UMIN-CTR 臨床試験登録情報の閲覧

BACK TOP
UMIN-CTR ホーム 用語の説明(簡易版) 用語の説明(詳細版)--準備中 FAQ

利用者名:
UMIN ID:

試験進捗状況 開始前/Preinitiation
UMIN試験ID UMIN000044118
受付番号 R000050375
科学的試験名 標準治療が困難な頭頸部扁平上皮癌患者に対する加速器BNCTの線量最適化による第II相臨床試験(REBIVAL study)
一般公開日(本登録希望日) 2021/05/10
最終更新日 2021/05/06

※ 本ページ収載の情報は、臨床試験に関する情報公開を目的として、UMINが開設しているUMIN臨床試験登録システムに提供された臨床試験情報です。
※ 特定の医薬品や治療法等については、医療関係者や一般の方に向けて広告することは目的としていません。


基本情報/Basic information
一般向け試験名/Public title 標準治療が困難な頭頸部扁平上皮癌患者に対する加速器BNCTの線量最適化による第II相臨床試験 Boron neutron capture therapy using cyclotron-based epithermal neutron source for squamous cell carcinoma of the head and neck refractory to standard treatments: An open-label phase II trial
一般向け試験名略称/Acronym REBIVAL試験 REBIVAL study
科学的試験名/Scientific Title 標準治療が困難な頭頸部扁平上皮癌患者に対する加速器BNCTの線量最適化による第II相臨床試験(REBIVAL study) Boron neutron capture therapy using cyclotron-based epithermal neutron source for squamous cell carcinoma of the head and neck refractory to standard treatments: An open-label phase II trial
科学的試験名略称/Scientific Title:Acronym REBIVAL study REBIVAL study
試験実施地域/Region
日本/Japan

対象疾患/Condition
対象疾患名/Condition 標準治療が困難な切除不能頭頸部扁平上皮癌患者 unresectable squamous cell carcinoma of the head and neck refractory to standard treatments
疾患区分1/Classification by specialty
耳鼻咽喉科学/Oto-rhino-laryngology 放射線医学/Radiology
成人/Adult
疾患区分2/Classification by malignancy 悪性腫瘍/Malignancy
ゲノム情報の取扱い/Genomic information はい/YES

目的/Objectives
目的1/Narrative objectives1 標準治療が困難な頭頸部扁平上皮癌患者を対象に、新たな粘膜線量処方を採用した加速器BNCTの長期腫瘍制御効果を明らかにすること。 The purpose of study is to evaluate effect of squamous cell carcinoma of the head and neck refractory to standard treatments on long-term tumor control by Boron neutron capture therapy using cyclotron-based epithermal neutron source.
目的2/Basic objectives2 安全性・有効性/Safety,Efficacy
目的2 -その他詳細/Basic objectives -Others

試験の性質1/Trial characteristics_1 検証的/Confirmatory
試験の性質2/Trial characteristics_2
試験のフェーズ/Developmental phase

