UMIN-CTR 臨床試験登録情報の閲覧

BACK TOP
UMIN-CTR ホーム 用語の説明(簡易版) 用語の説明(詳細版)--準備中 FAQ

利用者名:
UMIN ID:

試験進捗状況 開始前/Preinitiation
UMIN試験ID UMIN000040803
受付番号 R000046589
科学的試験名 手術室の災害時アクションカードに基づく知識の普及による麻酔科専攻医の対応能力や知識向上への有用性についての検討
一般公開日(本登録希望日) 2020/07/01
最終更新日 2020/06/17

※ 本ページ収載の情報は、臨床試験に関する情報公開を目的として、UMINが開設しているUMIN臨床試験登録システムに提供された臨床試験情報です。
※ 特定の医薬品や治療法等については、医療関係者や一般の方に向けて広告することは目的としていません。


基本情報/Basic information
一般向け試験名/Public title 手術室の災害時アクションカードに基づく知識の普及による麻酔科専攻医の対応能力や知識向上への有用性についての検討 Examination of the usefulness of the anesthesiologist to improve the response ability and knowledge by disseminating knowledge based on the action card at the time of disaster in the operating room
一般向け試験名略称/Acronym 手術室の災害時アクションカードに基づく知識の普及による麻酔科専攻医の対応能力や知識向上への有用性についての検討 Examination of the usefulness of the anesthesiologist to improve the response ability and knowledge by disseminating knowledge based on the action card at the time of disaster in the operating room
科学的試験名/Scientific Title 手術室の災害時アクションカードに基づく知識の普及による麻酔科専攻医の対応能力や知識向上への有用性についての検討 Examination of the usefulness of the anesthesiologist to improve the response ability and knowledge by disseminating knowledge based on the action card at the time of disaster in the operating room
科学的試験名略称/Scientific Title:Acronym 手術室の災害時アクションカードに基づく知識の普及による麻酔科専攻医の対応能力や知識向上への有用性についての検討 Examination of the usefulness of the anesthesiologist to improve the response ability and knowledge by disseminating knowledge based on the action card at the time of disaster in the operating room
試験実施地域/Region
日本/Japan

対象疾患/Condition
対象疾患名/Condition なし None
疾患区分1/Classification by specialty
麻酔科学/Anesthesiology 手術医学/Operative medicine
疾患区分2/Classification by malignancy 悪性腫瘍以外/Others
ゲノム情報の取扱い/Genomic information いいえ/NO

目的/Objectives
目的1/Narrative objectives1 日本は災害の多い国であり、ここ10年の間にも東日本大震災をはじめとする多くの災害が発生している。
 災害時、手術室内では瞬時の対応を求められる事象が多く発生する。その中で麻酔科医がどのように動き、対応していくかについて細部まで確立したものは存在せず、個々の病院などでマニュアルを作成し運用されている。当院では手術室内でのアクションカードを作成しており、看護師が中心となり避難訓練などの啓蒙活動が行われているが麻酔科医が主体的に参加しているものはない。
 本来、災害時の対応については避難訓練などを通しシミュレーションを行い非常時に備えるのが理想である。しかし差し迫った脅威がない中、日常業務で忙殺されている麻酔科医へ常に災害を意識し知識を整理することを強制することは難しい。そのため、非常時における麻酔科医としての知識を含めた対応能力は個々の意識や経験により決定されていることが多い。特に、麻酔科専攻医は数か月単位での研修のため入れ替わりが多く、また麻酔科医としての経験も浅いため当院での災害対策となると避難経路など基本的な事柄に関しても十分な知識を持っていない可能性が高いと考えられる。
 本研究では、麻酔科専攻医に対し当院手術室のアクションカードを基本とした災害時の知識や必要な対応事項を一問一答の形式で繰り返し確認を行うことにより、災害に対する対応能力や知識の向上が認められるかを介入前後比較試験により評価を行う
In the event of a disaster, there are many events that require immediate action in the operating room. None of them have established the details of how anesthesiologists move and respond to them, and manuals are created and used in individual hospitals. At this hospital, action cards are created in the operating room, and nurses play a central role in educational activities such as evacuation drills, but none of them are anesthesiologists taking the initiative.
Originally, it is ideal to prepare for emergencies by conducting simulations such as evacuation drills to respond to disasters. However, in the absence of imminent threat, it is difficult to force anesthesiologists who are overwhelmed by their daily work to be aware of disasters and organize their knowledge. Therefore, the response capability including the knowledge as an anesthesiologist in an emergency is often determined by individual consciousness and experience. In particular, anesthesiology specialists are often replaced because of training every few months, and because they have little experience as anesthesiologists, when it comes to disaster countermeasures at this hospital, sufficient knowledge of basic matters such as evacuation routes is also available. It is highly likely that you do not have one.
In this study, by repeatedly confirming in a one-question-answer format the knowledge and necessary response items for a disaster based on the action card of our operating room in the anesthesiology department, the ability to respond to the disaster and Evaluate whether improvement of knowledge is recognized by pre-intervention comparative test.
目的2/Basic objectives2 有効性/Efficacy
目的2 -その他詳細/Basic objectives -Others

