UMIN-CTR 臨床試験登録情報の閲覧

BACK TOP
UMIN-CTR ホーム 用語の説明(簡易版) 用語の説明(詳細版)--準備中 FAQ

利用者名:
UMIN ID:

試験進捗状況 開始前/Preinitiation
UMIN試験ID UMIN000033163
受付番号 R000037580
試験名 日本人自閉スペクトラム症患児、注意欠如・多動性障害患児、その兄弟、健常児を対象とした腸内細菌叢横断調査
一般公開日(本登録希望日) 2018/06/27
最終更新日 2018/06/27

※ 本ページ収載の情報は、臨床試験に関する情報公開を目的として、UMINが開設しているUMIN臨床試験登録システムに提供された臨床試験情報です。
※ 特定の医薬品や治療法等については、医療関係者や一般の方に向けて広告することは目的としていません。


基本情報/Basic information
試験名/Official scientific title of the study 日本人自閉スペクトラム症患児、注意欠如・多動性障害患児、その兄弟、健常児を対象とした腸内細菌叢横断調査 A Cross sectional Study of Fecal Microbiome among Japanese Children with Autistic Spectrum Disorder, Attention Deficit Hyperactivity Disorder, Their Siblings and Typically Developing Children
試験簡略名/Title of the study (Brief title) 自閉症スペクトラム症患児、注意欠如・多動性障害患児における腸内細菌叢 Gut Microbiome of Children with Autistic Spectrum Disorder and Attention Deficit Hyperactivity Disorder
試験実施地域/Region
日本/Japan

対象疾患/Condition
対象疾患名/Condition 自閉症スペクトラム障害、注意欠如多動性障害 Autism Spectrum Disorder, Attention Deficit Hyperactive Disorder
疾患区分1/Classification by specialty
精神神経科学/Psychiatry 小児/Child
疾患区分2/Classification by malignancy 悪性腫瘍以外/Others
ゲノム情報の取扱い/Genomic information いいえ/NO

目的/Objectives
目的1/Narrative objectives1 日本人のASD 患児、ADHD 患児、その兄弟、健常児を対象として、対象者から採便し腸内細菌叢とその代謝産物を計測すると同時に、各疾患の重症度評価、生活習慣などの情報を収集する。各群における重症度、生活習慣と腸内細菌との関連を調査する。 We collect feces samples from Japanese children with either ASD or ADHD, their siblings and typically developing children. Clinical Information will also be collected together with severity of each disease and lifestyle habits.
The purpose of this study is to investigate the difference between intestinal bacterial flora and its metabolites in each group and to examine the interaction between intestinal bacterial flora and neuropsychiatric function.
目的2/Basic objectives2 有効性/Efficacy
目的2 -その他詳細/Basic objectives -Others

試験の性質1/Trial characteristics_1
試験の性質2/Trial characteristics_2
試験のフェーズ/Developmental phase

評価/Assessment
主要アウトカム評価項目/Primary outcomes 各研究協力者から、1か月の期間内に最低1 回、最大3 回、便検体を採取する。
16SrRNA法を用いた腸内細菌叢のメタゲノム解析、質量分析を用いた代謝産物測定を行う。
Feces samples will be collected at least 3 times during one month period.
Bacterial metagenome and metabolomics will be assessed with 16SrRNA methodology and Mass spectrometry
副次アウトカム評価項目/Key secondary outcomes 患児を対象
・自閉症診断観察検査第2 版
・小児自閉症評価尺度

全ての患児、兄弟、健常時の保護者を対象
・生育歴・生活習慣の調査票
・簡易型自記式食事歴法質問票15y
・自閉症スペクトラム指数
・コナーズ3
・異常行動チェックリスト
・感覚プロフィール
・消化器疾患症状尺度
・消化器症状に関する簡易調査票
To Patients
Autism Diagnostic Observation Schedule: ADOS-2
Childhood Autism Rating Scale: CARS

To parents or caregivers of all children
Original questionnaire of lifestyles and Growth history
Brief-type self-administered Diet History
Questionnaire: BDHQ
Autism-spectrum quotient: AQ-J
Conners 3
Abberant Behavior Checklist: ABC-J
Sensory Profile: SP
Gastrointestinal Symptom Rating Scale: GSRS
Original questionnaire of Gastrointestinal Symptom

基本事項/Base
試験の種類/Study type 観察/Observational

試験デザイン/Study design
基本デザイン/Basic design
ランダム化/Randomization
ランダム化の単位/Randomization unit
ブラインド化/Blinding
コントロール/Control
層別化/Stratification
動的割付/Dynamic allocation
試験実施施設の考慮/Institution consideration
ブロック化/Blocking
割付コードを知る方法/Concealment

