UMIN-CTR 臨床試験登録情報の閲覧

BACK TOP
UMIN-CTR ホーム 用語の説明(簡易版) 用語の説明(詳細版)--準備中 FAQ

利用者名:
UMIN ID:

試験進捗状況 開始前/Preinitiation
UMIN試験ID UMIN000033215
受付番号 R000037866
試験名 特定指定施設(介護型ケアハウス)入居者の遂行機能における研究-flanker task時の脳波を中心に-
一般公開日(本登録希望日) 2018/06/30
最終更新日 2018/06/30

※ 本ページ収載の情報は、臨床試験に関する情報公開を目的として、UMINが開設しているUMIN臨床試験登録システムに提供された臨床試験情報です。
※ 特定の医薬品や治療法等については、医療関係者や一般の方に向けて広告することは目的としていません。


基本情報/Basic information
試験名/Official scientific title of the study 特定指定施設(介護型ケアハウス)入居者の遂行機能における研究-flanker task時の脳波を中心に- Research on Executive Function of Nursing Home Residents:Considerationof EEG during a Flanker Task
試験簡略名/Title of the study (Brief title) 特定指定施設(介護型ケアハウス)入居者の遂行機能における研究 Research on Executive Function of Nursing Home Residents
試験実施地域/Region
日本/Japan

対象疾患/Condition
対象疾患名/Condition 軽度認知機能障害、認知症 Mild Cognitive Impairment,Dementia
疾患区分1/Classification by specialty
リハビリテーション医学/Rehabilitation medicine
疾患区分2/Classification by malignancy 悪性腫瘍以外/Others
ゲノム情報の取扱い/Genomic information いいえ/NO

目的/Objectives
目的1/Narrative objectives1 全国の高齢者福祉施設に入居する高齢者の多くは、入居期間が長期化するにつれ、認知機能障害や数多くの問題を抱えるようになる現状から、社会的負担も無視することはできない。とくに軽度認知機能障害(mild cognitive impairment;以下MCI)をもつ高齢者は、認知症へ移行する危険が非常に高いことから、その早期発見は重要である。そこで本研究では、簡便な反応時間テスト(flanker task)の成績やそのときの脳波とMCIとの関係について検討する。 As a movement period is prolonged, much of the senior citizen who moves into a welfare facility of senior citizen in the whole country can't also ignore a social burden from the current state I come to hold cognitive impairment and a large number of problems with which. Because the danger shifted to recognition shou is very high for a senior citizen with Mild Cognitive Impairment in particular, the early detection is important. So handy results of a reaction time test and relation between that case's EEG and MCI are considered by this research.
目的2/Basic objectives2 有効性/Efficacy
目的2 -その他詳細/Basic objectives -Others

試験の性質1/Trial characteristics_1
試験の性質2/Trial characteristics_2
試験のフェーズ/Developmental phase

評価/Assessment
主要アウトカム評価項目/Primary outcomes 脳波、Flanker Task、
EEG,Flanker Task
副次アウトカム評価項目/Key secondary outcomes 老年うつスケール
Timed“UpandGo”(TUG)テスト
握力
老健式活動能力指標
Montreal Cognitive Assessment
Mini-Mental State Examination
Geriatric Depression Scale
TimedUpandGotest
Grip
TMIG IndexofCompetence
Montreal Cognitive Assessment
Mini-Mental State Examination

基本事項/Base
試験の種類/Study type 観察/Observational

試験デザイン/Study design
基本デザイン/Basic design
ランダム化/Randomization
ランダム化の単位/Randomization unit
ブラインド化/Blinding
コントロール/Control
層別化/Stratification
動的割付/Dynamic allocation
試験実施施設の考慮/Institution consideration
ブロック化/Blocking
割付コードを知る方法/Concealment

介入/Intervention
群数/No. of arms
介入の目的/Purpose of intervention
介入の種類/Type of intervention
介入1/Interventions/Control_1

介入2/Interventions/Control_2

介入3/Interventions/Control_3

介入4/Interventions/Control_4

介入5/Interventions/Control_5

介入6/Interventions/Control_6

介入7/Interventions/Control_7

介入8/Interventions/Control_8

介入9/Interventions/Control_9

介入10/Interventions/Control_10


適格性/Eligibility
年齢(下限)/Age-lower limit
75 歳/years-old 以上/<=
年齢(上限)/Age-upper limit
100 歳/years-old 以下/>=
性別/Gender 男女両方/Male and Female
選択基準/Key inclusion criteria ケアハウスに入居している75歳以上の高齢者 More than 75-year-old senior citizen who moves into a nursing home
除外基準/Key exclusion criteria 視覚障害や高度な認知機能障害を有する者 Person with visual disorder and high cognitive impairment
目標参加者数/Target sample size 30

責任研究者/Research contact person
責任研究者名/Name of lead principal investigator 小松 泰喜 Taiki komatsu
所属組織/Organization 日本大学  Nihon University
所属部署/Division name スポーツ科学部 College of Sports Science
住所/Address 〒154-8513 東京都世田谷区下馬三丁目34番1号 3-34-1 Shimouma, Setagaya-ku, TOKYO 154-8513 JAPAN.
電話/TEL 03-6453-1766
Email/Email komatsu.taiki@nihon-u.ac.jp