試験の性質1/Trial characteristics_1
試験の性質2/Trial characteristics_2
試験のフェーズ/Developmental phase

評価/Assessment
主要アウトカム評価項目/Primary outcomes 教育の前後でアンケートとテストを用いて、災害時対応に関する知識の向上を確認する Use questionnaires and tests before and after education to confirm improvement in knowledge about disaster response
副次アウトカム評価項目/Key secondary outcomes


基本事項/Base
試験の種類/Study type 介入/Interventional

試験デザイン/Study design
基本デザイン/Basic design 単群/Single arm
ランダム化/Randomization 非ランダム化/Non-randomized
ランダム化の単位/Randomization unit
ブラインド化/Blinding オープン/Open -no one is blinded
コントロール/Control 無対照/Uncontrolled
層別化/Stratification
動的割付/Dynamic allocation
試験実施施設の考慮/Institution consideration
ブロック化/Blocking
割付コードを知る方法/Concealment

介入/Intervention
群数/No. of arms 1
介入の目的/Purpose of intervention 教育・カウンセリング・トレーニング/Educational,Counseling,Training
介入の種類/Type of intervention
行動・習慣/Behavior,custom
介入1/Interventions/Control_1 災害に関する論文や他施設のマニュアルなどを参考に、現在の手術室災害アクションカードを再考する。その中で、麻酔科医に必要な事項を抜粋し、必要な前提知識を加えた上で一問一答を作成し知識の普及を図る Reconsider the current operating room disaster action card with reference to disaster papers and manuals from other facilities. Among them, extract necessary items for anesthesiologists, add necessary prerequisite knowledge, create one question and one answer, and disseminate knowledge
介入2/Interventions/Control_2

介入3/Interventions/Control_3

介入4/Interventions/Control_4

介入5/Interventions/Control_5

介入6/Interventions/Control_6

介入7/Interventions/Control_7

介入8/Interventions/Control_8

介入9/Interventions/Control_9

介入10/Interventions/Control_10


適格性/Eligibility
年齢(下限)/Age-lower limit

適用なし/Not applicable
年齢(上限)/Age-upper limit

適用なし/Not applicable
性別/Gender 男女両方/Male and Female
選択基準/Key inclusion criteria 当院に所属する麻酔科専攻医 Anesthesiology who belongs to our hospital
除外基準/Key exclusion criteria 研究参加の同意が得られないもの Those who cannot obtain consent to participate in research
目標参加者数/Target sample size 10

責任研究者/Research contact person
責任研究者/Name of lead principal investigator
玲利
ミドルネーム
石川
Reiri
ミドルネーム
Ishikawa
所属組織/Organization 埼玉県立小児医療センター Saitama Children's Medical Center
所属部署/Division name 麻酔科 Anesthesiology
郵便番号/Zip code 330-8777
住所/Address 埼玉県さいたま市中央区新都心1-2 1-2 Shintoshin, Chuo-ku, Saitama 330-8777, Japan
電話/TEL 048-601-2200
Email/Email reiring1980@gmail.com