介入/Intervention
群数/No. of arms
介入の目的/Purpose of intervention
介入の種類/Type of intervention
介入1/Interventions/Control_1

介入2/Interventions/Control_2

介入3/Interventions/Control_3

介入4/Interventions/Control_4

介入5/Interventions/Control_5

介入6/Interventions/Control_6

介入7/Interventions/Control_7

介入8/Interventions/Control_8

介入9/Interventions/Control_9

介入10/Interventions/Control_10


適格性/Eligibility
年齢(下限)/Age-lower limit
6 歳/years-old 以上/<=
年齢(上限)/Age-upper limit
13 歳/years-old 未満/>
性別/Gender 男女両方/Male and Female
選択基準/Key inclusion criteria <ASD 患児、ADHD 患児の場合>
・臨床的にASD、ADHD と診断され、慶應義塾大学病院および共同研究施設に外来通院中ないし入院中である(ASD およびADHD の併存例を排除しない)
・同意取得時の年齢が6 歳以上13 歳未満である
・代諾者からの同意が得られる

<患児の兄弟の場合>
・患児の家族で精神疾患に罹患歴のない健常児
・同意取得時の年齢が6 歳以上13 歳未満である
・代諾者からの同意が得られる


<健常児の場合>
・ホームページ等の募集公告をみて(代諾者や本人が)研究参加を希望した精神疾患に罹患歴のない健常児
・同意取得時の年齢が6 歳以上13 歳未満である
・代諾者からの同意が得られる
<In cases of ASD, ADHD children>
(including co-existence of ASD and ADHD)
Age above 6 years old and less than 13 years old at the time of agreement.

<In cases of their siblings>
Age above 6 years old and less than 13 years old at the time of agreement.

<In cases of healthy participants>
Typically developing children who are willing to participate in the study
without family history of psychiatric disorders.
Age above 6 years old and less than 13 years old at the time of agreement
除外基準/Key exclusion criteria <ASD 患児、ADHD 患児の場合>
・他の精神疾患、脳の器質的異常(てんかん、統合失調症、強迫性障害など)を有する
・重篤な全身性の身体疾患(甲状腺機能障害、免疫疾患など)を有する
・重篤な消化管疾患に罹患している、あるいは罹患していたため手術を受けたことがある(消化器がん、先天的腸閉塞、ヒルシュスプルング病など)
・3 か月以内に抗生物質の投与を受けている
・便検体の採取を何らかの理由で実行できないと思われる(採便のストレスによって精神症状が悪化しうるなど)
・本研究で行う面接評価により、精神的・身体的負荷が生じ精神症状が悪化しうると思われる
・その他研究責任者または分担者が不適当と判断した者

<患児の兄弟の場合>
・重篤な全身性の身体疾患(甲状腺機能障害、免疫疾患など)を有する
・重篤な消化管疾患に罹患している、あるいは罹患していたため手術を受けたことがある(消化器がん、先天的腸閉塞、ヒルシュスプルング病など)
・3 か月以内に抗生物質の投与を受けている
・便検体の採取を何らかの理由で実行できないと思われる
・本研究で行う面接評価に耐えられないと思われる
・その他研究責任者または分担者が不適当と判断した者

<健常児の場合>
・二親等以内に、精神疾患の家族歴を有する者
・重篤な全身性の身体疾患(甲状腺機能障害、免疫疾患など)を有する
・重篤な消化管疾患に罹患している、あるいは罹患していたため手術を受けたことがある(消化器がん、先天的腸閉塞、ヒルシュスプルング病など)
・3 か月以内に抗生物質の投与を受けている
<In cases of ASD, ADHD children>
Having other mental disorders, organic brain abnormalities (epilepsy, schizophrenia, obsessive-compulsive disorder, etc.)
Having serious systemic physical disorders (thyroid dysfunction, immune diseases, etc.)
Underwent surgery due to serious gastrointestinal disorder or in treatment of severe gastrointestinal disorders(gastrointestinal cancer, congenital bowel obstruction, Hirschsprung disease etc.)
Received antibiotics within 3 months
Collection of fecal samples can not be performed for any reason (such as mental symptoms can be worsened due to stress, etc.)
Psychological symptoms may worsen due to mental and physical burden caused by interview evaluation conducted in this research
Other reasons in which researchers considered to be inappropriate

