UMIN-CTR 臨床試験登録情報の閲覧

BACK TOP
UMIN-CTR ホーム 用語の説明(簡易版) 用語の説明(詳細版)--準備中 FAQ

利用者名:
UMIN ID:

試験進捗状況 一般募集中/Open public recruiting
UMIN試験ID UMIN000033351
受付番号 R000037897
試験名 日本における再発または難治性のCD22陽性小児急性リンパ性白血病患者を対象としたイノツズマブ オゾガマイシンの第I相試験
一般公開日(本登録希望日) 2018/07/20
最終更新日 2018/09/18

※ 本ページ収載の情報は、臨床試験に関する情報公開を目的として、UMINが開設しているUMIN臨床試験登録システムに提供された臨床試験情報です。
※ 特定の医薬品や治療法等については、医療関係者や一般の方に向けて広告することは目的としていません。


基本情報/Basic information
試験名/Official scientific title of the study 日本における再発または難治性のCD22陽性小児急性リンパ性白血病患者を対象としたイノツズマブ オゾガマイシンの第I相試験 A Phase I study of Inotuzumab Ozogamicin as a single agent for pediatric patients in Japan with relapsed/refractory CD22-positive Acute Lymphoblastic Leukemia
試験簡略名/Title of the study (Brief title) 日本における再発または難治性のCD22陽性小児急性リンパ性白血病患者を対象としたイノツズマブ オゾガマイシンの第I相試験 A Phase I study of Inotuzumab Ozogamicin as a single agent for pediatric patients in Japan with relapsed/refractory CD22-positive Acute Lymphoblastic Leukemia
試験実施地域/Region
日本/Japan

対象疾患/Condition
対象疾患名/Condition ・再発または難治性のCD22陽性ALLの患者。
・再発または難治性のCD22陽性リンパ芽球性リンパ腫の患者で骨髄病変を有する患者。
Relapsed or refractory CD22-positive ALL
Relapsed or refractory CD22-positive lymphoblastic lymphoma and bone marrow involvement
疾患区分1/Classification by specialty
血液・腫瘍内科学/Hematology and clinical oncology 小児科学/Pediatrics
疾患区分2/Classification by malignancy 悪性腫瘍/Malignancy
ゲノム情報の取扱い/Genomic information いいえ/NO

目的/Objectives
目的1/Narrative objectives1 日本における小児の再発または難治性のCD22陽性ALL/リンパ芽球性リンパ腫(Lymphoblastic Lymphoma)(以降、「ALL」とする)患者にイノツズマブ オゾガマイシンを投与した際の安全性及び忍容性を検討し、臨床推奨用量を決定する。 To assess the safety and tolerability of inotuzumab ozogamicin in pediatric subjects in Japan with relapsed/refractory CD22 positive ALL/Lymphoblastic Lymphoma (referred to as ALL) in order to select the recommended clinical dose.
目的2/Basic objectives2 安全性・有効性/Safety,Efficacy
目的2 -その他詳細/Basic objectives -Others

試験の性質1/Trial characteristics_1 その他/Others
試験の性質2/Trial characteristics_2
試験のフェーズ/Developmental phase 第Ⅰ相/Phase I

評価/Assessment
主要アウトカム評価項目/Primary outcomes イノツズマブ オゾガマイシン投与1サイクルにおける用量制限毒性(DLT)の発現割合 Incidence of first cycle dose limiting toxicities (DLTs) of inotuzumab ozogamicin
副次アウトカム評価項目/Key secondary outcomes 1) イノツズマブ オゾガマイシンの薬物動態パラメータ
2) 安全性プロファイル(VOD/SOSを含む)
3) 完全寛解率(CR+CRi)
4) 完全寛解(CR+CRi)を達成した患者における微小残存病変(MRD)
5) 全生存期間
1) PK profile of inotuzumab ozogamicin
2) Safety profile, including VOD/SOS
3) Complete remission rate (CR/CRi )
4) Minimal residual disease (MRD) status in patients achieving a CR/CRi
5) Overall survival (OS)