試験問い合わせ窓口/Public contact
試験問い合わせ窓口担当者/Name of contact person
祥子
ミドルネーム
今村
Shoko
ミドルネーム
Imamura
組織名/Organization 埼玉県立小児医療センター Saitama Children's Medical Center
部署名/Division name 麻酔科 Anesthesiology
郵便番号/Zip code 330-8777
住所/Address 埼玉県さいたま市中央区新都心1-2 1-2 Shintoshin, Chuo-ku, Saitama 330-8777, Japan
電話/TEL 048-601-2200
試験のホームページURL/Homepage URL
Email/Email shoko.imamura.1220@gmail.com

実施責任組織/Sponsor
機関名/Institute その他 Saitama Children's Medical Center
機関名/Institute
(機関選択不可の場合)
埼玉県立小児医療センター
部署名/Department 麻酔科

研究費提供組織/Funding Source
機関名/Organization 無し None
機関名/Organization
(機関選択不可の場合)

組織名/Division
組織の区分/Category of Funding Organization その他/Other
研究費拠出国/Nationality of Funding Organization


その他の関連組織/Other related organizations
共同実施組織/Co-sponsor

その他の研究費提供組織/Name of secondary funder(s)


IRB等連絡先(公開)/IRB Contact (For public release)
組織名/Organization 埼玉県立小児医療センター Saitama Children's Medical Center
住所/Address 埼玉県さいたま市中央区新都心1-2 1-2 Shintoshin, Chuo-ku, Saitama 330-8777, Japan
電話/Tel 048-601-2200
Email/Email shoko.imamura.1220@gmail.com

他機関から発行された試験ID/Secondary IDs
他機関から発行された試験ID/Secondary IDs いいえ/NO
試験ID1/Study ID_1
ID発行機関1/Org. issuing International ID_1

試験ID2/Study ID_2
ID発行機関2/Org. issuing International ID_2

治験届/IND to MHLW

試験実施施設/Institutions
試験実施施設名称/Institutions 埼玉県立小児医療センター(埼玉県)

その他の管理情報/Other administrative information
一般公開日(本登録希望日)/Date of disclosure of the study information
2020 07 01

関連情報/Related information
プロトコル掲載URL/URL releasing protocol
試験結果の公開状況/Publication of results 未公表/Unpublished

結果/Result
結果掲載URL/URL related to results and publications
組み入れ参加者数/Number of participants that the trial has enrolled
主な結果/Results

主な結果入力日/Results date posted
結果掲載遅延/Results Delayed
結果遅延理由/Results Delay Reason

最初の試験結果の出版日/Date of the first journal publication of results
参加者背景/Baseline Characteristics

参加者の流れ/Participant flow

有害事象/Adverse events

評価項目/Outcome measures

個別症例データ共有計画/Plan to share IPD

個別症例データ共有計画の詳細/IPD sharing Plan description


試験進捗状況/Progress
試験進捗状況/Recruitment status 開始前/Preinitiation
プロトコル確定日/Date of protocol fixation
2020 07 01
倫理委員会による承認日/Date of IRB
登録・組入れ開始(予定)日/Anticipated trial start date
2020 07 01
フォロー終了(予定)日/Last follow-up date
2020 09 01
入力終了(予定)日/Date of closure to data entry
データ固定(予定)日/Date trial data considered complete
解析終了(予定)日/Date analysis concluded

その他/Other
その他関連情報/Other related information


管理情報/Management information
登録日時/Registered date
2020 06 17
最終更新日/Last modified on
2020 06 17


閲覧ページへのリンク/Link to view the page
URL(日本語) https://upload.umin.ac.jp/cgi-open-bin/ctr/ctr_view.cgi?recptno=R000046589
URL(英語) https://upload.umin.ac.jp/cgi-open-bin/ctr_e/ctr_view.cgi?recptno=R000046589

研究計画書
登録日時 ファイル名

研究症例データ仕様書
登録日時 ファイル名

研究症例データ
登録日時 ファイル名


UMIN臨床試験登録システムのご使用に関するお問い合わせは、こちらのお問い合わせフォーム からお願いいたします。それ以外のお問い合わせは、 こちら よりお願い致します。