に重大な心疾患の既往がある患者
9. コントロール不良な全身性高血圧が認められる患者。スクリーニングAの来院時に一定時間安静にした後、座位で測定した収縮期血圧が160 mmHgを超える又は拡張期血圧が100 mmHgを超える患者
10. スクリーニングAの来院時に一定時間安静にした後、測定した収縮期血圧が90 mmHg未満である患者
11. スクリーニングAの来院前5年以内に悪性疾患の既往のある患者(局所皮膚がん及び子宮頚部がんを除く)
12. 無作為化の前12週間以内に、累積で、2週間以上にわたり全身性の免疫抑制療法を行った患者、又は本治験期間中に免疫抑制療法が必要になると予測される患者
13. 無治療又はコントロール不良である活動性の細菌、真菌、ウイルス感染症の患者
14. Day 1の前30日以内に、他の治験に参加した患者
15. スクリーニング期間、治験薬投与期間、及び、投与終了後少なくとも30日間を通しての避妊に同意できない患者(妊娠可能なパートナーを含む男性患者、及び、妊娠可能な女性患者のいずれも含む)
16. 妊娠中又は授乳中の女性患者
17. 治験薬の成分に過敏症であることが判明している患者

1. Prior exposure to bardoxolone methyl
2. Ongoing chronic hemodialysis or peritoneal dialysis therapy
3. Renal transplant recipient
4. B-type natriuretic peptide (BNP) level > 200 pg/mL at Screen A visit
5. Uncontrolled diabetes (HbA1c > 11.0%) at Screen A visit
6. Acute dialysis or acute kidney injury within 12 weeks prior to Screen A visit or during Screening
7. Serum albumin < 3 g/dL at Screen A visit
8. History of clinically significant left-sided heart disease and/or clinically significant cardiac disease
9. Uncontrolled systemic hypertension as evidenced by sitting systolic blood pressure (BP) > 160 mm Hg or sitting diastolic BP > 100 mm Hg at Screen A visit after a period of rest
10. Systolic BP < 90 mm Hg at Screen A visit after a period of rest
11. History of malignancy within 5 years prior to Screen A visit, with the exception of localized skin or cervical carcinomas
12. Systemic immunosuppression for more than 2 weeks, cumulatively, within the 12 weeks prior to randomization or anticipated need for immunosuppression during the study
13. Untreated or uncontrolled active bacterial, fungal, or viral infection
14. Participation in other interventional clinical studies within 30 days prior to Day 1
15. Unwilling to practice acceptable methods of birth control (both males who have partners of child-bearing potential and females of childbearing potential) during Screening, while taking study drug, and for at least 30 days after the last dose of study drug is ingested
16. Women who are pregnant or breastfeeding
17. Known hypersensitivity to any component of the study drug
目標参加者数/Target sample size 180

責任研究者/Research contact person
責任研究者/Name of lead principal investigator
Colin
ミドルネーム
Meyer
Colin
ミドルネーム
Meyer
所属組織/Organization Reata Pharmaceuticals, Inc Reata Pharmaceuticals, Inc
所属部署/Division name Product Development Product Development
郵便番号/Zip code TX 75063
住所/Address 2801 Gateway Drive, Suite 150 Irving, Texas, USA 2801 Gateway Drive, Suite 150 Irving, Texas, USA
電話/TEL +1-972-865-2202
Email/Email Colin.Meyer@reatapharma.com

試験問い合わせ窓口/Public contact
試験問い合わせ窓口担当者/Name of contact person
隆浩
ミドルネーム
木村
Takahiro
ミドルネーム
Kimura
組織名/Organization コーヴァンス・ジャパン株式会社 Covance Japan Co., Ltd.
部署名/Division name 臨床開発事業本部 Clinical Development Services
郵便番号/Zip code 104-6108
住所/Address 東京都中央区晴海1-8-11 晴海トリトンスクエア オフィスタワーY8階 Harumi Triton Square Office Tower Y 8F 1-8-11, Harumi, Cho-ku, Tokyo
電話/TEL 03-6837-9525
試験のホームページURL/Homepage URL
Email/Email takahiro.kimura@covance.com

実施責任組織/Sponsor
機関名/Institute その他 Reata Pharmaceuticals, Inc
機関名/Institute
(機関選択不可の場合)
Reata Pharmaceuticals, Inc
部署名/Department

研究費提供組織/Funding Source
機関名/Organization その他 Reata Pharmaceuticals, Inc
機関名/Organization
(機関選択不可の場合)
Reata Pharmaceuticals, Inc
組織名/Division
組織の区分/Category of Funding Organization 海外/Outside Japan
研究費拠出国/Nationality of Funding Organization


その他の関連組織/Other related organizations
共同実施組織/Co-sponsor

その他の研究費提供組織/Name of secondary funder(s)