評価/Assessment
主要アウトカム評価項目/Primary outcomes BNCT施行日から2年以内の局所領域無増悪生存 Locoregional progression-free survival within 2 years after BNCT
副次アウトカム評価項目/Key secondary outcomes 1. 腫瘍縮小効果(奏効率)
 BNCT施行日から180日以内の客観的な腫瘍縮小効果。
2. 奏効期間
奏効期間は、CR又はPR(最初に記録された方)の測定基準が最初に満たされた時点から、再発又は増悪が客観的に確認された最初の日までの期間。
3. 病勢コントロール率
 BNCT施行日から180日以内の客観的な腫瘍縮小効果。
4. 全生存期間
 BNCT施行日を起算日とし、あらゆる原因による死亡日までの期間。
5. 無増悪生存期間
 BNCT施行日を起算日とし、PDを初めて認めた日までの期間。
6. EORTC-QLQ-C30及びHN35によるQOL スコア評価
 後観察期間におけるQOLスコア評価
7. 質調整生存年 (QALY)
 QOLと生存年を乗じて算出する。QOLスコア評価にはEQ-5D-5L日本語版を用いる。
8. 有害事象の発生
 BNCT施日から90日以内の急性期有害事象の発生および90日以後の晩期有害事象の発生
9. 18F-FDG-PETの集積
治療前および治療後90日もしくは180日に18F-FDG-PET/CT検査が利用可能な場合、腫瘍局所の18F-FDG集積 (SUV: Standard Uptake Value) の変化を評価する。
10. 18F-FBPA-PETの集積
 治療前および治療後90日もしくは180日に18F-FBPA-PET/CT検査が利用可能な場合、腫瘍局所の18F-FBPA集積 (SUV: Standard Uptake Value) の変化を観察する。
11. 全血中および血漿中ホウ素濃度の変化
 Borofalan(10B)を投与開始してから、2時間後、中性子照射終了直後、投与終了してから30分後の全血中および血漿中ホウ素濃度の変化をICP-AESを用いて評価する。
12. 腫瘍組織の免疫応答性の評価
 表在性の腫瘍で組織採取が可能な場合は治療前および治療後Day3-5に組織生検を行う。PD-L1 IHC評価、同一染色プロトコルによる免疫応答性の評価を行う。
13. 血中サイトカイン量の変化
患者から次のタイミングで血液を採取することが可能な場合、治療前、治療直後、Day 1, 3, 14, 30, 90の血中サイトカイン量の変化をMultiplex ELISAを用いて評価する。
14. 腫瘍組織での遺伝子変異および発現解析
 表在性の腫瘍で組織採取が可能な場合は治療前および治療後Day3-5に組織生検を行い、これより腫瘍DNAおよびRNA、血液miRNAを抽出し、次世代シーケンサーにより腫瘍遺伝子変異と遺伝子発現を解析する。
15. メタボローム解析
 患者から次のタイミングで血液を採取することが可能な場合、治療前、Day 1, 3の血液中の代謝産物の変化をメタボローム解析を用いて評価する。
1. Response rate
Evaluate tumor response within 180 days.
2. Duration of response
From the time that the measurement criteria are first met for CR or PR until the first date that recurrent or the progressive disease is objectively documented.
3. Disease control rate
Evaluate tumor response within 180 days.
4. Overall survival
The time to death from any cause.
5. Progression-free survival
The time to the date of first documented PD.
6. QOL assessment based on EORTC-QLQ-C30 and HN35.
QOL assessment in the post-treatment observation period.
7. Quality-adjusted life year (QALY)
To calculate the QALY, QOL assessment is used in EQ-5D-5L Japanese version.
8. Adverse events
The occurrence of acute adverse events within 90 days after BNCT, and the occurrence of late adverse events 90 days after BNCT.
9. 18F-FDG-PET
If available before the start of BNCT, and Day 90 or 180, evaluate changes in SUV.
10. 18F-FBPA-PET
If available before the start of BNCT, and Day 90 or 180, evaluate changes in SUV.
11. Boron concentration change in whole blood and blood plasma
Two hours later after the administration of Borofalan (10B), right after neutron irradiation, 30 minutes later after the administration, evaluate boron concentration in whole blood and blood plasma.
12. Immune responsiveness in the tumor tissue assessments
If available, perform a biopsy before the start of BNCT and Day 3-5. Evaluate PD-L1 IHC and immune responsiveness on single staining protocol.
13. Changes cytokine level in blood
If available, evaluate changes cytokine level in blood before the start of BNCT, Day 1, 3, 14, 30, 90.
14. Genetic mutation and expression analysis
If available, perform a biopsy before the start of BNCT and Day 3-5, then extract neoplasm DNA and RNA, and miRNA from blood specimen and analysis tumor gene mutation and gene expression.
15. Metabolome analysis
If available, evaluate changes metabolic product in blood before the start of BNCT, Day 1, 3.