基本事項/Base
試験の種類/Study type 介入/Interventional

試験デザイン/Study design
基本デザイン/Basic design 単群/Single arm
ランダム化/Randomization 非ランダム化/Non-randomized
ランダム化の単位/Randomization unit
ブラインド化/Blinding オープン/Open -no one is blinded
コントロール/Control 無対照/Uncontrolled
層別化/Stratification いいえ/NO
動的割付/Dynamic allocation いいえ/NO
試験実施施設の考慮/Institution consideration
ブロック化/Blocking いいえ/NO
割付コードを知る方法/Concealment 知る必要がない/No need to know

介入/Intervention
群数/No. of arms 1
介入の目的/Purpose of intervention 治療・ケア/Treatment
介入の種類/Type of intervention
医薬品/Medicine
介入1/Interventions/Control_1 用量レベル1(開始用量)では、小児ALL患者に、イノツズマブ オゾガマイシンを1サイクルあたり1.8 mg/m2の用量で分割投与する。サイクル1は21日間、サイクル2以降は28日間を1サイクルとし、Day 1に0.8 mg/m2、Day 8とDay 15に0.5 mg/m2をそれぞれ投与する。サイクル2以降のイノツズマブ オゾガマイシンのDay 1の用量は0.5 mg/m2に減量する(1サイクルあたり合計1.5 mg/m2)が、第1サイクル後の判定でCRもしくはCRiを達成しない場合は、第1サイクルと同様の用量を投与する(1サイクルあたり合計1.8 mg/m2)。用量レベル-1、 -2も用量レベル1と同様のスケジュールで投与する。
なお、イノツズマブ オゾガマイシンの投与は造血幹細胞移植を実施しない場合、 6サイクルまで投与を繰り返すことができる。ただし、3サイクル終了までにCR/CRiを達成しない場合は、投与を中止すること。造血幹細胞移植を実施する場合、投与サイクル数の増加に応じて造血幹細胞移植施行後のVOD/SOSの発現リスクが高まるおそれがあるので、本剤の効果が得られる最小限のサイクル数とすること。治療上やむを得ないと判断される場合を除き、3サイクル終了までに投与を中止すること。
For the dose level 1 (starting dose), pediatric patients with ALL will be treated with 1.8 mg/m2 inotuzumab ozogamicin per cycle with a fractionated dose regimen. Patients will receive 0.8 mg/m2 on Day 1, followed by 0.5 mg/m2 on Day 8 and Day 15. 1 cycle is 21 days for Cycle 1 and 28 days for Cycle 2 and after. For Cycle 2 and after, the dose of inotuzumab ozogamicin on Day 1 will be reduced to 0.5 mg/m2 (for a total cycle dose of 1.5 mg/m2) in patients who achieve a CR or CRi. If patients have not achieved CR or CRi after the first cycle, the same dose as Cycle 1 will be used (for a total cycle dose of 1.8 mg/m2). The dose levels -1 and -2 will be used according to the same schedule as that for the dose level 1.
For patients who may not undergo HSCT, it is recommended that treatment with inotuzumab ozogamicin be limited to 6 cycles, but the treatment will be discontinued if CR/CRi not achieved within 3 cycles. For patients who may undergo HSCT, since the risk of VOD/SOS may increase in accordance with the increasing number of cycles, the treatment must be up to a minimum number of cycles at which patients gain benefit. The treatment should be up to 3 cycles unless more treatment is considered to be necessary.
介入2/Interventions/Control_2

