UMIN-CTR 臨床試験登録情報の閲覧

BACK TOP
UMIN-CTR ホーム 用語の説明(簡易版) 用語の説明(詳細版)--準備中 FAQ

利用者名:
UMIN ID:

試験進捗状況 開始前/Preinitiation
UMIN試験ID UMIN000039162
受付番号 R000044043
科学的試験名 体幹傾斜角度の違いがシッティングバレーボールを想定した座位姿勢の選択反応時間に及ぼす影響
一般公開日(本登録希望日) 2020/01/15
最終更新日 2020/01/15

※ 本ページ収載の情報は、臨床試験に関する情報公開を目的として、UMINが開設しているUMIN臨床試験登録システムに提供された臨床試験情報です。
※ 特定の医薬品や治療法等については、医療関係者や一般の方に向けて広告することは目的としていません。


基本情報/Basic information
一般向け試験名/Public title 体幹を傾けた角度の違いがシッティングバレーボールを想定した座位姿勢の反応時間に及ぼす影響
The differences in choice reaction time with changes in trunk tilt and lumbar lordosis angle in Sitting Volleyball
一般向け試験名略称/Acronym シッティングバレーボールを想定したの座位姿勢時の反応時間 The choice reaction time in Sitting Volleyball
科学的試験名/Scientific Title 体幹傾斜角度の違いがシッティングバレーボールを想定した座位姿勢の選択反応時間に及ぼす影響
The differences in choice reaction time with changes in trunk tilt and lumbar lordosis angle in Sitting Volleyball
科学的試験名略称/Scientific Title:Acronym シッティングバレーボールを想定したの座位姿勢時の反応時間 The choice reaction time in Sitting Volleyball
試験実施地域/Region
日本/Japan

対象疾患/Condition
対象疾患名/Condition 成人 adult
疾患区分1/Classification by specialty
成人/Adult
疾患区分2/Classification by malignancy 悪性腫瘍以外/Others
ゲノム情報の取扱い/Genomic information いいえ/NO

目的/Objectives
目的1/Narrative objectives1 シッティングバレーボールは,1956年にオランダで考案された,主に下肢に障がいを有するものによって行われる6人制のバレーボールである3).シッティングバレーボールは,座位姿勢で臀部を床に接地させたまま移動することが特徴である3).そのため,座位姿勢で素早くボールに反応する能力が要求される.
素早く反応するための構え姿勢について,立位姿勢で検証した先行研究は数多く報告されている.例えば,素早く動き出すために立位では,体幹を軽度前傾位にすることが望ましく4),その際の腰椎前弯角度が大きいほど,全身反応時間が短縮するといわれている5).シッティングバレーボールにおいても座位姿勢での移動速度を高めるために,体幹を軽度前傾させ,骨盤を立てるように指導されることが一般的である.しかし実際は,体幹を前傾させて移動する(以下:体幹前傾姿勢)選手と同じくらい,後傾させて移動する(以下:体幹後傾姿勢)選手が見受けられる.シッティングバレーボールでの座位姿勢は,立位姿勢と同様に体幹傾斜角度や腰椎弯曲角度がRTに影響する可能性がある.しかし,体幹前傾姿勢と体幹後傾姿勢のどちらがより素早く移動できるか,また腰椎弯曲角度がRTにどのような影響を与えるか検証した先行研究は,渉猟し得る限り見当たらない.
本研究は,シッティングバレーボールを想定した座位姿勢での体幹傾斜角度と腰椎弯曲角度がRTに及ぼす影響を明らかにし,シッティングバレーボールにおける構え姿勢指導の一助とすることを目的とする.
Sitting Volleyball (SV) is a para-sport mainly played by lower limb disabilities. Players are required to respond quickly to the ball in the sitting position.
For quick responses in the standing position, it is desirable to tilt the trunk forward 1), and the reaction time decreases as the lumbar lordosis angle increases 2). Similarly, SV players are generally coached to tilt their trunk forward with an upright pelvis. However, there are as many players tilt their trunk backward as tilt their trunk forward. It is likely that tilting the trunk backward can move quicker. Trunk tilt and lumbar lordosis angle may affect choice reaction time (CRT) in the sitting position as well as standing position, even though their relationship is unclear.
This study aimed to clarify the influence of the trunk tilt and lumbar lordosis angle on CRT in the sitting position.
目的2/Basic objectives2 有効性/Efficacy
目的2 -その他詳細/Basic objectives -Others

試験の性質1/Trial characteristics_1
試験の性質2/Trial characteristics_2
試験のフェーズ/Developmental phase