基本事項/Base
試験の種類/Study type 介入/Interventional

試験デザイン/Study design
基本デザイン/Basic design 単群/Single arm
ランダム化/Randomization 非ランダム化/Non-randomized
ランダム化の単位/Randomization unit
ブラインド化/Blinding オープン/Open -no one is blinded
コントロール/Control 無対照/Uncontrolled
層別化/Stratification いいえ/NO
動的割付/Dynamic allocation いいえ/NO
試験実施施設の考慮/Institution consideration 施設を考慮していない/Institution is not considered as adjustment factor.
ブロック化/Blocking いいえ/NO
割付コードを知る方法/Concealment 知る必要がない/No need to know

介入/Intervention
群数/No. of arms 1
介入の目的/Purpose of intervention 治療・ケア/Treatment
介入の種類/Type of intervention
医薬品/Medicine 医療器具・機器/Device,equipment
介入1/Interventions/Control_1 患者は経静脈的にborofalan(10B)を200mg/kg/hで2時間投与される。2時間後の血中ホウ素濃度を測定し、血中ホウ素濃度を用いて、前の観察研究によって刷新された粘膜耐容線量に基づいて最適化された熱中性子フラックスを計算する。Borofalan(10B)を100mg/kg/hに減速して投与しながら、加速器中性子照射装置より規定の電荷量まで中性子を照射する。 Patients will be administered borofalan(10B) intravenously at 200 mg/kg/h for 2 h. The blood boron concentration will be measured after 2 h, and will be used to calculate the optimized thermal neutron flux based on the mucosal tolerable dose renewed by the previous observational study. Neutrons are irradiated to the target site from the accelerator-based neutron generator to the specified charge while borofalan(10B) is administered at a moderated dose of 100 mg/kg/h.
介入2/Interventions/Control_2

介入3/Interventions/Control_3

介入4/Interventions/Control_4

介入5/Interventions/Control_5

介入6/Interventions/Control_6

介入7/Interventions/Control_7

介入8/Interventions/Control_8

介入9/Interventions/Control_9

介入10/Interventions/Control_10


適格性/Eligibility
年齢(下限)/Age-lower limit
20 歳/years-old 以上/<=
年齢(上限)/Age-upper limit