<In cases of their siblings>
Having serious systemic physical disorders (thyroid dysfunction, immune diseases, etc.)
Having undergone surgery due to serious gastrointestinal disorder or in treatment of severe gastrointestinal disorders(gastrointestinal cancer, congenital bowel obstruction, Hirschsprung disease etc.)
Received antibiotics within 3 months
Collection of fecal samples can not be performed for some reason
Large burden caused by interview evaluation conducted in this research
Other reasons in which researchers considered to be inappropriate

<In cases of healthy participants>
Family history of mental illness within the second degree,
Having serious systemic physical disorders (thyroid dysfunction, immune diseases, etc.)
Having undergone surgery due to serious gastrointestinal disorder or in treatment of severe gastrointestinal disorders(gastrointestinal cancer, congenital bowel obstruction, Hirschsprung disease etc.)
Received antibiotics within 3 months
Collection of fecal samples can not be performed for some reason
Large burden caused by interview evaluation conducted in this research
Other reasons in which researchers considered to be inappropriate
目標参加者数/Target sample size 160

責任研究者/Research contact person
責任研究者名/Name of lead principal investigator 岸本 泰士郎 Taishiro Kishimoto
所属組織/Organization 慶應義塾大学医学部 Keio University School of Medicine
所属部署/Division name 精神・神経科学教室 department of Neuropsychiatry
住所/Address 東京都新宿区信濃町35 35 Shinanomachi Shinjuku-ku, Tokyo, Japan 160-8582
電話/TEL 03-5363-3829
Email/Email tkishimoto@z7.keio.jp

試験問い合わせ窓口/Public contact
試験問い合わせ窓口担当者名/Name of contact person 岸本 泰士郎 Taishiro Kishimoto
組織名/Organization 慶應義塾大学医学部 Keio University School of Medicine
部署名/Division name 精神・神経科学教室 department of Neuropsychiatry
住所/Address 東京都新宿区信濃町35 35 Shinanomachi Shinjuku-ku, Tokyo, Japan 160-8582
電話/TEL 03-5363-3829
試験のホームページURL/Homepage URL
Email/Email tkishimoto@z7.keio.jp

実施責任組織/Sponsor
機関名/Institute 慶應義塾大学 Keio University School of Medicine
Neuropsychiatry dpt
機関名/Institute
(機関選択不可の場合)

部署名/Department 医学部 精神・神経科学教室

研究費提供組織/Funding Source
機関名/Organization その他 Keio Gijuku Academic Development Funds, Kawano Masanori memorial foundation, Otsuka, MOCHIDA, SHIONOGI, Meiji,Takeda. SENSHIN, Astellas, Sumitomo Dainippon, Mitsubishi Tanabe.
機関名/Organization
(機関選択不可の場合)
慶應義塾大学学事振興資金、川野小児医学奨学財団、その他、寄付金(大塚製薬、持田製薬、塩野義製薬、MeijiSeika、武田薬品工業、先進医薬研究振興財団、アステラス、大日本住友、田辺三菱
組織名/Division
組織の区分/Category of Funding Organization 営利企業/Profit organization
研究費拠出国/Nationality of Funding Organization


その他の関連組織/Other related organizations
共同実施組織/Co-sponsor

その他の研究費提供組織/Name of secondary funder(s)


他機関から発行された試験ID/Secondary IDs
他機関から発行された試験ID/Secondary IDs はい/YES
試験ID1/Study ID_1 20180024
ID発行機関1/Org. issuing International ID_1 慶應義塾大学医学部倫理委員会 Keio University School of Medicine Ethics Committee
試験ID2/Study ID_2
ID発行機関2/Org. issuing International ID_2

治験届/IND to MHLW

試験実施施設/Institutions
試験実施施設名称/Institutions 慶應義塾大学病院(東京都)
島田療育センター(東京都)
駒木野病院(東京都)
東京都立小児総合医療センター(東京都)

その他の管理情報/Other administrative information
一般公開日(本登録希望日)/Date of disclosure of the study information
2018 06 27

試験進捗状況/Progress
試験進捗状況/Recruitment status 開始前/Preinitiation
プロトコル確定日/Date of protocol fixation
2018 04 27
登録・組入れ開始(予定)日/Anticipated trial start date
2018 06 27
フォロー終了(予定)日/Last follow-up date
入力終了(予定)日/Date of closure to data entry
データ固定(予定)日/Date trial data considered complete
解析終了(予定)日/Date analysis concluded

関連情報/Related information
プロトコル掲載URL/URL releasing protocol
試験結果の公開状況/Publication of results 未公表/Unpublished
結果掲載URL/URL releasing results
主な結果/Results

その他関連情報/Other related information 対象は慶應義塾大学病院精神・神経科/駒木野病院/島田療育センター/都立小児総合医療センターに入院中あるいは外来通院中の、臨床診断によるASD患児、またはADHD患児、それらの兄弟、健常児とする。各群40名ずつを含める。

