UMIN-CTR 臨床試験登録情報の閲覧

BACK TOP
UMIN-CTR ホーム 用語の説明(簡易版) 用語の説明(詳細版)--準備中 FAQ

利用者名:
UMIN ID:

試験進捗状況 限定募集中/Enrolling by invitation
UMIN試験ID UMIN000033305
受付番号 R000037965
試験名 点眼指導時チェックリストを用いた点眼指導の満足度調査
一般公開日(本登録希望日) 2018/07/11
最終更新日 2018/07/06

※ 本ページ収載の情報は、臨床試験に関する情報公開を目的として、UMINが開設しているUMIN臨床試験登録システムに提供された臨床試験情報です。
※ 特定の医薬品や治療法等については、医療関係者や一般の方に向けて広告することは目的としていません。


基本情報/Basic information
試験名/Official scientific title of the study 点眼指導時チェックリストを用いた点眼指導の満足度調査 Satisfaction survey of eyedrop guidance using check list
試験簡略名/Title of the study (Brief title) 点眼指導時チェックリストを用いた点眼指導の満足度調査 Satisfaction survey of eyedrop guidance using check list
試験実施地域/Region
日本/Japan

対象疾患/Condition
対象疾患名/Condition 眼科の手術対象患者 Ophthalmic surgery target patient
疾患区分1/Classification by specialty
眼科学/Ophthalmology
疾患区分2/Classification by malignancy 悪性腫瘍以外/Others
ゲノム情報の取扱い/Genomic information いいえ/NO

目的/Objectives
目的1/Narrative objectives1 当院南病棟9階眼科に入院される患者の多くは手術目的であり、平均在院日数は5日前後である。手術後1日目から術後点眼が開始となり、患者への点眼指導は看護師により行われるが、手術後は見え方が不良となり点眼手技習得が困難である患者や、高齢で点眼内容や時間が理解できない患者が多い。退院後点眼を自己管理で行うことが困難と予想される患者も多く見られる。
当病棟ではこれまで、患者が点眼手技を習得できたとする判断基準がなく、看護師それぞれが判断しており、患者の点眼習得度に差が生じていると思われた。生方らは「自己点眼手技アセスメントシートを評価することにより、手術患者一人ひとりの点眼手技の状況を把握することができた。」1)と述べている。点眼指導について統一した基準を設けることや項目ごとにチェックリストを作成することで、患者の点眼手技習得度の向上につながるのではないかと考え、既存のチェックリスト2)3)4)を参考にして新たに点眼指導時チェックリストを作成した。
 本研究では、作成したチェックリストを用いた点眼指導についての患者の満足度を確認することを目的とし、今後継続して使用していく中でさらに充実した指導に結びつくチェックリストにしていく示唆を得られるという意義があるものと考える。
Most of patients hospitalized in our House south ward ninth floor ophthalmology are operation purposes, and the mean hospitalization is around five days. Instillation becomes the start after art after an operation from the first day, and the instillation instruction to a patient is carried out by a nurse, but there are many patient that I am seen after an operation, and becomes bad, and the instillation maneuver acquisition is difficult and patients whom it is old, and instillation contents and time cannot understand. Patients expected that it is difficult to perform instillation by self-administration after a discharge are seen a lot.
There was not the criterion that a patient was able to learn an instillation maneuver so far in our ward, and it was determined by each nurse, and it was thought that a difference produced it in an instillation acquisition degree of the patient. Ubukata "was able to grasp the situation of the instillation maneuver of the each operation patient by evaluating a self-instillation maneuver assessment sheet". I speak it with 1). I thought that I might be connected for the improvement of the instillation maneuver acquisition degree of the patient in making the standard that I unified about instillation instruction and making a check list item by item and made a check list in reference to existing check list 2) 3) 4) newly at instillation instruction.
In this study, it is intended that I confirm the satisfaction of the patient about the instillation instruction using the check list which I made and thinks that there is significance that a suggestion doing is got by the check list which is tied to more substantial instruction while I will continue it in future and use it.
目的2/Basic objectives2 その他/Others
目的2 -その他詳細/Basic objectives -Others 満足度調査 Satisfaction survey
試験の性質1/Trial characteristics_1 探索的/Exploratory
試験の性質2/Trial characteristics_2 実務的/Pragmatic
試験のフェーズ/Developmental phase 該当せず/Not applicable