適用なし/Not applicable
性別/Gender 男女両方/Male and Female
選択基準/Key inclusion criteria 1. 臨床試験参加に本人の自由意志による文書同意が得られた患者
2. 同意取得時の年齢が満20歳以上の患者
3. PS (ECOG Performance Status)が2以下の患者
4. 原発巣が組織学的に頭頸部癌であると確認された患者
5. 次のいずれかに該当する標準治療が困難な患者
- 化学放射線療法または放射線療法施行後の局所領域再発頭頸部扁平上皮癌患者
- 照射歴を有し、評価対象病変に対する根治的化学放射線療法などの標準的局所治療が困難な初発頭頸部扁平上皮癌患者
6. 少なくとも1箇所以上のRECISTガイドライン(version 1.1)に基づく評価可能病変を有する患者
7. 片側性に局所再発病変が限局している患者。
8. 評価対象病変部位に1日2 Gy程度の分割照射で40 Gy以上の放射線治療を受けた患者で、1日2 Gyを超える場合には、総線量40 Gy以上に相当する生物学的実効線量の治療を受けた患者。
9. 評価対象病変部位に対する前放射線治療の最終照射日からBNCT施工予定日まで50日以上が経過している患者。
10. 本臨床研究担当医師により、BNCT施行後90日以上の生存が期待できると判断される患者。
11. スクリーニング検査時のCT画像を用いた事前のシミュレーションにおいて、全ての評価対象病変に対して、腫瘍最小線量として少なくとも20 Gy-Eq(有効性が見込まれる最低限の線量)が付与されることが可能な患者。
12. スクリーニング検査値が以下の基準を満たしている患者。なお、スクリーニング検査前14日以内に以下の検査に影響を与えると考えられる支持療法(G-CSF製剤や輸血など)の実施は禁止する。
- 腎機能
  血清クレアチニン:男性1.2 mg/dL以下、女性1.0 mg/dL以下
- 肝機能
  AST(GOT):施設基準値上限5倍以下
  ALT(GPT):施設基準値上限5倍以下
- ヘモグロビン:8.0 g/dL以上
- 血小板数:80,000 /microL以上
- 白血球数:2,500 /microL以上
- 好中球数:1,500 /microL以上
1. Document consent by his/her own free will.
2. 20 years old or older.
3. ECOG performance status of 0-2.
4. The primary lesion is histologically head and neck cancer.
5. Any participant who meets any of the following criteria refractory to standard treatments.
- Patients with locally recurrent head and neck squamous cell carcinoma after chemoradiotherapy or radiation.
- Patients with primary locally recurrent head and neck squamous cell carcinoma refractory to standard treatments such as radical chemoradiotherapy, and prior radiation therapy.
6. Patients who have at least one measurable lesion in the target lesion site based on RECIST (version 1.1)
7. Patients with unilateral local recurrent lesion(s).
8. Patients with radiation therapy, fractionation around 2Gy/day, total dose within the range of 40 Gy and Radiation therapy, over 40 Gy of total biologically effective dose; 2Gy/day.
9. 50 days or more have passed since the last irradiation date of prior radiation therapy for the evaluation target lesion site to the scheduled date of BNCT.
10. Over 90 days of survival is expected after BNCT.
11. Patients that able to receive at least 20 Gy-Eq (expected tumor minimum dose) for the evaluation target lesion site on the prior simulation with the CT images at screening test.
12. Any participant who meets any of the following criteria.
Supportive therapies (G-CSF and blood transfusion), which might affect the following tests within 14 days before the screening tests are prohibited.
- Kidney function
Serum creatinine level <= 1.2mg/dL for male; serum creatinine level <= 1.0mg/dL for female)
- Liver function
AST <= 5 x ULN
ALT <= 5 x ULN
- Hemoglobin >= 8.0 g/dL
- Platelet count >= 80,000/microL
- White blood cell count >= 2,500/microL
- Neutrophil count >= 1,500/microL
除外基準/Key exclusion criteria 1. 活動性の重複がんを有する患者。ただし、治療により治癒と判断される上皮内癌及び皮膚癌は含まない。
2. 遠隔転移病変を有する患者
3. 全身的治療を要する活動性の感染症を有する患者
4. 重篤な合併症がある患者
・コントロール不良の糖尿病
・コントロール不良の高血圧症
・慢性肺疾患(閉塞性肺炎、間質性肺炎、肺線維症、高度の肺気腫など)
・腎疾患(慢性腎不全、急性腎不全、ネフローゼ症候群など)
・心疾患(NYHA心機能分類のClass III又はIV)
・その他重篤な合併症
5. フェニルケトン尿症の患者
6. 遺伝性フルクトース不耐症の患者
7. 薬物又は造影剤への重篤な過敏症(皮疹、アナフィラキシー、血清病を含む)の合併及び既往を有する患者
8. BNCT施行予定日から6ヶ月以内の心筋梗塞、不安定狭心症、コントロール不良の不整脈を有する患者
9. 同意取得時に、対象病変部位にGrade 3 (CTCAE v4.0)以上の症状が認められる患者
10. 頸動脈に腫瘍が浸潤、もしくは半周性以上に隣接しており、治療によって頚動脈と粘膜または皮膚の間に正常な組織を維持できないと判断される患者
11. 齲歯が判明し、同意取得時点で治療完了していない患者
12. BNCT施行予定日から3週間以内に抗悪性腫瘍薬の投与が行われていた患者
13. BNCT施行予定日から4週間以内に、18F-FBPA-PET/CT検査を除く未承認薬を用いる臨床試験に参加していた患者又は参加中の患者。あるいは、本試験期間中に18F-FBPA-PET/CT検査を除く未承認薬を用いる臨床試験に参加を予定している患者
14. 心臓ペースメーカー、補助人工心臓などを装着している患者
15. 照射時の体位固定が不可能と臨床研究担当医師が判断した患者
16. 精神疾患又は精神症状を合併しており試験への参加が困難とされる患者又は抗精神病薬(メジャートランキライザー)を服用している患者
17. 以下に定義されるコントロール不良のてんかんを有する患者
・重積発作又は臨床症状により頻繁な入院、又は発作・症状が継続しており、治療を必要とする患者
・日常生活に支障があり、介護を必要とする患者
18. 臨床研究実施計画書の遵守及びフォローアップが不可能な患者(精神的、家族的、社会的、地理的などの理由による)。
19. その他、臨床研究担当医師が本臨床研究の対象として不適格と判断した患者
1. Patients (Pts) with active multiple cancers, not including lesions equivalent to carcinoma in situ or skin cancer considered healed
2. Pts with distant metastasis
3. Pts with active infections requiring systemic treatment
4. Pts with significant complications
- Poorly uncontrolled diabetes
- Poorly uncontrolled hypertension
- Chronic lung disease
- Kidney disease
- Heart disease
- Serious complications
5. Pts with phenylketonuria
6. Pts with hereditary fructose intolerance
7. Pts who have complications and a medical history with severe hypersensitivity reactions in drugs and contrast agents
8. Pts with myocardial infarction, unstable angina, uncontrolled arrhythmia within 6 months
9. Pts with over Grade 3 (CTCAE v4.0) in the target lesion site
10. Pts with the tumors invade the carotid artery or adjacent to more than halfway through the carotid artery, and considered not to manage the normal tissue between the carotid artery and membrane mucosa or skin by the treatments
11. Pts with decayed and untreated teeth
12. Pts with the administration of antineoplastic drug within 3weeks prior to the scheduled date of BNCT
13. Pts who were enrolled in unapproved drugs clinical study except for 18F-FBPA-PET/CT or who are participating in this clinical study within 4 weeks prior to the scheduled date of BNCT. Or patients will participate in unapproved drugs clinical study except for 18F-FBPA-PET/CT other clinical study during this study
14. Pts who have a cardiac pacemaker and auxiliary artificial heart
15. Pts who are considered unable to be fixed position during irradiation
16. Pts who complicated with psychiatric disorder or mental manifestation
17. Pts with poorly uncontrolled epilepsy
18. Pts who unable to comply with this clinical protocol and receive follow-up care
19. Other conditions that in the opinion of the investigator would preclude the subject's participation in a clinical study
目標参加者数/Target sample size 120