〈ASD/ADHD患児の場合〉
入院の場合:
入院期間中、研究協力者から、1か月の期間内に最低1回、最大3回、便検体を採取する。
また、便採取に合わせたタイミングに、
 ASDの重症度評価尺度である以下の2つの検査を実施する。
・自閉症診断観察検査第2版(Autism Diagnostic Observation Schedule: ADOS-2)
・小児自閉症評価尺度(Childhood Autism Rating Scale: CARS)

また、発達障害の重症度評価、消化器症状の評価、生育歴や生活習慣について聴取するために以下の8つの自記式評価尺度を保護者の援助を得て記入を要請する。
・生育歴・生活習慣の調査票
・簡易型自記式食事歴法質問票15y(Brief-type self-administered Diet History Questionnaire:BDHQ)
・自閉症スペクトラム指数(Autism-spectrum quotient: AQ-J)
・コナーズ3(Conners 3)
・異常行動チェックリスト(Abberant Behavior Checklist: ABC-J)
・感覚プロフィール(Sensory Profile: SP)
・消化器疾患症状尺度(Gastrointestinal Symptom Rating Scale:GSRS)
・消化器症状に関する簡易調査票

外来の場合:
研究協力者から、1か月の期間内に最低1回、最大3回、便検体を採取する。入院患児の場合と同様、同意取得後に保護者の援助を得て8つの自己記入式の症状評価を要請する。ASDの診断・重症度評価尺度のための検査は、別の日に設定し、同意取得から1か月以内に医師・心理士が実施する。

〈患児の兄弟および健常児の場合〉
研究協力者から、1か月の期間内に最低1回、最大3回、便検体を採取する。入院患児の場合と同様、同意取得後に保護者の援助を得て8つの自己記入式の症状評価を要請する。

上記の方法で収集したデータを、腸内細菌叢のメタゲノム解析およびメタボローム解析を組み合わせた,メタボロゲノミクスの手法を用いた解析を行い、腸内環境の情報を統合的に解析する。
また、臨床的に得られた重症度、消化器症状、食習慣など各群についても比較・検討し、腸内細菌叢と精神症状の相互作用について検討する。
Children clinically diagnosed as ASD or ADHD, will be recruited. Their siblings, typically developing children will also be recruited. Each group include maximum of 40 subjects.

<In the cases of children with ASD / ADHD>
Hospitalized patients:
During the hospital stay, stool samples will be collected 1 - 3 times within a period of 1 month.
Also, the following tests for ASD severity evaluation will be carried out.
Autism Diagnostic Observation Schedule (ADOS-2)
Childhood Autism Rating Scale (CARS)

In addition, the following 8 self-report questionnaires will be conducted with the caregivers' assistance to evaluate the severity of the developmental disorder, evaluation of gastrointestinal symptoms, growth history and lifestyle habits.
Original Growth history and Lifestyle survey form
Brief-type self-administered Diet History Questionnaire(BDHQ)
Autism-spectrum quotient (AQ-J)
Conners 3 (Conners 3)
Abnormal Behavior Checklist (ABC-J)
Sensory Profile (SP)
Gastrointestinal Symptom Rating Scale (GSRS)
Original simple survey on gastrointestinal symptoms

Outpatient cases:
Stool samples will be collected in the same time period. Same 8 self-report questionnaires will be carried out. ADOS-2 and CARS will be set on another day within 1 month from obtaining consent.

<In case of siblings and healthy children>
Stool samples will be collected in the same time period. Same 8 self-report questionnaires will be carried out.

The stool data collected by the above method will be analyzed using the combination of metabolomics and metagenomics method, and information of the intestinal environment will be integrated.
Relationship between participants' severity, gastrointestinal symptoms, dietary habits, and the intestinal microbiota will be investigated.

管理情報/Management information
登録日時/Registered date
2018 06 27
最終更新日/Last modified on
2018 06 27


閲覧ページへのリンク/Link to view the page
URL(日本語) https://upload.umin.ac.jp/cgi-open-bin/ctr/ctr_view.cgi?recptno=R000037580
URL(英語) https://upload.umin.ac.jp/cgi-open-bin/ctr_e/ctr_view.cgi?recptno=R000037580

研究計画書
登録日時 ファイル名

研究症例データ仕様書
登録日時 ファイル名

研究症例データ
登録日時 ファイル名


UMIN臨床試験登録システムのご使用に関するお問い合わせは、こちらのお問い合わせフォーム からお願いいたします。それ以外のお問い合わせは、 こちら よりお願い致します。