介入3/Interventions/Control_3

介入4/Interventions/Control_4

介入5/Interventions/Control_5

介入6/Interventions/Control_6

介入7/Interventions/Control_7

介入8/Interventions/Control_8

介入9/Interventions/Control_9

介入10/Interventions/Control_10


適格性/Eligibility
年齢(下限)/Age-lower limit
1 歳/years-old 以上/<=
年齢(上限)/Age-upper limit
17 歳/years-old 以下/>=
性別/Gender 男女両方/Male and Female
選択基準/Key inclusion criteria 1. 1次または2次サルベージ療法の適応となる再発または難治性のCD22陽性(形態学的に評価した骨髄中の芽球が5%以上)ALLの患者、または1次または2次サルベージ療法の適応となる再発または難治性のCD22陽性リンパ芽球性リンパ腫の患者で形態学的な評価によるリンパ芽球細胞が5%以上の骨髄病変を有する患者。
2. Ph+ ALL患者の場合は、第2世代もしくは第3世代のチロシンキナーゼ阻害薬および標準的な多剤による寛解導入化学療法による前治療を少なくとも1回受け、効果が認められていないこと。
3. 初回の寛解導入療法後に遅発性の再発が認められた1次サルベージ療法の適応となる患者のうち、初回の寛解導入療法に用いたレジメンでは効果が期待できない患者。
4. 同意取得時1歳以上17歳以下の患者。
5. 17歳以上でKarnofsky performance statusが60-100%の患者、あるいは 16歳以下でLansky performance statusが60-100%の患者。
6. 十分な肝機能を有する患者。血清総ビリルビン値が基準値の上限(ULN)の1.5倍以下の患者(ジルベール症候群の場合、総ビリルビン値は問わない)、かつASTとALTがULNの2.5倍以下。肝機能異常が腫瘍に起因する場合は、総ビリルビン値がULNの2倍以下かつASTおよびALTがULNの2.5倍以下。なお、基準値は年齢別小児基準値を使用する。
7. 血清クレアチニン値がULNの1.5倍以下(年齢別小児基準値を使用)または治験実施医療機関の標準的な算出法によりクレアチニンクリアランス値の推定値が40 mL/min以上。
8. 妊婦、授乳婦、妊娠が可能な女性および生殖能力を有する男性で治験薬投与期間中および治験薬の最終投与から少なくとも90日間は、効果の高い避妊法を使用することに同意した患者。
9. 本治験で予定されている来院、治療計画、臨床検査、およびその他の治験手順の開始前に、本治験に関する適切な情報が伝えられたことを示す同意文書に、親権者等、適切な代諾者による署名および日付が記入されていること。
10. 本治験に参加し、予定されている来院、治療計画、検査およびその他の治験手順に従うことが可能な患者。
11. アジア人の患者。
1. Relapsed or refractory CD22-positive ALL (>=5% marrow blasts, assessed by morphology) due to receive either salvage 1 or salvage 2 therapy, or relapsed or refractory CD22-positive lymphoblastic lymphoma and bone marrow involvement >=5% lymphoblasts by morphologic assessment.
2. Ph+ ALL patients must have failed treatment with at least 1 second or third generation tyrosine kinase inhibitor and standard multi-agent induction chemotherapy;
3. Patients in Salvage 1 with late relapse should be deemed poor candidates for reinduction with initial therapy;
4. Patients from 1 to 17 years old at the timing of informed consent.
5. Karnofsky performance status 60% to 100% for patients >=17 years of age and Lansky performance status 60% to 100% for patients <=16 years of age
6. Adequate liver function, including total serum bilirubin <=1.5 x ULN unless the patient has documented Gilbert syndrome, and aspartate and alanine aminotransferase (AST and ALT) <=2.5 x ULN. If organ function abnormalities are considered due to tumor, total serum bilirubin must be <=2 x ULN and AST/ALT <=2.5 x ULN. Pediatric reference ranges will be used.
7. Serum creatinine <=1.5 x upper limit of normal (ULN) (pediatric reference ranges will be used) or estimated creatininee clearance of >=40 mL/min by standard calculation method of site.
8. Pregnant, lactating, childbearing potential female or childbearing potential male must agree to use a highly effective method of contraception throughout the study and for a minimum of 90 days after the last dose of treatment.
9. Evidence that an informed consent document personally signed and dated by the patient or the legal representative such as parents indicates that the patient has been informed of all pertinent aspects of the study before any study specific activity is performed;