責任研究者/Research contact person
責任研究者/Name of lead principal investigator
勝己
ミドルネーム
廣瀬
Katsumi
ミドルネーム
Hirose
所属組織/Organization 脳神経疾患研究所附属南東北BNCT研究センター Southern Tohoku BNCT Research Center
所属部署/Division name 放射線腫瘍科 Department of Radiation Oncology
郵便番号/Zip code 963-8052
住所/Address 福島県郡山市八山田7-10 7-10 Yatsuyamada, Koriyama, Fukushima
電話/TEL 81-24-934-5330
Email/Email khirose@hirosaki-u.ac.jp

試験問い合わせ窓口/Public contact
試験問い合わせ窓口担当者/Name of contact person
勝己
ミドルネーム
廣瀬
Katsumi
ミドルネーム
Hirose
組織名/Organization 脳神経疾患研究所附属南東北BNCT研究センター Southern Tohoku BNCT Research Center
部署名/Division name 放射線腫瘍科 Department of Radiation Oncology
郵便番号/Zip code 963-8052
住所/Address 福島県郡山市八山田7-10 7-10 Yatsuyamada, Koriyama, Fukushima
電話/TEL 81-24-934-5330
試験のホームページURL/Homepage URL
Email/Email khirose@hirosaki-u.ac.jp