評価/Assessment
主要アウトカム評価項目/Primary outcomes 点眼指導開始後2~5日後の退院指導時に面接聞き取り調査を行う。得られたデータは、単純計算しまとめる。項目によってはラベル化・カテゴリー化して質的に分析を行う。
Interviews and interview surveys will be conducted at discharge discharge guidance 2 to 5 days after instructing instillation. The obtained data is simply calculated and summarized. Depending on the item, labeling・categorizing and analyzing qualitatively.
副次アウトカム評価項目/Key secondary outcomes


基本事項/Base
試験の種類/Study type 介入/Interventional

試験デザイン/Study design
基本デザイン/Basic design 単群/Single arm
ランダム化/Randomization 非ランダム化/Non-randomized
ランダム化の単位/Randomization unit
ブラインド化/Blinding オープン/Open -no one is blinded
コントロール/Control 無対照/Uncontrolled
層別化/Stratification
動的割付/Dynamic allocation
試験実施施設の考慮/Institution consideration
ブロック化/Blocking
割付コードを知る方法/Concealment

介入/Intervention
群数/No. of arms 1
介入の目的/Purpose of intervention 教育・カウンセリング・トレーニング/Educational,Counseling,Training
介入の種類/Type of intervention
手技/Maneuver
介入1/Interventions/Control_1 介入期間は1週間とする。手術後1日目診察後から、日勤帯(10時、13時、16時)で、点眼前の清潔面についてや点眼時間・回数について患者が理解できているか等を確認する内容のチェックリストを用いて、看護師が点眼指導を実施する。退院指導時に面接聞き取り調査を実施する。 The intervention period is one week. After the first day after the surgery, the reassign band (10:00, 13:00, 16:00), using a checklist of the contents to confirm whether the patient is understandable about the clean surface of the pre-eye drops and the time and the number of times, nurses to implement the eye drops. Interview interviews are conducted during discharge guidance.
介入2/Interventions/Control_2

介入3/Interventions/Control_3

介入4/Interventions/Control_4

介入5/Interventions/Control_5

介入6/Interventions/Control_6

介入7/Interventions/Control_7

介入8/Interventions/Control_8

介入9/Interventions/Control_9

介入10/Interventions/Control_10


適格性/Eligibility
年齢(下限)/Age-lower limit
75 歳/years-old 以上/<=
年齢(上限)/Age-upper limit

適用なし/Not applicable
性別/Gender 男女両方/Male and Female
選択基準/Key inclusion criteria 介入群は群馬大学医学部附属病院南9階病棟眼科へ手術目的に入院し、手術後点眼指導を受ける患者のうち、研究に対して承諾を得られた75歳以上の者とする。 The intervention group was hospitalized for surgical purposes at the 9th floor of the South nine-storey Hospital of the Gunma University School of Medicine, and the patient who received the post-operative eye-care guidance should be 75 years of age or older who had obtained approval for the research.
除外基準/Key exclusion criteria 除外基準は自分で意思決定する能力がない場合や明らかな精神疾患や認知障害があると判断する場合とする。 The exclusion criterion may be deemed to be an obvious mental or cognitive impairment if there is no ability to make a decision on your own.
目標参加者数/Target sample size 20

責任研究者/Research contact person
責任研究者名/Name of lead principal investigator 荻沼 明美 Oginuma akemi
所属組織/Organization 群馬大学医学部附属病院 Gunma university hospital
所属部署/Division name 南9階病棟 South 9th Floor Ward
住所/Address 群馬県前橋市昭和町三丁目39番15号 No. 39, Showa-machi, Maebashi-cho, Gunma
電話/TEL 027-220-8341
Email/Email aoginuma@gunma-u.ac.jp