IRB等連絡先(公開)/IRB Contact (For public release)
組織名/Organization 独立行政法人地域医療機能推進機構 仙台病院治験審査委員会 Japan Community Health care Organization Sendai Hospital Institutional Review Board
住所/Address 宮城県仙台市青葉区堤町3-16-1 3-16-1 Tsutsumimachi, Aoba-ku, Sendai, Miyagi
電話/Tel 022-275-3111
Email/Email keiko-yoshino@j-smo.com

他機関から発行された試験ID/Secondary IDs
他機関から発行された試験ID/Secondary IDs はい/YES
試験ID1/Study ID_1 NCT03019185
ID発行機関1/Org. issuing International ID_1 ClinicalTrials.gov ClinicalTrials.gov
試験ID2/Study ID_2
ID発行機関2/Org. issuing International ID_2

治験届/IND to MHLW

試験実施施設/Institutions
試験実施施設名称/Institutions 独立行政法人地域医療機能推進機構 仙台病院(宮城県)
埼玉県立小児医療センター(埼玉県)
順天堂大学医学部附属順天堂医院(東京都)
東京都立小児総合医療センター(東京都)
聖マリアンナ医科大学病院(神奈川県)
名古屋第二赤十字病院(愛知県)
独立行政法人地域医療機能推進機構 中京病院(愛知県)
公益財団法人 田附興風会 医学研究所 北野病院(大阪府)
神戸大学医学部附属病院(兵庫県)
佐賀大学医学部附属病院(佐賀県)

その他の管理情報/Other administrative information
一般公開日(本登録希望日)/Date of disclosure of the study information
2018 05 01

関連情報/Related information
プロトコル掲載URL/URL releasing protocol
試験結果の公開状況/Publication of results 中間解析等の途中公開/Partially published

結果/Result
結果掲載URL/URL related to results and publications
組み入れ参加者数/Number of participants that the trial has enrolled 180
主な結果/Results
第2相試験部分(オープンラベル)の投与開始後52週までのデータ:
有効性について、推算糸球体濾過量(eGFR)により評価される腎機能の有意な増加が48週目まで維持されることが示された。48週目のeGFRのベースラインからの平均改善度は10.4 mL/min/1.73 m2(n=25; p<0.0001)であった。その後4週間の休薬を経て測定した52週目のeGFRのベースラインから平均改善度は4.1 mL/min/1.73 m2であった。
安全性について、有害事象は、概して軽度から中等度であり、因果関係を否定できない重篤な有害事象は報告されなかった。
Data of open-label Phase 2 portion through Week 52:
Efficacy results demonstrate that significant increases in kidney function, as measured by eGFR, are maintained through Week 48. Mean improvement from baseline in eGFR at Week 48 is 10.4 mL/min/1.73 m2 (n=25; p<0.0001). Following 4 week drug treatment withdrawal period, mean improvement from baseline in eGFR at Week 52 is 4.1 mL/min/1.73 m2.
主な結果入力日/Results date posted
2019 05 11
結果掲載遅延/Results Delayed
結果遅延理由/Results Delay Reason

最初の試験結果の出版日/Date of the first journal publication of results
参加者背景/Baseline Characteristics

参加者の流れ/Participant flow

有害事象/Adverse events

評価項目/Outcome measures

個別症例データ共有計画/Plan to share IPD

個別症例データ共有計画の詳細/IPD sharing Plan description


試験進捗状況/Progress
試験進捗状況/Recruitment status 参加者募集終了‐試験継続中/No longer recruiting
プロトコル確定日/Date of protocol fixation
2016 11 15
倫理委員会による承認日/Date of IRB
2017 11 06
登録・組入れ開始(予定)日/Anticipated trial start date
2018 05 01
フォロー終了(予定)日/Last follow-up date
2020 11 30
入力終了(予定)日/Date of closure to data entry
データ固定(予定)日/Date trial data considered complete
解析終了(予定)日/Date analysis concluded

その他/Other
その他関連情報/Other related information 日本においては、第3相試験部分である二重盲検無作為化プラセボ対照試験を実施中である。 In Japan, a double-blind, randomized, and placebo-controlled study is under way, which is Phase 3 portion.

管理情報/Management information
登録日時/Registered date
2018 05 01
最終更新日/Last modified on
2019 10 01


閲覧ページへのリンク/Link to view the page
URL(日本語) https://upload.umin.ac.jp/cgi-open-bin/ctr/ctr_view.cgi?recptno=R000036991
URL(英語) https://upload.umin.ac.jp/cgi-open-bin/ctr_e/ctr_view.cgi?recptno=R000036991

研究計画書
登録日時 ファイル名

研究症例データ仕様書
登録日時 ファイル名

研究症例データ
登録日時 ファイル名


UMIN臨床試験登録システムのご使用に関するお問い合わせは、こちらのお問い合わせフォーム からお願いいたします。それ以外のお問い合わせは、 こちら よりお願い致します。