実施責任組織/Sponsor
機関名/Institute その他 Department of Radiation Oncology,
Southern Tohoku BNCT Research Center
機関名/Institute
(機関選択不可の場合)
脳神経疾患研究所附属南東北BNCT研究センター
部署名/Department 放射線腫瘍科

研究費提供組織/Funding Source
機関名/Organization 文部科学省 Japan Society for the Promotion of Science
機関名/Organization
(機関選択不可の場合)

組織名/Division 日本学術振興会
組織の区分/Category of Funding Organization 日本の官庁/Japanese Governmental office
研究費拠出国/Nationality of Funding Organization


その他の関連組織/Other related organizations
共同実施組織/Co-sponsor

その他の研究費提供組織/Name of secondary funder(s)


IRB等連絡先(公開)/IRB Contact (For public release)
組織名/Organization 総合南東北病院倫理審査委員会 Southern Tohoku General Hospital
住所/Address 福島県郡山市八山田7-115 7-115 Yatsuyamada, Koriyama, Fukushima
電話/Tel 81-24-934-5322
Email/Email bnct.irb@mt.strins.or.jp

他機関から発行された試験ID/Secondary IDs
他機関から発行された試験ID/Secondary IDs いいえ/NO
試験ID1/Study ID_1
ID発行機関1/Org. issuing International ID_1

試験ID2/Study ID_2
ID発行機関2/Org. issuing International ID_2

治験届/IND to MHLW

試験実施施設/Institutions
試験実施施設名称/Institutions 脳神経疾患研究所附属南東北BNCT研究センター

その他の管理情報/Other administrative information
一般公開日(本登録希望日)/Date of disclosure of the study information
2021 05 10

関連情報/Related information
プロトコル掲載URL/URL releasing protocol
試験結果の公開状況/Publication of results 未公表/Unpublished

結果/Result
結果掲載URL/URL related to results and publications
組み入れ参加者数/Number of participants that the trial has enrolled
主な結果/Results

主な結果入力日/Results date posted
結果掲載遅延/Results Delayed
結果遅延理由/Results Delay Reason

最初の試験結果の出版日/Date of the first journal publication of results
参加者背景/Baseline Characteristics

参加者の流れ/Participant flow

有害事象/Adverse events

評価項目/Outcome measures

個別症例データ共有計画/Plan to share IPD

個別症例データ共有計画の詳細/IPD sharing Plan description


試験進捗状況/Progress
試験進捗状況/Recruitment status 開始前/Preinitiation
プロトコル確定日/Date of protocol fixation
2021 03 11
倫理委員会による承認日/Date of IRB
2021 03 12
登録・組入れ開始(予定)日/Anticipated trial start date
2021 05 10
フォロー終了(予定)日/Last follow-up date
2030 03 31
入力終了(予定)日/Date of closure to data entry
データ固定(予定)日/Date trial data considered complete
解析終了(予定)日/Date analysis concluded

その他/Other
その他関連情報/Other related information


管理情報/Management information
登録日時/Registered date
2021 05 06
最終更新日/Last modified on
2021 05 06


閲覧ページへのリンク/Link to view the page
URL(日本語) https://upload.umin.ac.jp/cgi-open-bin/ctr/ctr_view.cgi?recptno=R000050375
URL(英語) https://upload.umin.ac.jp/cgi-open-bin/ctr_e/ctr_view.cgi?recptno=R000050375

研究計画書
登録日時 ファイル名

研究症例データ仕様書
登録日時 ファイル名

研究症例データ
登録日時 ファイル名


UMIN臨床試験登録システムのご使用に関するお問い合わせは、こちらのお問い合わせフォーム からお願いいたします。それ以外のお問い合わせは、 こちら よりお願い致します。