試験問い合わせ窓口/Public contact
試験問い合わせ窓口担当者名/Name of contact person 小松 泰喜 Taiki komatsu
組織名/Organization 日本大学  Nihon University
部署名/Division name スポーツ科学部 College of Sports Science
住所/Address 〒154-8513 東京都世田谷区下馬三丁目34番1号 3-34-1 Shimouma, Setagaya-ku, TOKYO 154-8513 JAPAN.
電話/TEL 03-6453-1766
試験のホームページURL/Homepage URL
Email/Email komatsu.taiki@nihon-u.ac.jp

実施責任組織/Sponsor
機関名/Institute 日本大学 Nihon University
機関名/Institute
(機関選択不可の場合)

部署名/Department

研究費提供組織/Funding Source
機関名/Organization 日本大学 Nihon University
機関名/Organization
(機関選択不可の場合)

組織名/Division
組織の区分/Category of Funding Organization その他/Other
研究費拠出国/Nationality of Funding Organization


その他の関連組織/Other related organizations
共同実施組織/Co-sponsor

その他の研究費提供組織/Name of secondary funder(s)


他機関から発行された試験ID/Secondary IDs
他機関から発行された試験ID/Secondary IDs いいえ/NO
試験ID1/Study ID_1
ID発行機関1/Org. issuing International ID_1

試験ID2/Study ID_2
ID発行機関2/Org. issuing International ID_2

治験届/IND to MHLW

試験実施施設/Institutions
試験実施施設名称/Institutions

その他の管理情報/Other administrative information
一般公開日(本登録希望日)/Date of disclosure of the study information
2018 06 30

試験進捗状況/Progress
試験進捗状況/Recruitment status 開始前/Preinitiation
プロトコル確定日/Date of protocol fixation
2017 05 29
登録・組入れ開始(予定)日/Anticipated trial start date
2017 11 01
フォロー終了(予定)日/Last follow-up date
入力終了(予定)日/Date of closure to data entry
データ固定(予定)日/Date trial data considered complete
解析終了(予定)日/Date analysis concluded

関連情報/Related information
プロトコル掲載URL/URL releasing protocol
試験結果の公開状況/Publication of results 未公表/Unpublished
結果掲載URL/URL releasing results
主な結果/Results

その他関連情報/Other related information  課題遂行機能は、flanker task を用いて計測する。flanker taskはPC上のプログラムで、モニター上に5つの矢印の列が呈示され、そのうちの中央のターゲット矢印の向きに対応するボタンをできるだけ速く押すことを求める。ターゲットとその周辺に呈示されるflankerの組み合わせとして、ターゲットとflankerの両方が同じ向きの矢印であるcongruent条件、ターゲットとflankerが反対向きの矢印であるincongruent 条件の2条件を設定する。これを1試行とし4秒に1試行のペースで合計120試行を実施する。またこの時の脳波を測定する。脳波は両耳垂を基準電極とし,Fp1,Fp2,F3,F4,F7,F8,C3,C4,T3,T4,Fz,Cz,Pz ,P1,P2,O1,O2から両耳垂結合を基準に低域遮断周波数0.016Hz,高域遮断周波数70Hzで測定する。これにより、脳波の解析からその傾向を分析し、MCIの判断基準を明確化できるかどうかを検討すること、課題遂行に何らかの問題が生じることから転倒が発生するとの仮説から、MCIレベルと日常生活機能低下や身体機能、うつ状態について検討する。認知課題の妥当性が得られれば、将来的に身体活動との関連についての試行的研究とする。 The problem executive function is measured using flanker task. flanker task is a program on the PC, and a line of 5 arrows is presented on the monitor, and a button which corresponds for the one of the central target arrow which is soon is pressed as fast as possible. The congruent condition that both of a target and flanker are the same suitable arrow and 2 conditions of the target and the incongruent condition that flanker is arrows for the opposite are set as a target as combination of flanker presented around it. This is made 1 try, and 1 per 4 seconds is the pace of the try, and total of 120 try is put into effect. That time's EEG are measured.EEG make the two earlobe a reference, and gauge two earlobe combination with low-frequency cutoff 0.016Hz and high pass frequency cutoff 70Hz in the standard from Fp1,Fp2,F3,F4,F7,F8,C3,C4,T3,T4,Fz,Cz,Pz ,P1,P2,O1,O2. Its tendency is analyzed from an analysis of EEG by this, and because some problems occur to the thing which considers whether a gauge of MCI can be clarified and problem execution, the MCI level, a daily life function decline, the body function and a depressed state are considered from the hypothesis fall generates. When the validity of the cognitive problem is obtained, it'll be made a trying study about the relation with the body activity in the future.

管理情報/Management information
登録日時/Registered date
2018 06 30
最終更新日/Last modified on
2018 06 30


閲覧ページへのリンク/Link to view the page
URL(日本語) https://upload.umin.ac.jp/cgi-open-bin/ctr/ctr_view.cgi?recptno=R000037866
URL(英語) https://upload.umin.ac.jp/cgi-open-bin/ctr_e/ctr_view.cgi?recptno=R000037866

研究計画書
登録日時 ファイル名

研究症例データ仕様書
登録日時 ファイル名

研究症例データ
登録日時 ファイル名


UMIN臨床試験登録システムのご使用に関するお問い合わせは、こちらのお問い合わせフォーム からお願いいたします。それ以外のお問い合わせは、 こちら よりお願い致します。