10. Patients who are able to comply with scheduled visits, treatment plan, laboratory tests, and other study procedures.
11. Asian patient.
除外基準/Key exclusion criteria 1. 髄外単独再発(精巣、中枢神経系)の患者。
2. バーキット白血病またはWHO2008の基準に基づく混合表現型急性白血病の患者。
3. 中枢神経白血病を合併している患者。予防目的の髄腔内投与を受けている患者は除外基準に抵触しない。
4.  末梢血中の芽球数低減または緩和治療(副腎皮質ステロイド、ヒドロキシカルバミド、ビンクリスチン)を除き、登録時に化学療法を受けている患者。
5. 登録前4週間以内にモノクローナル抗体を投与した患者。
6. 登録時リツキシマブの投与を受けている患者。
7. 登録前4ヵ月以内に同種造血幹細胞移植、または他の抗CD22抗体による治療を受けた患者。
8. 登録時移植片対宿主病(GvHD)に対する免疫抑制剤の治療を受けている患者。登録時にグレード2以上の急性GvHD、または広汎かつ慢性的なGvHDを有する患者。
9. 全身性血管炎、原発性または続発性の免疫不全を有する患者。
10. B型肝炎表面抗原(HbsAg)または抗C型肝炎抗体(HCV抗体)が陽性の活動性あるいは慢性のB型肝炎またはC型肝炎に感染している患者。またはHIVの血清反応陽性の患者。
11. 登録前4週間以内に大手術を施行した患者。
12. 不安定または重度でコントロール不良の基礎疾患を有する患者。
13. 活動性の重複癌を有する患者。ただし、放射線療法または手術により完治したメラノーマ以外の皮膚癌、算出子宮頸部高度扁平上皮内病変(CIN2、CIN3)、限局した前立腺癌を除く。悪性腫瘍の既往がある患者は、無病期間が2年以上の場合は登録可能である。
14. 心機能が左室駆出率で45%未満、またはRoss心機能分類においてクラス3以上の患者。
15. 心疾患を合併している患者。
16. 登録前6ヵ月以内に心筋梗塞が認められた患者。
17. 慢性肝疾患の既往のある患者。
18. 静脈閉塞性疾患または類洞閉塞症候群の既往のある患者。
19. 登録前6週間以内に生ワクチンを接種した患者。
20. 活動性の重篤な感染症の所見を有する患者 。
21. ヒト化モノクローナル抗体に対して重度のアレルギー反応またはアナフィラキシーの既往のある患者。
22. 他の治験に参加している患者。
23. イノツズマブ オゾガマイシンの投与歴のある患者。
1. Isolated extramedullary relapse (testicular or CNS)
2. Burkitt's or mixed phenotype acute leukemia (WHO 2008 criteria)
3. Active central nervous system leukemia. Prophylactic intrathecal medication is not excluded.
4. Having undergone prior chemotherapy at enrollment excluding therapy to reduce the circulating lymphoblast count or palliation: steroids, hydroxycarbamide, or vincristine
5. Prior administration of monoclonal antibodies within 4 weeks of enrollment
6. Prior rituximab treatment at enrollment
7. Prior allogeneic HSCT or other anti-CD22 immunotherapy <=4 months before enrollment
8. Having completed immunosuppression therapy in GvHD prior to enrollment. With >= Grade 2 acute GvHD, or extensive chronic GvHD at enrollment
9. Systemic vasculitides, or primary or secondary immunodeficiency
10. Active HbsAg B or HCV C infection or seropositivity for HIV
11. Major surgery within <=4 weeks before enrollment
12. Unstable or severe uncontrolled medical condition
13. Concurrent active malignancy excluding non-melanoma skin cancer that has been definitely treated with radiation or surgery, calculated cervical high grade squamous intraepithelial lesion (CIN2, CIN3), or localized prostate cancer. Those with previous malignancies in disease free for >=2 years
14. <45% cardiac function (left ventricular ejection fraction), or class >=3 (Modified Ross Heart Failure Classification)
15. Active heart disease
16. Myocardial infarction <=6 months before enrollment
17. History of chronic liver disease
18. History of hepatic veno-occlusive disease or sinusoidal obstruction syndrome
19. Live vaccine administration <=6 weeks before enrollment
20. Evidence of serious active infection
21. History of severe allergic or anaphylactic reaction to any humanized monoclonal antibodies
22. Participation in other studies
23. History of Inotuzumab ozogamicin administration
目標参加者数/Target sample size 18