評価/Assessment
主要アウトカム評価項目/Primary outcomes 1.選択反応時間
2.腰椎弯曲角度

※1,2ともに測定日当日に測定
1.choice reaction time
2.lumbar lordosis angle

Both 1 and 2 are measured on the day of measurement
副次アウトカム評価項目/Key secondary outcomes 年齢
身長
体重
BMI
スポーツ歴
age
hight
body weight
BMI
sports history

基本事項/Base
試験の種類/Study type 介入/Interventional

試験デザイン/Study design
基本デザイン/Basic design 単群/Single arm
ランダム化/Randomization 非ランダム化/Non-randomized
ランダム化の単位/Randomization unit
ブラインド化/Blinding オープン/Open -no one is blinded
コントロール/Control 群内/Self control
層別化/Stratification
動的割付/Dynamic allocation
試験実施施設の考慮/Institution consideration
ブロック化/Blocking
割付コードを知る方法/Concealment

介入/Intervention
群数/No. of arms 1
介入の目的/Purpose of intervention 教育・カウンセリング・トレーニング/Educational,Counseling,Training
介入の種類/Type of intervention
その他/Other
介入1/Interventions/Control_1 RTの測定には,リアクションMRを使用する.リアクションMRは,センサーマットと発光装置からなり,対象の1.5m前方,かつ目線の高さに発光装置を設置する.対象には,発光装置から提示される光刺激に合わせて,左右のマットのどちらかに素早く移動するように指示する.開始肢位は体幹前傾姿勢と体幹後傾姿勢とし,その際の体幹傾斜角度は,肩峰と大転子を結ぶ線が床と垂直な場合を0°で,体幹前傾姿勢では20°,体幹後傾姿勢では30°とし,単純ランダム化した順序で行う.また膝関節を60°屈曲させ,両上肢は,対象が最も動きやすい位置とする.
体幹前傾姿勢と体幹後傾姿勢時の腰椎弯曲角度を測定するために,スパイナルマウスを使用する.
RT was measured by Reaction MR(Takei Scientific Instruments, Japan.). Subjects sat on the center mat placed 1.5 meters ahead of the lamp with their hip and knee joints flexed in forward tilt posture(FTP)and backward tilt posture(BTP). They were instructed to move to left or right direction as soon as possible after light emission. The trunk tilt angle was set at 0 degree when the line joining the acromion and greater trochanter was vertical to the floor. FTP and BTP were defined as trunk forward and backward tilt angles of 20 degree and 30 degree, respectively.
The lumbar lordosis angle at start position was measured by Spinal Mouse(Index, Japan).
Intervention is only on the day of measurement.The measurement is performed three time.
介入2/Interventions/Control_2

介入3/Interventions/Control_3

介入4/Interventions/Control_4

介入5/Interventions/Control_5

介入6/Interventions/Control_6

介入7/Interventions/Control_7

介入8/Interventions/Control_8

介入9/Interventions/Control_9

介入10/Interventions/Control_10


適格性/Eligibility
年齢(下限)/Age-lower limit
20 歳/years-old 以上/<=
年齢(上限)/Age-upper limit
35 歳/years-old 以下/>=
性別/Gender 男女両方/Male and Female
選択基準/Key inclusion criteria 1.同意取得時に20歳以上,35歳以下の男女
2.スポーツ経験が5年以上の者
3.本研究の参加に関して文書による同意が得られる者
1.Men and women between the age of 20 and 35 at the time of consent
2.At least 5 years of sports experience
3.Those who have written consent to participate in this study
除外基準/Key exclusion criteria 1.同意取得時に,上肢,下肢,体幹に整形外科的疾患を有する者
2.その他,研究担当者が本研究を実施するのに不適当と認めた者
3.研究者と研究対象者が教員と学生の関係にあり、学生が研究担当者の講義を受講している
1.People with orthopedic disease on upper limb, lower limb and trunk at the time of consent
2.People who are deemed inappropriate by the researcher to conduct this research
3.The researcher and the research target are in a teacher-student relationship, and the student is taking a lecture from the researcher
目標参加者数/Target sample size 40

責任研究者/Research contact person
責任研究者/Name of lead principal investigator
幸夫
ミドルネーム
浦辺
Yukio
ミドルネーム
Urabe
所属組織/Organization 広島大学大学院 Graduate School of Hiroshima University
所属部署/Division name 医系科学研究科 Biomedical & Health Sciences
郵便番号/Zip code 734-8553
住所/Address 広島県広島市南区霞1丁目2番3号 1-2-3, Kasumi, Minami-ku, Hiroshima, Japan
電話/TEL 082-257-5405
Email/Email yurabe@hiroshima-u.ac.jp