試験問い合わせ窓口/Public contact
試験問い合わせ窓口担当者名/Name of contact person 江村 藍子 Emura Aiko
組織名/Organization 看護部 Nursing Department
部署名/Division name 南9階病棟 South 9th Floor Ward
住所/Address 群馬県前橋市昭和町三丁目39番15号 No. 39, Showa-machi, Maebashi-cho, Gunma
電話/TEL 027-220-8341
試験のホームページURL/Homepage URL
Email/Email mai1113@gunma-u.ac.jp

実施責任組織/Sponsor
機関名/Institute その他 Gunma university hospital
機関名/Institute
(機関選択不可の場合)
群馬大学医学部附属病院
部署名/Department

研究費提供組織/Funding Source
機関名/Organization 無し None.
機関名/Organization
(機関選択不可の場合)

組織名/Division
組織の区分/Category of Funding Organization 自己調達/Self funding
研究費拠出国/Nationality of Funding Organization


その他の関連組織/Other related organizations
共同実施組織/Co-sponsor

その他の研究費提供組織/Name of secondary funder(s)


他機関から発行された試験ID/Secondary IDs
他機関から発行された試験ID/Secondary IDs いいえ/NO
試験ID1/Study ID_1
ID発行機関1/Org. issuing International ID_1

試験ID2/Study ID_2
ID発行機関2/Org. issuing International ID_2

治験届/IND to MHLW

試験実施施設/Institutions
試験実施施設名称/Institutions 群馬大学医学部附属病院

その他の管理情報/Other administrative information
一般公開日(本登録希望日)/Date of disclosure of the study information
2018 07 11

試験進捗状況/Progress
試験進捗状況/Recruitment status 限定募集中/Enrolling by invitation
プロトコル確定日/Date of protocol fixation
2019 07 02
登録・組入れ開始(予定)日/Anticipated trial start date
2019 07 02
フォロー終了(予定)日/Last follow-up date
入力終了(予定)日/Date of closure to data entry
データ固定(予定)日/Date trial data considered complete
解析終了(予定)日/Date analysis concluded

関連情報/Related information
プロトコル掲載URL/URL releasing protocol
試験結果の公開状況/Publication of results 未公表/Unpublished
結果掲載URL/URL releasing results
主な結果/Results

その他関連情報/Other related information [引用文献一覧]
1) 生方 美恵子,芳賀 智子.日農医誌,64巻1号,2015,P61-65
2)慶応義塾大学病院:眼科ケア,10巻8号,2008,P776-779
3) 愛媛大学医学部附属病院:眼科ケア,10巻8号,2008,P780-781
4) 山口 洪樹, 三浦 剛ら.眼科クリニカルパスにおける点眼手技評価方法の統一化に向けた取り組み:日本病院薬剤師会雑誌,48巻11号,2012,P1366-1370
[List of cited references]
1) Mieko Mika, Tomoko Haga. Journal of agricultural medicine, Vol. 64, No. 1, 2015, P 61 - 65
2) Keio University Hospital: Ophthalmic Care, Vol. 10, No. 8, 2008, P 776 - 779
3) Ehime University School of Medicine Affiliated Hospital: Ophthalmic Care, Vol. 10, No. 8, 2008, P 780 - 781
4) Yamaguchi Haruki, Miura Takeshi. Efforts toward unification of eye drop technique evaluation method in ophthalmologic clinical path: Journal of the Japan Hospital Pharmacists Association, Vol. 48, No. 11, 2012, P 1366-1370

管理情報/Management information
登録日時/Registered date
2018 07 06
最終更新日/Last modified on
2018 07 06


閲覧ページへのリンク/Link to view the page
URL(日本語) https://upload.umin.ac.jp/cgi-open-bin/ctr/ctr_view.cgi?recptno=R000037965
URL(英語) https://upload.umin.ac.jp/cgi-open-bin/ctr_e/ctr_view.cgi?recptno=R000037965

研究計画書
登録日時 ファイル名

研究症例データ仕様書
登録日時 ファイル名

研究症例データ
登録日時 ファイル名


UMIN臨床試験登録システムのご使用に関するお問い合わせは、こちらのお問い合わせフォーム からお願いいたします。それ以外のお問い合わせは、 こちら よりお願い致します。