責任研究者/Research contact person
責任研究者名/Name of lead principal investigator 堀部 敬三 Keizo Horibe
所属組織/Organization 独立行政法人 国立病院機構 名古屋医療センター National Hospital Organization Nagoya Medical Center
所属部署/Division name 臨床研究センター Clinical Research Center
住所/Address 愛知県名古屋市中区三の丸4-1-1 4-1-1 Sannomaru, Naka-ku, Nagoya, Aichi, Japan
電話/TEL 052-951-1111
Email/Email keizo.horibe@nnh.go.jp

試験問い合わせ窓口/Public contact
試験問い合わせ窓口担当者名/Name of contact person 伊藤 豊 Yutaka Ito
組織名/Organization 独立行政法人 国立病院機構 名古屋医療センター National Hospital Organization Nagoya Medical Center
部署名/Division name 臨床研究センター臨床研究企画管理部 研究開発推進室 Department of Clinical Research Planning and Management, Clinical Research Center
住所/Address 愛知県名古屋市中区三の丸4-1-1 4-1-1 Sannomaru, Naka-ku, Nagoya, Aichi, Japan
電話/TEL 052-951-1111
試験のホームページURL/Homepage URL
Email/Email study.office@nnh.go.jp

実施責任組織/Sponsor
機関名/Institute その他 National Cancer Center Hospital
Nagoya Medical Center
Osaka City General Hospital
Kyushu Cancer Center
機関名/Institute
(機関選択不可の場合)
国立がん研究センター中央病院 小川千登世
名古屋医療センター 関水匡大
大阪市立総合医療センター 藤崎弘之
九州がんセンター 中山秀樹
部署名/Department

研究費提供組織/Funding Source
機関名/Organization ファイザー株式会社 Pfizer Inc.
機関名/Organization
(機関選択不可の場合)

組織名/Division
組織の区分/Category of Funding Organization 営利企業/Profit organization
研究費拠出国/Nationality of Funding Organization 日本 Japan

その他の関連組織/Other related organizations
共同実施組織/Co-sponsor

その他の研究費提供組織/Name of secondary funder(s)


他機関から発行された試験ID/Secondary IDs
他機関から発行された試験ID/Secondary IDs いいえ/NO
試験ID1/Study ID_1
ID発行機関1/Org. issuing International ID_1

試験ID2/Study ID_2
ID発行機関2/Org. issuing International ID_2

治験届/IND to MHLW

試験実施施設/Institutions
試験実施施設名称/Institutions 国立がん研究センター中央病院(東京都)
名古屋医療センター(愛知県)
大阪市立総合医療センター(大阪府)
九州がんセンター(福岡県)

その他の管理情報/Other administrative information
一般公開日(本登録希望日)/Date of disclosure of the study information
2018 07 20

試験進捗状況/Progress
試験進捗状況/Recruitment status 一般募集中/Open public recruiting
プロトコル確定日/Date of protocol fixation
2018 06 20
登録・組入れ開始(予定)日/Anticipated trial start date
2018 09 01
フォロー終了(予定)日/Last follow-up date
2020 03 31
入力終了(予定)日/Date of closure to data entry
データ固定(予定)日/Date trial data considered complete
解析終了(予定)日/Date analysis concluded

関連情報/Related information
プロトコル掲載URL/URL releasing protocol
試験結果の公開状況/Publication of results 未公表/Unpublished
結果掲載URL/URL releasing results
主な結果/Results

その他関連情報/Other related information


管理情報/Management information
登録日時/Registered date
2018 07 10
最終更新日/Last modified on
2018 09 18


閲覧ページへのリンク/Link to view the page
URL(日本語) https://upload.umin.ac.jp/cgi-open-bin/ctr/ctr_view.cgi?recptno=R000037897
URL(英語) https://upload.umin.ac.jp/cgi-open-bin/ctr_e/ctr_view.cgi?recptno=R000037897

研究計画書
登録日時 ファイル名

研究症例データ仕様書
登録日時 ファイル名

研究症例データ
登録日時 ファイル名


UMIN臨床試験登録システムのご使用に関するお問い合わせは、こちらのお問い合わせフォーム からお願いいたします。それ以外のお問い合わせは、 こちら よりお願い致します。