試験問い合わせ窓口/Public contact
試験問い合わせ窓口担当者/Name of contact person
慶明
ミドルネーム
前田
Noriaki
ミドルネーム
Maeda
組織名/Organization 広島大学大学院 Graduate School of Hiroshima University
部署名/Division name 医系科学研究科 Biomedical & Health Sciences
郵便番号/Zip code 734-8553
住所/Address 広島県広島市南区霞1丁目2番3号 1-2-3, Kasumi, Minami-ku, Hiroshima, Japan
電話/TEL 082-257-5410
試験のホームページURL/Homepage URL
Email/Email norimmi@hiroshima-u.ac.jp

実施責任組織/Sponsor
機関名/Institute その他 Department of Sport Rehabilitation
Graduate School of Biomedical and Health Science Hiroshima University
1-2-3 Kasumi, Minami-ku, Hiroshima
Japan
機関名/Institute
(機関選択不可の場合)
広島大学大学院医系科学研究科スポーツリハビリテーション学研究室
部署名/Department

研究費提供組織/Funding Source
機関名/Organization 無し None
機関名/Organization
(機関選択不可の場合)
なし
組織名/Division
組織の区分/Category of Funding Organization 自己調達/Self funding
研究費拠出国/Nationality of Funding Organization


その他の関連組織/Other related organizations
共同実施組織/Co-sponsor

その他の研究費提供組織/Name of secondary funder(s)


IRB等連絡先(公開)/IRB Contact (For public release)
組織名/Organization 広島大学認定倫理審査委員会 Hiroshima University Certified Ethics Committee
住所/Address 広島県広島市南霞1-2-3 1-2-3, Kasumi, Minami-ku, Hiroshima, Japan
電話/Tel 082-257-5555
Email/Email protocol@cimr.hiroshima-u.ac.jp

他機関から発行された試験ID/Secondary IDs
他機関から発行された試験ID/Secondary IDs いいえ/NO
試験ID1/Study ID_1
ID発行機関1/Org. issuing International ID_1

試験ID2/Study ID_2
ID発行機関2/Org. issuing International ID_2

治験届/IND to MHLW

試験実施施設/Institutions
試験実施施設名称/Institutions

その他の管理情報/Other administrative information
一般公開日(本登録希望日)/Date of disclosure of the study information
2020 01 15

関連情報/Related information
プロトコル掲載URL/URL releasing protocol
試験結果の公開状況/Publication of results 未公表/Unpublished

結果/Result
結果掲載URL/URL related to results and publications
組み入れ参加者数/Number of participants that the trial has enrolled
主な結果/Results

主な結果入力日/Results date posted
結果掲載遅延/Results Delayed
結果遅延理由/Results Delay Reason

最初の試験結果の出版日/Date of the first journal publication of results
参加者背景/Baseline Characteristics

参加者の流れ/Participant flow

有害事象/Adverse events

評価項目/Outcome measures

個別症例データ共有計画/Plan to share IPD

個別症例データ共有計画の詳細/IPD sharing Plan description


試験進捗状況/Progress
試験進捗状況/Recruitment status 開始前/Preinitiation
プロトコル確定日/Date of protocol fixation
2020 01 14
倫理委員会による承認日/Date of IRB
登録・組入れ開始(予定)日/Anticipated trial start date
2020 01 14
フォロー終了(予定)日/Last follow-up date
2024 03 31
入力終了(予定)日/Date of closure to data entry
データ固定(予定)日/Date trial data considered complete
解析終了(予定)日/Date analysis concluded

その他/Other
その他関連情報/Other related information


管理情報/Management information
登録日時/Registered date
2020 01 15
最終更新日/Last modified on
2020 01 15


閲覧ページへのリンク/Link to view the page
URL(日本語) https://upload.umin.ac.jp/cgi-open-bin/ctr/ctr_view.cgi?recptno=R000044043
URL(英語) https://upload.umin.ac.jp/cgi-open-bin/ctr_e/ctr_view.cgi?recptno=R000044043

研究計画書
登録日時 ファイル名

研究症例データ仕様書
登録日時 ファイル名

研究症例データ
登録日時 ファイル名


UMIN臨床試験登録システムのご使用に関するお問い合わせは、こちらのお問い合わせフォーム からお願いいたします。それ以外のお問い合わせは、 こちら よりお願い致します。